L→R 内田直孝(Vo&Gu)、磯村貴宏(Dr)、岸 明平(Gu)、須藤憲太郎(Ba)

L→R 内田直孝(Vo&Gu)、磯村貴宏(Dr)、岸 明平(Gu)、須藤憲太郎(Ba)

【Rhythmic Toy World
インタビュー】
誰かに自慢をしたくなるバンドに
なっていきたい

ライヴシーンで人気のRhythmic Toy Worldが4thフルアルバム『SHOT』でいよいよメジャーデビュー! 自分たちの美味しい部分を全部詰め込めこんだと自負するアルバムについて、そこに込めたメンバー4人の熱いを想いを語ってもらった。

いよいよメジャーデビューですね。

内田
“自分たちはここが足りていないから頑張ろうね”って言っていた部分を、ただひたすら突き詰めるってことだけ、今は考えています。もっともっと自分たちと対峙している人たちだけじゃない人たちに届けたいんですよ。それはバンドとして、音楽家として続けていくためには、絶対に目を逸らしちゃいけないところだと思っています。だったら、もっともっと僕らを知らない人たち…何だったら僕らがやっているようなライヴハウスに行ったことがない人たちに“ライヴハウスに行ってみよう”って思わせなきゃいけないし、そういう人たちが普段行っているようなライヴ会場で僕らもできるようにならなきゃいけないし。

その想いを叶えるため、今回、具体的にはどんなことをやったのですか?

内田
曲を作る上で、僕はまずテーマをふたつ考えました。ひとつは、今、熱烈に僕らを応援してくれているお客さんを主役にした曲を、絶対にこのアルバムに入れようと。今から僕らのことを知って、すごく好きになってくれる人たちにも、これまで応援してくれた人たちのことを知ってほしかったんです。その人たちがどれだけ素晴らしい存在で、僕らの今を支えてくれているかってことを伝えなきゃいけないと思って、「ASOBOYA」という曲を作ったんです。この“ASOBOYA”という言葉は僕らのグッズにもなっているし、アンコールの掛け声にもなっているし。しかも、お客さんが作ってくれた言葉なんですよ。それともうひとつ、幅広い人たちに聴いてもらうためにはラブソングが1曲ぐらい入っていないといけないって。やっぱり、みんな好きだと思うんですよ、ラブソングは。そんなところから入ってきてもらってもいいんじゃないかなって。

そんなふうに内田さんが作った曲を楽器隊の3人はどんなふうにアレンジしていったのですか?

磯村
内田の歌声とメロディーがRhythmicの武器だと思うから、それを聴きやすくするためにベースとドラムはメロディーに合わせることをすごく意識して…それこそレコーディングしたあとにも話し合って、録り直したこともありました。それぐらい突き詰めたんですよ。その甲斐あってすごく耳に入りやすいものになったと思います。
須藤
とはいえ、単純にしたらすごく聴きやすいけど、それは僕らじゃない。だから、合わせるだけじゃなくて、そこに付け加えるってこともしていて、その上でちょっとやりすぎかなってなったら引いてみたりっていう。そういう足したり引いたりっていうのが面白かったです。
内田
Rhythmicって曲がちょっとガチャガチャしているところが魅力でもあるから。
僕はキャッチーさを重視した上で、内田の歌を邪魔しないギリギリのところでメロディーを闘わせるじゃないですけど、耳に残るリードギターを作ることを心がけました。

「青く赤く」は1曲は入っていないとダメとおっしゃっていたラブソングですが、ここまで愛しているという気持ちをストレートに書くかなという(笑)。

内田
悲しい恋の歌は書きたくないんですよ。悲しい恋愛の歌は他に書かれている方がいっぱいいらっしゃるし、他の曲が基本的にみんなの背中を押すっていうものが多いから。僕らのテーマがそこなのでいくら恋の歌だとしても、そういう背中の押し方をできるものを歌いたかったんです。

みんなの背中を押す曲がある一方で、ラブソングもあるし、弱さを曝け出した曲もあるし、怒りを歌った曲もあるし、1枚の中にいろいろな感情が入り混じっているところがいいです。

内田
“THE 喜怒哀楽”ですね(笑)。 

ところで、ラストナンバーの「リバナ」というタイトルはどういう意味なのですか?

