アリス・イン・チェインズ「新作、と
んでもなく強力!」

アリス・イン・チェインズは現在、5年ぶりとなるニュー・アルバムの仕上げに取り掛かっているそうだ。6枚目のスタジオ・アルバムは年内のリリースを予定している。
ギタリストのジェリー・カントレルは、ようやく新作について口にすべき言葉ができたと、『Guitar World』のインタビューでこう話した。「べつに秘密にしてたわけじゃない。でも、何か口にすべきことができるまで、あんまり話したくなかったんだ。そしていま、これについて言うべきことがある。ファッキング・ストロングなアルバムだ」
新作は、2005年に活動を再開して以降制作された『Black Gives Way To Blue』(2009年)、『The Devil Put Dinosaurs Here』(2013年)同様、Nick Raskulineczがプロデュース。LAのHenson Studiosでレコーディングされた。現在、Joe Barresiによりミキシングの最中だという。
カントレルは土曜日(4月14日)開かれたロックの殿堂式典に出演し、ハートのアン・ウィルソンと共に、長年の友人クリス・コーネルを追悼しサウンドガーデンの「Black Hole Sun」をパフォーマンスした。

Alice In Chainsさん(@aliceinchains)がシェアした投稿 -

Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。