降谷建志、映画『虹色デイズ』エンデ
ィングテーマを書き下ろし

降谷建志の新曲「ワンダーラスト」が、映画『虹色デイズ』(7月6日(金)全国公開)のエンディングテーマに決定した。
水野美波の同名コミックを原作とする『虹色デイズ』は、男子高校生4人の友情と恋模様を描く青春ストーリーだ。『大人ドロップ』などで知られる飯塚健監督がメガホンをとり、ピュアで元気な愛されキャラの“なっちゃん”役を佐野玲於、チャラくて女好きなモテ男の“まっつん”役を中川大志、秀才で超マイペースなオタクの“つよぽん”役を高杉真宙、いつもニコニコしているが実はドSな“恵ちゃん”役を横浜流星が演じる。
映画のラストを飾る降谷建志の「ワンダーラスト」は、『虹色デイズ』からインスピレーションを得て制作されたという書き下ろしの新曲となる。降谷は楽曲について、「作品の始まりから終わりまで、その全てを観て感じて曲を創らせてもらいました。この映画と出会わなければ決して生まれる事のない、選ぶ事のない旋律や言葉を見出してくれてありがとうございます。晴々としたエンディングから、観る人の劇場を出るまでの歩調がほんの少し軽やかになれば幸いです」とコメントを寄せている。
なお、本作では各シーンを彩る挿入歌にも様々なアーティストの楽曲が起用されており、オープニングにはフジファブリックの「虹」、劇中には同じくフジファブリックの「バウムクーヘン」や阿部真央の「17歳の唄」、SUPER BEAVERの「your song」、そして劇伴を手がける海田庄吾が作曲、飯塚監督が自ら作詞を担当したLeolaの新曲「群青」も登場するという。
この発表と合わせて、降谷建志の「ワンダーラスト」とフジファブリックの「虹」をフィーチャーした予告編が公開となった。
映画『虹色デイズ』


2018年7月6日(金)全国ロードショー

出演:佐野玲於(GENERATIONS from EXILE TRIBE) 中川大志 高杉真宙 横浜流星

   吉川愛 恒松祐里 堀田真由 坂東希(E-girls/Flower) / 山田裕貴 滝藤賢一

原作:水野美波「虹色デイズ」(集英社マーガレットコミックス刊)

監督:飯塚健  脚本:根津理香/飯塚健 音楽:海田庄吾

エンディング・テーマ:「ワンダーラスト」降谷建志(ビクターエンタテインメント/MOB SQUAD)

挿入曲:フジファブリック/阿部真央/Leola/SUPER BEAVER

企画・配給:松竹 (c)2018「虹色デイズ」製作委員会 (c)水野美波/集英社

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。