3月24日@新宿BLAZE

3月24日@新宿BLAZE

浅葱、全国単独ツアー終幕
&9月に単独公演開催を発表

Dのヴォーカリスト・ASAGIが、ソロアルバム『斑』を引っさげて2月10日よりスタートした全国単独公演が、3月24日に新宿BLAZEで千秋楽を迎えた。

これまでの各所公演と同じく、『斑』の収録順通りに演奏をし、アンコールなしの本編のみという構成だった千秋楽で感じたのは、まさに“唯一無二”。全編古語で歌詞を綴った異色作『斑』は“和”の世界観を徹底して描いたアルバムであり、この世界観を生で伝えるライブには敢えて過剰な装飾は必要なかったともいえる。1時間20分ほどで完結するライブは、途中に挟むMCも最小限で、次に演奏する楽曲の紹介や曲に込めたメッセージにまつわる言葉を昔風の言い回しで口にするにとどめている。最近のライブは、何度もアンコールを重ね、おなかいっぱいになるまで盛りだくさんの要素を詰め込むというのがどのジャンルでも主流になっているが、浅葱の今回のツアーは、そういった流れとは真逆の挑戦に打って出ている。それでも、千秋楽ではアンコールなどのプラス要素が盛り込まれるかも……と思ったりもしたが、その予測はいい意味で裏切られた。これは、楽曲や生の歌・演奏に対する自信がなければやり通せないことだと思うからこそ、浅葱のライブが唯一無二であると感じたのだ。

和楽器の音色を織り交ぜつつもロックサウンドが全開の激しい曲から、狐や鬼のお面を手に踊る遊び心のある曲、雪景色に佇んだり、水面にたゆたうような感覚になるナンバーなど、様々な楽曲がある中で、ライブを締めくくる曲としてこれまで何回も演奏されてきた『アサギマダラ』。曲前のMCで浅葱が発したのはこんな言葉だった。「この世に生を受け、毒を食み、仲間と共に羽ばたいてきた愛しき我が旅路も今宵、最期を遂げようとしている。たとえこの身が朽ち果てようとも、我が心が死すことなど決してないのだ。さあ行け、別れは言わぬ。だが案ずるな。最期の力を振り絞り、事を為した暁には、我の心もそなたらの元へと追いつこう。そしてまた、いつまでもどこまでも、共に斑の空をひらめこうぞ──」

余韻を残したまま、浅葱、共に一緒に羽ばたいて来た仲間、HIDE-ZOU(G)、MiA(G)、亜季(B)、HIROKI(Dr)が残るステージが黒幕で閉じられ、千秋楽は終演。公演後には、9月24日に『斑~白面金毛九尾の狐火玉編』の開催が発表された。浅葱から生まれる“斑"の世界観が枯れ果てることがない以上、彼が描く世界観は広がり続ける──

【セットリスト】
SE.天地(あめつち)行き来る小船
01.月界の御子
02.畏き海へ帰りゃんせ
03.花雲の乱
04.隠桜(おぬざくら)
-MC-
05.螢火
06.大豺嶽(おおやまいぬだけ)~月夜(つくよ)に吠ゆ~
07.冬椿 ~白妙の化人~
-MC-
08.白面金毛九尾の狐火玉
09.鬼眼羅(きめら)
10.雲の通ひ路
11.妖刀玉兎
-MC-
12.物の怪草子
-MC-
13.アサギマダラ

浅葱 単独公演
『斑~白面金毛九尾の狐火玉編~』

9月24日(月・祝) 恵比寿LIQUID ROOM
※詳細後日発表
3月24日@新宿BLAZE
3月24日@新宿BLAZE
3月24日@新宿BLAZE
3月24日@新宿BLAZE
3月24日@新宿BLAZE
3月24日@新宿BLAZE
3月24日@新宿BLAZE
3月24日@新宿BLAZE
“浅葱” 単独公演『斑~白面金毛九尾の狐火玉編~』フライヤー

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。