内田
逆から読むと“ナバリ”になるんですけど、僕の実家が三重県名張市にあるんです。大切な人に花束とともに感謝を伝える曲なんですけど、リバナって花、探したらどこかにありそうじゃないですか。意味もちゃんと逆から読んだら、自分の親が住んでいる町、自分が育った町ってところにもリンクしているし、めちゃめちゃいいタイトルじゃないかって。メジャーデビューって響きは親からしたら、おめでたいことだと思うんです。だったら、自分がここまで生きてこられたのは親のおかげなんだから、その作品で何かプレゼントしたいって。バンドマンって、ほんと親の世話になりっぱなしなので。でも、一般的にも親に対して、今さらになって気付けるありがたみってあるじゃないですか。だから、聴いてくれた人たちも絶対、自分にリンクできる曲だと思うんですよ。
最初に歌詞を読んだ時、泣きそうになりました。俺らってほんと親に迷惑をかけてるなって思いながら作ったので、思い出深い曲になりました。気持ちをすごい乗せられたかな。
内田
意外にバンドマンに染みるんじゃないかな。ちゃんとバンドマンの目線で書いているから。バンドマンが聴いて親に連絡しようかなって思ってくれたら嬉しいですね。

ギターも泣かせていますね。

はい。泣きながら録ったからギターも泣いちゃいました(笑)。

リリース後のツアーも楽しみです。

内田
5月16日の千葉LOOKから10月29日のZepp DiverCity Tokyoまで続きます。初めて来た人はもちろん、最近好きになった人も、前から好きでメジャーデビューしても変わらずに付いてきてくれた人も、みんなが“このバンド好きだな”って思ってもらえるようなものにしたいですね。キャパが大きいとか、会場の名前にネームバリューがあるとかってところではなくて、ただライヴを観て、誰かに自慢をしたくなるような僕らを観せられたらいいですね。そういうバンドになっていきたいと思います。

取材:山口智男

アルバム『SHOT』2018年4月25日発売 BLACK SHEEP RECORDS/ビクターエンタテインメント
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • VIZL-1373 ¥3,300(税抜)
    • 【通常盤】
    • VICL-64993 ¥2,800(税抜)

『「SHOT」発売記念【SHOOTING TOUR】』

5/16(水) 千葉・LOOK
5/22(火) 秋田・LIVE SPOT 2000
5/23(水) 岩手・盛岡the five morioka
5/25(金) 神奈川・横浜BAYSIS
5/27(土) 富山・SOUL POWER
6/19(火) 福岡・小倉FUSE
6/20(水) 大分・club SPOT
6/30(土) 静岡・UMBER
7/05(木) 栃木・HEAVEN`S ROCK 宇都宮VJ-2
7/08(日) 長野・松本ALECX
7/13(金) 岐阜・柳ヶ瀬 Ants
7/14(土) 兵庫・MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
7/16(月) 岡山・CRAZYMAMA 2ndRoom
7/17(火) 香川・高松DIME
7/19(木) 京都・GROWLY
7/27(金) 群馬・前橋DYVER
7/29(日) 埼玉・西川口Hearts
8/08(水) 三重・四日市Club Chaos
8/19(日) 群馬・郡山CLUB #9
8/25(土) 茨城・水戸LIGHT HOUSE
9/14(金) 北海道・札幌COLONY
9/16(日) 宮城・仙台LIVE HOUSE enn 2nd
9/22(土) 広島・Cave-Be
9/24(月) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
9/28(金) 大阪・梅田Shangri-La
9/30(日) 福岡・Queblick
10/29(月) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

Rhythmic Toy World プロフィール

リズミックトイワールド:2009年に結成。10年に現在のメンバーが揃い本格的に活動を開始。13年4月に1stミニアルバム『軌道上に不備は無し』を発表すると、そこから怒涛のリリースを続ける。16年にはインディーズながらも森永製菓『DARS』の CM 楽曲に抜擢され大きな反響を巻き起こし、18年にはTV 東京系アニメ『弱虫ペダルGLORY LINE』のオープニングテーマを担当するなど、インディーズバンドとしては類を見ない活動を展開。そして、4月に4thアルバム『SHOT』でメジャーデビューを果たす。Rhythmic Toy World オフィシャルHP

L→R 内田直孝(Vo&Gu)、磯村貴宏(Dr)、岸 明平(Gu)、須藤憲太郎(Ba)
アルバム『SHOT』【初回限定盤(DVD付)】
アルバム『SHOT』【通常盤】

アルバム『SHOT』トレーラー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

9コメント
  • 【Interview】Rhythmic Toy World 4/25リリースのアルバム『SHOT』のインタビューを公開しました! フリーマガジンokmusic UP's 4/20発行号にも掲載中です!… https://t.co/LVNz8B9IOm
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】 誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたい – OKMusic https://t.co/Pf6QUOq3Ig
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】 誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたい – OKMusic https://t.co/7a2BtofT3v
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】 誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたい – OKMusic https://t.co/tIfBBwEe32
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】 誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたい – OKMusic https://t.co/G8Jj2UaFLx
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたい(OKMusic) https://t.co/hTQWji8rAa
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたい(OKMusic)
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたいOKMusic
  • 【Rhythmic Toy World インタビュー】誰かに自慢をしたくなるバンドになっていきたい https://t.co/fhFi3yQpbB