【インタビュー】DANCE EARTH PARTY
、新曲のテーマは「NO RAIN, NO RAI
NBOW」

DANCE EARTH PARTYが本日3月14日、ニューシングル「Anuenue」をリリースした。
タイトルの「Anuenue」とは、ハワイの言葉で“虹”という意味。2017年10月にDANCE EARTH PARTYが開催した<DANCE EARTH FESTIVAL '17>は生憎の雨の中での開催となったが、そんな中でも会場に来てくれたファンが笑顔で楽しんでくれる姿を見た経験が本作へとつながっているという。今回、改めてこのシングルにどのような思いが込められているのかを、メンバーに語ってもらった。
■DANCE EARTH PARTYの曲は必ず今まで見てきたものや体験したことが反映されている
――今作「Anuenue」はどのような想いで制作していったのでしょうか?
EXILE ÜSA:最初に3人でどうするこうするって話があった時に、「人生を旅として捉えて自分たちが経験したことを曲にしていきたいよね」という話になったんです。それなら昨年10月14日、15日に開催した<DANCE EARTH FESTIVAL>が雨だった経験を人生に置き換えて、辛いことや悲しいことがあった時に、それをどう乗り越えていくかということを曲にしようってことになったんです。僕のアイディアのストックにあったハワイのことわざ「NO RAIN, NO RAINBOW」を曲のテーマにして、「Anuenue」の制作が始まった感じですね。


EXILE TETSUYA:「NO RAIN, NO RAINBOW」ってワードがÜSAさんから出た時に、「次の<DANCE EARTH FESTIVAL>では絶対に虹が見たいですね!」という話にもなりました!
EXILE ÜSA:また天気の期待度が高まるという(笑)。
EXILE TETSUYA:虹とか雨というワードを思い浮かべた時に、サウンドのイメージはトロピカルハウスかなと思ったんです。サビはあるんですけど、みんなでダンスできるようなフックが入っていたら楽しいなと考えました。みんなでタオルを振り回す時間があるなら、そのために僕らは新しいタオルの回し方を考えよう、とか。凄く可能性を見出せたんです。「Anuenue」は昨年から今年につながる曲になったと思いますし、パフォーマンスの広がりやステージからの画も明確に見える楽曲になりました。
Dream Shizuka:DANCE EARTH PARTYの音楽は実際に自分たちが経験したことが曲になっているんですが、<DANCE EARTH FESTIVAL>から生まれることも多いと思います。すべての始まりは<DANCE EARTH FESTIVAL>になるのかなと、この曲と出会った時に強く感じました。あとはハワイをテーマにした曲が今まであるようでなかったので、とてもワクワクしました。優しさの中にある弱さや強さも表現しているので、凄く人間らしい楽曲になっていると思います。私も歌わせていただいて、心に響くものがありましたし、聴いていると元気になる曲なので、早くみなさんとこの曲を通していろんな思い出を作りたいです。
――作詞はEXILE ÜSAさんとSUNNY BOYさんの共作ということですが、どのような想いで歌詞を作り上げていきましたか。
EXILE ÜSA:昨年の<DANCE EARTH FESTIVAL>の経験、僕もハワイが大好きで何回も行っているので、その時に感じたことも歌詞に反映しました。一緒に作詞してもらったSUNNY BOYさんはハワイで生まれ育った方ので、僕のイメージをばっちり歌詞にしてくれました。
EXILE TETSUYA:SUNNY BOYさんも自信作とおっしゃっていました。
EXILE ÜSA:ハワイの踊りと言えばフラなんですが、フラはまだ映像がなかった大昔に、旅人が見た景色や気づいたことを歌や踊りにして王様や大切な人に届けたことが発祥なんですね。いつか自分たちも旅で見た景色を言葉にして、その言葉を身体で伝えたいという想いがあったので、今回の「Anuenue」の歌詞の中には雨や太陽、風や雲といった自然に関わる言葉が入っています。その上で、そこにすべて意味をつけて踊りたいと思っています。
EXILE TETSUYA:「雨にただ打たれるよりも雨を感じよう」という歌詞があるんですけど、これはÜSAさんが旅で出会ったネイティブアメリカンの方の言葉をモチーフにしているんです。昔、この言葉のエピソードをÜSAさんから聞いた時、雨を感じて楽しむという考え方が衝撃的でした。昨年の<DANCE EARTH FESTIVAL>が雨だった時、まっ先にこの言葉が頭に浮かびましたし、やっぱりÜSAさんもここで表現したんだと思いました(笑)。DANCE EARTH PARTYの曲は、必ず曲を作る時に今まで見てきたものや体験したこと、貴重な経験をしてきたことが反映されて、そこに想いや意味があるんです。そういう今までの経験をしっかり盛り込んで、なぜこの曲を作ったのか、なぜこの歌詞にしたのか、なぜこの踊りにしたのかという意味を盛り込めたのが、今回の「Anuenue」。DANCE EARTH PARTYのスタンスを象徴する楽曲になったと思います。
Dream Shizuka:私は「辛い時はずっと つづかないことだけを 忘れないでほしい」という歌詞に、曲のテーマである「NO RAIN, NO RAINBOW」を感じました。辛いことがあると、その時の辛さに負けそうになることもあります。でも長い人生として考えた時、辛いことや悲しいことはそんなに長く続くことはなく、気づくとあんなこともあったねと大切な思い出になっていることがほとんどだと思うんです。私も歌っていて、目の前の辛いことや悲しいことに負けずに、それを乗り越えた先にある楽しいことをしっかり感じて前に進んでいこうと改めて思いました。あとは2番のサビの中にある「世界を一緒に描く一つのOur Rainbow」という歌詞。ひとりひとりが違う色を持っていることに対して、一体感や協調性を大切にする時もありますが、私は人それぞれ色が違うことの大切さもあるのではないかと感じています。ひとりひとり色が違うからこそ面白くて、そんな人たちが集まった時に、私たちの虹ができるという考え方は、とっても素敵ですよね。ここの歌詞は、個人的にも心に刺さりました。
――トラックについては、どのように作り上げていったのでしょうか。
EXILE ÜSA:ウクレレを入れたいということは、TETSUYAからイメージをもらった感じですね。
EXILE TETSUYA:この「Anuenue」は、あの日の雨があったからという哀愁感もイメージにあったんです。その上で、次は絶対に虹を見ながら盛り上がるんだという画が浮かんだ時に、トロピカルハウスのようなトラックがいいんじゃないかなと思って提案させていただきました。SUNNY BOYさんが凄く素敵なトラックに仕上げてくれて、アガりましたね。


