デイヴ・ムステイン、休暇中のホテル
前で即興パフォーマンス

メガデスのフロントマン、デイヴ・ムステインは先週、休暇で訪れていたアルゼンチン・メンドーサで、ホテル前にファンが集まっているのを知り、即興パフォーマンスを行なったそうだ。
ムステインは、メガデスのメキシコ公演(5月5日 Hell & Heaven Metalフェスティバル)後、ワイナリーの見学も兼ねメンドーサを訪問。地元のメディアによりそれが伝えられると、ムステインを一目見ようと、彼が滞在するホテル前にファンが出待ちするようになったという。
ムステインはそんな中、アコースティック・ギターを片手に姿を見せ、ホテル前の階段に座り込み数曲プレイし、彼らをもてなしたそうだ。
ムステインは2年ほど前にも、アルゼンチン(そのときはブエノスアイレス)で、メガデスのメンバーとホテル前でアコースティック・パフォーマンスを行ない、出待ちしていたファンを喜ばせている。当時、デイヴィッド・エレフソン(B)は「デイヴからその朝、テキスト・メッセージがきて、“俺とキコ(・ルーレイロ)は芝の上で30分のアコースティックをやるが、参加したいか?”って訊いてきた」「サインよりいいね(笑)。写真撮影よりもね。だって、俺らを一つにしているのは曲なんだから」と話していた。
Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。