L→R 田中雅功、髙田彪我

L→R 田中雅功、髙田彪我

【さくらしめじ インタビュー】
このアルバムで新しい僕たちを
味わってほしい

ふたりで作詞作曲を手がけた楽曲や、初となるコラボレーション曲などが収録された1stフルアルバム『ハルシメジ』。さくらしめじの新たな魅力がたっぷりと詰まった同作について話を訊いていこう。

ついに1stフルアルバム『ハルシメジ』が完成しましたね。

雅功
はい。春って新しい出会いがたくさんあるじゃないですか。このアルバムは歌詞を書いたり、曲を作ったり、今までになかった曲調の曲を歌ったり、新しい僕たちが詰まってるんです。そんな新しい僕たちを、このアルバムで味わってほしいです。
彪我
タイトルの“ハルシメジ”って実際にあるきのこの種類なんですよ。僕たちの『ハルシメジ』菌が多くの方に広がって、たくさん増殖してほしいなって思ってます。

では、曲に触れながら話を進めましょう。「スタートダッシュ」は勢い全開で、前に進んでいく想いが歌われてますね。

雅功
疾走感があって、歌っててどんどん楽しくなってくる曲です。歌もギターも掛け合いが多くて、僕たちふたりのコンビネーションがギュッと詰まった一曲だと思います。
彪我
この曲は朝に聴いても元気が出るし、夜に聴いても“明日も頑張ろう!”って思える曲なので、365日、24時間いつでも聴いてもらえたらなって思います。

「靴底メモリー」の作曲は、昨年12月のマイナビBLITZ赤坂公演で共演したEvery Little Thingの伊藤一朗さんですね。

雅功
最初にメロディーをいただいた時から前向きな感じが伝わってきたんで、ポジティブな気持ちを歌いたいなって思って、僕たちで歌詞を書いたんです。
彪我
靴って歩いてると擦り減るじゃないですか。それを自分の努力に例えたんです。普段見ないけど、パッと気付いたら、擦り減った分だけ努力してるってイメージですね。

伊藤さんとはどんなやり取りで作ったんですか?

雅功
伊藤さんはレコーディング中もずっとやさしくアドバイスしてくださって。最初はすごく緊張したけど、どんどん伊藤さんのやさしさに救われて、リラックスしてレコーディングできました。
彪我
いや〜、ほんとに伊藤さんっていい人だなって思いました。あたたかい雰囲気のおかげて、スッと歌えました。

「菌カツ!」では、ついにきのこの曲ができましたね。

雅功
そうなんです。この曲は作詞作曲をふたりでやって、きのこを通じて部活や趣味に没頭する人を応援したいっていう僕たちなりの応援ソングなんです。とにかくガッツが出るようにって、ふたりで相談して作りました。
彪我
ブラスサウンドの音も入ってて、“ザ・応援歌”って感じになりましたね。
雅功
実はアルバムのジャケ写のきのこの壁は、ホクトさんに一部提供いただいたんです。きのこ一色です(笑)。

「夕空小道」は彪我さんの作詞曲ですね。

彪我
曲をいただいて聴いた時はちょっと切ない恋の歌が書けるのかなと思ったんですけど、何度も聴いているうちに“これはいつも見てる夕日が当てはまるかな”って思って、学校の帰り道に思うことを書いたんです。僕はなぜか過去を振り返る曲を書くことが多いんですよね(笑)。

彪我さんの中で、さくらしめじを結成した頃と今とで、変わったこと、変わってないことは?

彪我
変わってないのはポンコツっぷりですね(笑)。今も何もない道で転びそうになったり、食べものもこぼしますし(笑)。変わったことは身長と声です。

じゃあ、雅功さんは?

