GLTOKYO/6月11日@表参道GRONUD

GLTOKYO/6月11日@表参道GRONUD

写真メディアChiap!主催ライブ
『チア☆ふぇす』の
全編レポートを公開!

アイドルを応援するPictureメディアChiap!-ちあっぷ!-主催のアイドルイベント『チア☆ふぇす』が6月11日表参道GRONUDにて開催された。出演アイドルグループはなんと総勢14組。この日は写真撮影が可能ということで、推しの写真を撮るべく一眼レフカメラを持つ人も多く見受けられた。ライブ後にはフォトコンテストなどのアイドルを応援できる企画も用意。会場にはWEB上で撮影された写真が壁一面に貼られ、メディア主催ならではの“ワクワク”を感じられた。

初めての開催にも関わらず大盛り上がりで成功を収めたイベントの様子に加え、読者のために用意されたプレゼント情報も併せてチェックしてほしい。

トップバッターはCheer up Baby

チアアップ/6月11日@表参道GRONUD

チアアップ/6月11日@表参道GRONUD

渋谷と有楽町あるCheer up Tokyoの宣伝部隊。みんなの事を応援して元気をチャージするアイドル。歌った曲の中には誰か1人のファンの名前をコールするというものもあった。「"Never Give Up"」などを披露した後に円陣を組み、最後の「CHEERS!」を歌いきった。この日のイベントのトッバッターとして、ステージを盛り上げて終えた。7月からラジオ番組もスタートするCheer up Baby。気になった方はラジオも聴いたり、お店に足を運んでほしい。

2番手はNIJIIRO★サーカス団

NIJIIRO★サーカス団/6月11日@表参道GRONUD

NIJIIRO★サーカス団/6月11日@表参道GRONUD

暗闇の中から手拍子が起こり、“NIJIIRO★サーカス団行くよー!”との声で楽しげな音楽と共にステージに登場するメンバー。個性豊かなメンバーがファンを幸せにしていく、楽しいアイドルユニットだ。この日は1曲目の「アンバランス ロマンス」からスタート。グループ名にサーカス団とある通り、時折見せる、サーカスを連想させた音楽や動きが印象的だ。MCでは「NIJIIRO TIME」と称した、撮影時間も設けられた。リズミカルな音楽に合わせて撮影する時間はファンもメンバーも楽しそうだ。最後まで歌って踊ったパフォーマンスで会場を沸かせた。

ソロアイドル1組目となる、
てのひらえるが登場

てのひらえる/6月11日@表参道GRONUD

てのひらえる/6月11日@表参道GRONUD

かっこよく1曲目の「DUSK」を歌い終え、パフォーマンスに勢いをつけると“飛べ!”の掛け声とともに2曲目が始まる。一瞬で会場の空気を"てのひらえる"の世界を作り上げていった。MCでは“さっき歌ってるときにシャッター音がカシャカシャ鳴ってめっちゃ面白かった、やばいやつやん! カメラの多い現場で緊張してるんですけど、楽しんでいきたいと思います”と宣言。続いて行くステージをコンセプトでもある"闇カワロック"に歌いあげた。彼女は2018年の4月に神戸から上京してきたばかりだというが、活躍の幅はすでにますます広がっている。

拳を掲げるおちゃらけユニット
偶像ぱんでみっく

偶像ぱんでみっく/6月11日@表参道GRONUD

偶像ぱんでみっく/6月11日@表参道GRONUD

偶像ぱんでみっく/6月11日@表参道GRONUD

偶像ぱんでみっく/6月11日@表参道GRONUD

6月2日にライブデビューしたばかりの2人組みユニットが"偶像ぱんでみっく"だ。デビューした直後とは思えぬ息の合ったパフォーマンスを見せる。MCで“写真盛れてるか不安なんだよね”“瞬きしてる写真が多い”と漏らす2人。そんな2人がフォトコンテストの賞品を狙って用意したものが"前髪をキープして盛れる、髪と目の部分のみのお面"だ。お面をつけ、2曲目に歌った曲の1番だけもう一度歌って、写真を撮ってもらうようにする、ユニークで大胆なパフォーマンスが印象に残るステージになった。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 高槻かなこ / 『PLAYING by CLOSET♪♪』

新着