――フィーチャリング・アーティストに、ハワイ在住のウクレレ奏者EDEN KAIさんが参加しています。
EXILE ÜSA:ウクレレの音って、雨にも太陽にも光にも感じる音色で、凄く素敵なんですよね。ハワイのことわざである「NO RAIN, NO RAINBOW」をテーマに曲を作るなら、ハワイのミュージシャンと一緒に何かやりたと電波を張っていたところ、EDEN KAIくんが演奏している映像と出会ったんです。その映像で観たウクレレの技術、リズムを奏でながら弾く姿に、凄く心が踊ったんですね。1998年生まれというフレッシュな才能だったので、この出会いを絶対に形にしたいと思ってオファーしました。実際にハワイに行って初めて対面したんですけど、めちゃくちゃナイスガイで出会えてよかったと思える人でした。

――ミュージックビデオにはEDEN KAIさんとの対面シーンやコラボ・シーンも収録されていますね。
EXILE TETSUYA:ハワイで聴くEDEN KAIくんのウクレレの音色は格別で、とても贅沢な時間でした。ずっと聴いていたくなるんですよね。陽が暮れた後もリクエストして弾いてもらいました(笑)。彼のオリジナルの曲を聴きながら僕が踊っているシーンも収録されているんですけど、本当に自由な撮影でした。
EXILE ÜSA:ビッグアイランド(ハワイ島)で撮ったんですけど、撮影というよりも僕ら3人が旅をしているところにカメラが入った感じですね。最高に楽しかったです。
EXILE TETSUYA:なんと言うか、仕事なのに仕事じゃない感覚でした。また、ハワイ島というビルもない大自然のみの環境が、そう感じさせてくれましたね。
EXILE ÜSA:ハワイと言うとワイキキをイメージするかもしれないですけど、ビッグアイランドは自然しかない島なんです。見る人によっては何もない島、でもすべてがある島。地球上に存在する13の気候の内、11の気候が存在する島なんです。山では雪が降っていてスキーができて、海ではサーフィンができる、そんな島。車で走っていると見える植物がどんどん変わっっていったり、そんな魅力に取りつかれて僕は何回も足を運んでいるんですけど、その度に自分の身体がリセットされてチューニングされる感覚があるんです。それくらいパワーのある場所です。
EXILE TETSUYA:今回は二宮監督に撮っていただいたんですけど、ロケ地として〈パワースポット巡り〉みたいな撮影行程を組んでくださったんです。元気にならざるを得ないコースでしたね。元気になりすぎたのか、Shizukaちゃんなんてマイナス何℃かでキャミソール1枚で撮影してましたから。
Dream Shizuka:マイナス15度です! おふたりがダウンコートを着ているシーンがあるんですけど、その横で私はキャミソール1枚で撮っていました。あれが同じシーンであることは、ここでしっかりお伝えしておきたいです(笑)。スタッフさんからは「ムリしなくていいですよ」と言っていただいたのですが、ここで「No」はないなと思ってやらせていただきました。1コーラスの予定だったんですけど、せっかくならとフル・コーラスやらせていただきました。その甲斐あって本当にすばらしい映像に仕上がったと感じています。撮影中は、おふたりも外に出て見守ってくださいました。
EXILE TETSUYA:ダウンコートはしっかり着てたけど(笑)。
■グループとしての根底にあるものが表現できた1枚になった
――リスナーのみなさんには、この曲がどのように届いて欲しいですか?
Dream Shizuka:この曲を制作している過程で、私も凄く不思議な体験をしたんです。私の周りでも「NO RAIN, NO RAINBOW」という言葉が飛び交うことがたくさんありました。SUNNY BOYさん、二宮監督、EDEN KAIさん、ハワイでお世話になった方々、いろんな出会いがつながって完成した楽曲です。この曲を通して、もっともっとたくさんの方たちと出会っていきたいと思いましたし、そこからいろんな楽しみをみなさんと一緒に感じていきたいです。みなさんの人生に寄り添ってくれるような、そんな楽曲になってくれたら素敵だなと思っています。
――続いて、カップリング曲の「浪漫飛行」は米米CLUBの大ヒット曲のカバーですが、どのような想いで取り組んだ楽曲なのでしょうか?
