【インタビュー】Yoshitsugu[Eins:V
ier]、「楽しめてる。形に出来たこと
で決着がついた」

Eins:Vierが3月14日、再録ベスト盤『Self Cover Best 2018 Searching Red Light』をリリースすることに加え、これに伴う6都市12公演の全国ツアー<Tour2018 ”Searching For You”>を3月17日より開催する。2017年末、1568日ぶりの再始動ライブを行なった彼らは、そのMCで前述の再録ベスト盤発売と、全国ツアー開催を発表。ツアーとしては約6年ぶり、音源リリースとしては実に20年ぶりとなるアクションに多くのファンが歓喜したはずだ。
Eins:Vierは1999年の解散後、各々がソロワークを中心に活動を続け、<V-ROCK FESTIVAL 2011>にて再結成を果たした。2012年、2013年にライブを開催したものの、以降空白期間へ。そして、2017年末の再始動公演をはじめとした今回の音源リリースとツアーは、シーンへの完全復活の狼煙となるものと思いきや、どうやらそれほど単純なものではないようだ。
BARKSでは、再録ベスト盤発売と全国ツアー開催直前にパーソナルインタビューを敢行。今回の再始動に対する個々の状況や思いを語ってもらった。そこに浮かび上がったのはキャリアを積んだアーティストならではの葛藤と、Eins:Vierに対する三者三様の深い想い。その第一弾となったHirofumi(Vo)編に続いて、第二弾のYoshitsugu(G)インタビューをお届けしたい。
   ◆   ◆   ◆
■解散して20年の間に経験したもの

■得たものも含めた上で打ち出したかった
──今回の再始動は、最初にHirofumiさんからお話があったそうですね?
Yoshitsugu:僕はヒロちゃん(Hirofumi)とユニット(※アコースティックユニットyohiaco)をやってるので、よく顔を合わせていて。以前から2人では“やろうや”っていう話はちょっとしてたんですよ。Lunaとは4年前のEins:Vierのライヴ以来会ってなかったから、話を振ってみてどうなるか?というところだったんです。
──Hirofumiさんのインタビューでは、まず3人で飲みに行ったということでしたが。
Yoshitsugu:そう。3人で飲みながら話している中で、お互い思ってることが違ってた部分もあって、実はすんなりと決まったわけでもなく。何度も会って話をして、結果、リリースやツアーをするという形になったんですよ。僕としてはメモリアル的な感じで去年一発だけライヴをやりたかったんですけど、どうせやるなら大きな形で動くのもいいのかなと。
──2017年11月に行なった目黒鹿鳴館での再始動ワンマンはYoshitsuguさんにとってどういうものになりました?
Yoshitsugu:とにかく楽しめましたね。今年のツアーに向けての布石にもなったと思うし。ただ、ライヴ中はそれどころじゃなかった部分もあって(笑)。そんなに緊張はしなかったんですけど、久々だったので探り探りだったところもありました。自分的には昔のままやりたいわけではなかったし、今の自分を隠してやるっていう感覚でもなかったので。それはサウンド作りからフレーズから、全てにおいてですよね。
──今のスタイルを取り入れて表現したかったと?
Yoshitsugu:そうでないとできないというか。深く考えてたわけではなく、自然にそれをやってましたけどね。
──では、3月14日リリースの再録ベストアルバム『Self Cover Best 2018 Searching Red Light』は、YoshitsuguさんとLunaさんが楽曲セレクトを務めたということですが、どんな基準で選曲されましたか?
Yoshitsugu:ほとんどの曲が、いわゆる“Eins:Vierベスト”的な感じですよね。そこにバリエーションを考え、楽曲をプラスして。だからモメることもなく(笑)、わりとすんなり決まりましたよ。
──個人的に“この曲はぜひ入れたい”と思った曲は?
Yoshitsugu:僕が提案したのは「Nursery tale」ですね。単純に曲のバリエーション的な意味と、インディーズの頃の曲もやりたいなと思って。
──この曲は1994年に発表されたアルバム『Risk』収録曲ですね。少し意外でした。
Yoshitsugu:メジャーデビューしてからは、ライヴでほとんどやってないんじゃないですかね? あと、これは後づけなんですけど、当時のファンクラブ名が“Nursery”だったのもあって、面白いかなと。
──ファンも嬉しいと思います。当時のEins:Vierと言えば空間的なギターサウンドが特徴的でしたけど、『Self Cover Best 2018 Searching Red Light』では全体的にサウンドの質感が変わりました。Hirofumiさんもインタビューでおっしゃっていましたが、そこはYoshitsuguさんの変化が大きいと。
Yoshitsugu:やっぱりそれは、今の自分っていうことですよね。根っこの部分は変わってないと思うんですけど、シンプルに趣味趣向が変わってきたっていう。時代の流れもあるでしょうし、いろいろなサポートギターをするようになってから、音楽的な幅もより広がりましたので。
──L’Arc-en-CielのTETSUYAさんやLUNA SEAINORANさん、清春さんなど、名だたるアーティストのサポートを務めてきましたし、ご自身のバンドも同時進行しています。
Yoshitsugu:解散して20年の間に経験したもの、得たものも含めた上で打ち出したかったというか。ただ、ガラッと変えることは考えなかったです、大事な部分はしっかりと残しつつ。
──印象的なテーマリフやフレーズはそのままに、アプローチや音色に変化がありますね。
Yoshitsugu:そこのバランスはわりと考えましたね。ギターに関してはすべて自宅でレコーディングしたので、時間的な制約もなく、ゆっくりやれたので良かったかなと思います。
──自宅レコーディングっていうのも当時とは異なるもので、テクノロジーの進化も感じます。
Yoshitsugu:確かにそうですね(笑)。
■こういうバンドでありたいという思考と