雅功
僕も彪我と同じく、変わってないのはポンコツぶりですね(笑)。ケータイをよく忘れるし、ギターを練習終わりに置き忘れて帰ったりして(笑)。変わったことはちょっと声が変わったのと…あと、何だろう?
彪我
ちょっと反抗期ですね。
雅功
そうですね。親へのプチ反抗期です(笑)。

雅功さんの作詞曲「でぃすとーしょん」は、まさにプチ反抗期っぷりが出た激しいロックチューンになってますしね。

雅功
これは今の僕そのままです。爆発してます(笑)。でも、結局はお母さんに負けちゃうんですよね〜(笑)。サウンドも歪んでて、今までのさくらしめじにはなかったロックな曲になってます。

最後の「おもいでくれよん」は生セッション風な楽曲になってますね。

雅功
これは僕たちの思い出の曲で、ふたりで初めて全部作った曲なんです。僕たちは『菌活の旅』で47都道府県をフリーライブをして回ったんですけど、そこで見た景色や感じたものを歌詞にストレートに詰めたんです。
彪我
マイナビBLITZ赤坂のアンコールで、お客さんの真ん中でマイクなしの弾き語りで歌ったんですよ。初めての挑戦でした。

客席のフロアーで生歌と生ギターで歌ったシーンはとても良かったですよ。

雅功
大切な曲を生でちゃんと伝えたかったんです。お客さんとすごい近い距離で歌って、ちゃんとひとりひとりに伝えられた感じがしました。
彪我
音楽でみなさんと一体になるのを実感できました。

フレッシュなアルバムを作り上げたさくらしめじですが、7月28日には日比谷野外大音楽堂でのワンマンライヴ『真夏の星空ピクニック』の開催が決定しましたね。

雅功
ほんとに嬉しいです。今までで最大のキャパで、初めての野外でのワンマンライヴなんです。日が沈んで星空の下で歌うって、すごくロマンチックだなって。真夏で暑いですけど、それ以上に熱いライヴをしたいです。野音でみなさんと、その時にしか味わえない感動を作りたいです。
彪我
野音は憧れの舞台のひとつだったんです。それがあと数カ月で実現するので内心もう焦ってます。
雅功
ちょっと焦るの早くない?(笑)
彪我
あ、そうですね(笑)。初めての野音は一度きりだし、そこで精一杯楽しめるように頑張っていきたいと思います。

取材:土屋恵介

アルバム『ハルシメジ』2018年4月4日発売 SDR
    • 【CD+DVD盤】
    • ZXRC-2030 ¥3,500(税込)
    • 【通常盤】
    • ZXRC-2031 ¥2,700(税込)
    • 【イベント盤】
    • ZXRC-2032 ¥2,700(税込)
    • ※イベント会場のみでの販売

ライヴ情報

『菌育 in the 家(はうす)』』
4/22(日) 静岡・Live House浜松窓枠
5/13(日) 北海道・札幌COLONY
6/16(土) 大阪・UMEDA CLUB QUATTRO

『菌育 in the 家(はうす)ファイナル!
「真夏の星空ピクニック」 in 日比谷野外大音楽堂』
7/28(土) 東京・日比谷野外大音楽堂

さくらしめじ プロフィール

さくらしめじ:田中雅功(がく)と髙田彪我(ひょうが)による、フォークデュオユニット。2015年3月に両A面シングル「いくじなし / きのうのゆめ」にてデビュー。フリーライヴで全国47都道府県を回る“菌活”の遂行など、精力的な活動を展開! 17年夏より1年をかけて月に1回、日本各地のライヴハウスでライヴを行なっていく『菌育 in the 家(はうす)』を実施し、18年4月には待望の1stアルバム『ハルシメジ』をリリースする。さくらしめじ オフィシャルHP

L→R 田中雅功(がく)、髙田彪我(ひょうが)
アルバム『ハルシメジ』【CD+DVD盤】
アルバム『ハルシメジ』【通常盤】
アルバム『ハルシメジ』【イベント盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

8コメント
  • RT @kinoko_tappuri: 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい | OKMusic https://t.co/2OweVQLsMS @OKMusicOfficialさんから
  • RT @kinoko_tappuri: 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい | OKMusic https://t.co/2OweVQLsMS @OKMusicOfficialさんから
  • RT @kinoko_tappuri: 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい | OKMusic https://t.co/2OweVQLsMS @OKMusicOfficialさんから
  • RT @kinoko_tappuri: 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい | OKMusic https://t.co/2OweVQLsMS @OKMusicOfficialさんから
  • 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい | OKMusic https://t.co/2OweVQLsMS @OKMusicOfficialさんから
  • 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい | OKMusic https://t.co/d3Mg8pslkl 來自 @OKMusicOfficial
  • 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい(OKMusic)
  • 【さくらしめじ インタビュー】このアルバムで新しい僕たちを味わってほしい https://t.co/ezhwlv1Sr9