ジョー・リン・ターナー、心臓の疾患
で入院

元レインボー/イングヴェイ・マルムスティーンズ・ライジング・フォース/ディープ・パープルのシンガー、ジョー・リン・ターナー(66歳)が心臓の問題により、ベラルーシ共和国の首都ミンスクで病院に搬送されたという。
ロシアの通信社RIAノーボスチは、ターナーは心筋梗塞の治療を受けており、状態は安定していると伝えている。
友人のグラハム・ボネットは週末、ターナーとの2ショットをFacebookに投稿し、「俺の友人ジョーが昨晩、心臓の問題によりミンスクで入院した。俺、Beth-Ami、グラハム・ボネット・バンドの全員が、彼の速やかかつ完全な回復を願ってる。愛してるよ、ジョー」と、お見舞いの言葉をかけた。また、リッチー・ブラックモアズ・レインボーのシンガー、ロニー・ロメロも「僕のヒーローの1人、Mr. @joelynnturnerの最善、早期回復を祈る」とつぶやいている。
ターナーはミンスク出身の弁護士Maya Kozyrevaさんと結婚しており、数年前、ベラルーシへの移住も考えていると話していた。
現時点で、彼の代理人から病名、症状などの詳細について正式なコメントはなされていない。
Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。