L→R  Kuni the ripper(Ba)、TOY BOY(Dr)、ぽおるすみす a.k.a. STICKY(Vo)、CANDY MAN(Gu)

L→R  Kuni the ripper(Ba)、TOY BOY(Dr)、ぽおるすみす a.k.a. STICKY(Vo)、CANDY MAN(Gu)

【INNOSENT in FORMAL
インタビュー】
架空のカートゥーンバンドが
本格デビュー

噂のバンド、INNOSENT in FORMAL。活動の背景にあるそのコンセプトを紹介しながら、1stミニアルバム『INNOSENT 0 ~The night late show~』の魅力を考える。

 時は21XX年。NEO TOKYOにある閉館前夜の古い映画館の地下室で、老支配人が偶然見つけた古いフィルムには、かつて一世を風靡したサーカス小屋出身のバンドが旅するアニメーション映画が収められていた。老支配人がそのアニメ映画を上映していると、いつの間にか、いるはずのない怪しい男たちが! そう、彼らこそが映画の中のバンドのメンバーたちだった。そして、観客が老支配人ひとりしかいなことに怒った彼らは昔のように大勢の人たちに自分たちのことを知ってもらうため再び演奏しながら旅することを決めたのだった。

 彼らの名前は、INNOSENT in FORMAL。昨年11月、そんなストーリーとともに突如現れ、今年1月にシングル「One for you」をリリースした彼らは、その「One for you」がSpotifyのバイラルチャートの上位にランクイン。誰が言ったか、“和製Gorillaz”。そんな惹句とともにじわじわと注目を集めていった。その彼らが4月25日に初の全国流通盤となる1stミニアルバム『INNOSENT 0 ~The night late show~』をリリースする。それをきっかけに、ラップをフィーチャーしたミクスチャーロックを演奏する4人組の存在はさらに多くの人に知られることになるに違いない。

 彼らの音楽性がどんなものなのかをとりあえずイメージしてもらうために“ミクスチャーロック”という言葉を使ったが、彼らが鳴らすのは、ミニアルバムを聴くかぎり、90年代のロックシーンを席巻したラウドなミクスチャーサウンドとは明らかに違うものだ。例えば、「Footloose」「Sex, Drug& Rock'n'Roll」は根っこにガレージロックがあることを思わせるし、ハモンドっぽいオルガンが鳴る「日向が少ないこの街で」は70年代のロックを思わせるレトロな感覚もある。しかし、その一方で、「Night cruising」が持つアーバンなサウンドは、シティポップに共鳴するものだし、前述の「One for you」は“エレクトロニカとフュージョンのミクスチャー”なんて言ってみたい魅力がある。ちなみに「One for you」のアレンジはエレクトロニカを基調に幅広いトラックメイキングにアプローチしているササノマリイ。そんなコラボからは彼らがやろうとしているのはロック×ヒップホップなんて単純なものではないことがうかがえる。それを考えると、虚構の世界と現実、ライヴハウスとクラブシーンを自在に行き来するような歌詞もいろいろなことを想像させる。

 ヴォーカルのぽおるすみすa.k.a. STICKYはサーカス小屋を追い出され、路頭に迷っていたところを、サーカス小屋から抜け出してきたCANDY MAN(Gu)とTOY BOY(Dr)――ひとりの人間が人格の分裂とともに身体も分裂したふたりに拾われ、バンドを結成。そこに同様にサーカス小屋から抜け出してきたKuni the ripper(Ba)が合流したという。

 人を魅了するフィクションには、それをリアルに感じさせるための真実が散りばめられているものだが、サーカス小屋が何のメタファーなのかを含め、INNOSENT in FORMALの物語や彼らの楽曲に見え隠れするメンバーたちの実人生や生々しい感情に想いを馳せながら作品に耳を傾けると、「Introduction」を含む全8曲は意味深になると同時に、より聴き応えのあるものになる。そこに単なる架空のカートゥーンバンドということだけに止まらない面白さを見出すことも、『INNOSENT 0 ~The night late show~』の楽しみ方のひとつだと思う。

文:山口智男

ミニアルバム『INNOSENT 0 ~The night late show~』2018年4月25日発売 No Big Deal Records
    • NBPC-0053
    • ¥1,944(税込)
INNOSENT in FORMAL プロフィール

イノセントインフォーマル:ヒップホップやロック、エレクトロニックなどの要素を飲み込んだストリート色の強いサウンド、その聴く者を捕らえて離さないメロディーでフロアーを席捲する4人組バンド。2020 年、TV アニメ『池袋ウエストゲートパーク』ティザーPV 曲、ED テーマを担当し、ミニアルバム『INNOSENT 2 ~ How to spend the night ~』をもってメジャー進出。21 年にはコラボ企画をスタートさせ、全曲フィーチャリングアーティストを迎えたミニアルバム『INNOSENT 3 ~ High purity Mixed juice ~』をリリース。チプルソ、PES、RAU DEFら実力派のラッパーなど6 組のアーティストとの、次元を超えたコラボレーションが実現。22年3月、関西テレビ ドラマ『新・ミナミの帝王』の主題歌「money money money」を書き下ろした。同年9月には、ヒプノシスマイク5 周年記念で発売された、オオサカ・ディビジョン“どついたれ本舗” のシングル「どついたれ本舗 -No double dipping!-』の収録曲である、天谷奴零のソロ曲「Count the money」を楽曲提供し、話題になる。INNOSENT in FORMAL オフィシャルHP

L→R  Kuni the ripper(Ba)、TOY BOY(Dr)、ぽおるすみす a.k.a. STICKY(Vo)、CANDY MAN(Gu)
ミニアルバム『INNOSENT 0 ~The night late show~』

「One for you」MV

「Footloose」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着