【JOYSOUNDだから、歌える!隠れた名
曲ライブラリー】#31 SUPER JUNKY M
ONKEY「POPO BAR」

好きなアーティストの歌いたい曲が、必ずしもヒット曲だとは限りませんよね。カラオケに入っていなくて、残念な思いをした方も多いと思います。JOYSOUNDは、マニアックな曲も多く、リクエスト配信にも力を入れているから、お目当ての曲に出会いやすいようです。というわけで、JOYSOUNDだからこそ歌える、隠れた名曲の数々をご紹介!

「POPO BAR」

平成6年3月発売
歌:SUPER JUNKY MONKEY
作詞:松田智子・JENSEN Tim
作曲:高橋睦・SUPER JUNKY MONKEY
レーベル:RIOT label

SUPER JUNKY MONKEY(以下、SJM)のファーストアルバム『キャベツ』(ライブCD)に収録された一曲。SJMは、アバンギャルドな世界観を放っているハードコアな4人組のガールズバンドである。アルバムだけで展開していたバンドなので、いわゆる、ヒット曲や代表曲というものは多くはない。この「POPO BAR」は、カラオケで歌える唯一の曲なので、最も広く知られている可能性は高いが……。さて、「POPO BAR」とは何か? 「♪I can live my own life! With my POPO … BAR」ということらしいが、何のことかはわからない。タイトルは「POPO BAR」だが、実際は「♪POPOPOPO BAR」と歌う。「私のポポポポバーで、自分らしく生きよう」ということらしいが、最後まで「POPO BAR」の正体は解らずじまいである。「♪You can dance your dance. you can talk hard loud.」という歌詞の通りに、踊り叫び狂いながら歌おう。いまは亡き、天才ボーカリスト高橋睦に想いをはせつつ。

解説:卯村

関連リンク

アーティスト

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト