INNOSENT in FORMAL のミクスチャーと
は?

『ミクスチャーロック10選!新世代のおすすめバンドまとめ』や『2018年注目の若手バンド10選!カッコ良いバンド豊作の年』など、ミーティアでは「なんか気になるぞ……」という感じで少しずつ紹介してきたバンド、INNOSENT in FORMAL(イノセント・イン・フォーマル)。

デビューシングル『One for You』は、配信されると同時にSpotifyのバイラルチャートで上位にラインクイン。アレンジを担当しているササノマリイによるメロウなサウンドが特徴で、懐かしさと新しさを同時に感じさせる楽曲だった。

そして4月25日には1stミニアルバム『INNOSENT 0 ~The night late show~』をリリース。収録曲を聴いてみると、『One for You』のイメージを良い意味で裏切る楽曲が多々おさめられていた。どうやら、INNOSENT in FORMALというバンドは、あらゆる意味において「ミクスチャー」なバンドらしい。そこで、もう少しだけINNOSENT in FORMALの魅力を深掘りしてみる。

ラップ、グッドミュージック、ガレージ
ロック

(INNOSENT in FORMAL『Footloose』MV)

たとえば『Footloose』は、ザクザクとしたエレキギターが耳に残るミクスチャー・ロックだが、注目したいのはラップの部分。ぽおるすみす(Vo.)によるラップは、いわゆるミクスチャーバンドのラップにしては相当な“こなれ感”がある。フロウはスムースで、しかも声質がラッパーのSALUに似ている。『One for You』の歌い方とはまったく違う。

この曲、アレンジャーはチャンス・ザ・ラッパーなどに楽曲提供をしているラッパー兼プロデューサーのBrandon DeShay a.k.a. Ace Hashimotoがつとめている。Brandon DeShayと言えば、Odd Futureの元メンバーでもある。ヒップホップ好きなら誰でも知っているOdd Future、正式名称『Odd Future Wolf Gang Kill Them All』は2007年に結成されたオルタナティブ・ヒップホップ集団。タイラー・ザ・クリエイターをリーダーとし、フランク・オーシャン、シド・ザ・キッド、ホッジー・ビーツなど、世界のヒップホップやR&Bを牽引するメンバーが集まっている。派生グループにはジ・インターネットやメロウハイプなどがあり、世界的に人気が高い。

つまり何が言いたいかというと、現在のポップ・ミュージックの最先端にいる人間がINNOSENT in FORMALの楽曲づくりにかかわっているということだ。そしてINNOSENT in FORMALには、最先端の人間を引き込むだけの魅力と実力が備わっているらしいということ。『Footloose』のラップには、そうした彼らの可能性が象徴的に表れている。

また、『Night Cruising』からは『Footloose』とは打って変わった都会的ポップ・ミュージックのセンスも見える。
(Amazon Music Unlimitedキャンペーンソング。INNOSENT in FORMAL『I wanna…』は0:55〜)
INNOSENT in FORMAL
オフィシャルサイト
Twitter
Instagram
INNOSENT in FORMAL のミクスチャーとは?はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

0コメント