EXILE ÜSA:海を越えて新しい出会いを求めて旅をするというワクワク感が詰まっている曲なので、米米CLUBさんの「浪漫飛行」を聴くと旅に出たくなるというか、旅と直結するんですよね。実は、かなり前からこの曲をDANCE EARTH PARTYらしくカバーしたいよねという話はあったんです。
EXILE TETSUYA:じゃあ、実際にShizukaちゃんが歌うとどういう感じになるのかなぁって話になって。
Dream Shizuka:それで、カラオケで何度も歌うというオーディションを経て実現した曲です(笑)。
EXILE TETSUYA:僕たちは小さい頃に聴いていた曲ですし、DANCE EARTH PARTYでカバー曲をやるなら、やっぱり「浪漫飛行」だなと感じていました。飛行機に乗って窓の外を眺めたら流れてくるような、日本人のソウルソングだと思うんです。
Dream Shizuka:私はオリジナルの発売当初はまだ2歳でしたが、もちろん何度も耳にしてきた曲ですし、何度もカラオケで歌った曲なので(笑)、大切にカバーさせていただきました。「Anuenue」とも共通するメッセージが込められていて、自分たちがカバーするのはタイミング的にもぴったりだと思いました。DANCE EARTH PARTYがカバーすることで、原曲を知らない世代の方々にも、この素敵な曲が届いて欲しいです。
――どのようなアレンジをイメージして制作していったのでしょうか?
EXILE ÜSA:やっぱりフェスでハジけられる曲にしたいという想いはありました。試行錯誤しながらアレンジを考えましたが、DANCE EARTH PARTYらしいカバーになったと思います。
EXILE TETSUYA:キラキラしすぎても等身大ではないですし、原曲に近すぎてもDANCE EARTH PARTYらしくなくなってしまう。そんなバランスも考えながらShizukaちゃんが歌ってくれて、満足のいくアレンジに仕上がったと思います。
――DVD/Blu-rayに収録される<DANCE EARTH FESTIVAL 2017>のライヴ映像の内容も教えてください。
EXILE TETSUYA:出演してくれたEXILE THE SECONDGENERATIONSなどLDH所属アーティストのライヴ映像が収録されています。雨模様の会場、雨でも楽しんでいただいていたお客さんの雰囲気も、このDVDを観ていただければしっかりと体感できると思います。
EXILE ÜSA:会場の雰囲気が伝わるライヴ映像になっているので、フェスに来た人も来られなかった人も楽しめるDVDになっていると思います。
――最後に、このシングルでDANCE EARTH PARTYのどんな一面を提示できたと実感していますか?
Dream Shizuka:グループとしての根底にあるものが表現できた1枚になったと思います。いい意味で肩の力を抜きながら、生きていく上で大切なことを実際に経験した上で曲に込めて表現することができました。そういう意味ではDANCE EARTH PARTYらしい飾らないシンプルな魅力が伝わる曲なのかなと思います。
EXILE TETSUYA:昨年の<DANCE EARTH FESTIVAL>の経験からでき上がった曲であり、ハワイで自分自身をチューニングできた実感も重なって、この曲を通してDANCE EARTH PARTYというグループ自体も初心に帰ることができたという気がしています。DANCE EARTH PARTYという、旅で出会った友とPARTYを組むということや、その土地に行って制作すること、ÜSAさんが歌詞を書くというアプローチを含め、いろんな意味で初心に帰れた作品だと思います。
EXILE ÜSA:今年は夏に<DANCE EARTH FESTIVAL 2018>を開催するので、そこでみなさんと一緒に虹を作りたいと思っています。そんな絵をイメージしながら作った曲でもあるので、この曲を聴いていただいて、ぜひ楽しみにライヴを体験しに来てください。
文◎馬渕信彦

「Anuenue」

2018年3月14日(水)発売

rhythm zone
[CD+3DVD]RZCD-86497/B~D ¥5,537(本体価格)+税

[CD+3Blu-ray]RZCD-86498/B~D ¥6,463(本体価格)++税

[CD+DVD]RZCD-86499/B ¥1,800(本体価格)+税

[CD]RZCD-86500 ¥1,000(本体価格)+税

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。