■Eins:Vierを一緒にしようとしがちだった
──セルフカバーする前に、オリジナル曲を聴き直してみたりもしましたか?
Yoshitsugu:聴きましたよ。今回は音源を作るっていう意味では2011年の再結成のときよりも、当時のEins:Vierとちゃんと向き合いましたね。
──いろいろ思いましたよね? “懐かしいな”とか“こんなふうに弾いてたっけ!?”とか。
Yoshitsugu:っていうよりは、“青いな、自分”って(笑)。そこはわりと否定的な解釈のほうが多くて(笑)。でも、しっかりと聴いて当時と対峙しました。“今の僕だったらこうするやろうな”というところで考えて。ただ、意図的にどうこうっていうのではなく、自然に、シンプルに。
──たとえば「Dear Song」はギターソロでワウを取り入れたり、大胆にアレンジした曲もありますね。
Yoshitsugu:そうですね、昔のソロは聴けたものではないですからね(苦笑)。「Dear Song」に限らず、全体的にエモーショナルな感じをギターで出したいなっていうのがあって。昔は綺麗に形作る感じだったと思うんですけど。これが20年を経た私かなと(笑)。
──中でも「In your dream」は一番ギターサウンドが変わった印象がありました。
Yoshitsugu:そうだと思います。オリジナルとは随分違いますよね。レコーディングしつつアレンジしていったら結果こうなっちゃったという感じなんです。自分が思う1980年代のニューウェイヴ感をもうちょっと出したいなっていうのがあったんですよね。
──当時もそうしたいと思っていたんですか?
Yoshitsugu:そういう音楽も当時から好きではあったんですけど、今聴くとあまりそういう感じになってないなと思って(笑)。あと、時間をかけて録ったのは「メロディー」と「碧い涙」ですね。印象はあまり変わってないと思うんですけどね。「In a void space」(ライブ会場・通販限定豪華盤のみ収録)も結構考えながらレコーディングしました。今回は4人の音だけで、シンセや打ち込みとかはまったく入れないっていう主旨があったので、色づけ楽器はギターしかなかったから。そういう部分で「Nursery tale」のフレーズはわりと昔の感じのままで、音色がちょっと違うぐらいにしたんです。
──LunaさんやHirofumiさんに対して“成長したな、変わったな”と思う部分と、逆に“らしいな”と思う部分はどんなところですか?
Yoshitsugu:変わったという部分ではみんな線が太くなったなと感じますね。大人になったんでしょう……大人というかおっさんに(笑)。変わってないとこもありますよ。やっぱり2人とも唯一無二というか、誰にもできないことをやってるなと思います。個性が強いというか、アクが強い。特にヒロちゃんは(笑)。
──完成した『Self Cover Best 2018 Searching Red Light』を改めて聴いて思うところもありますか?
Yoshitsugu:僕の中では決着ついた感がすごくあって。こういう機会があってよかったと思ってます。
──それは2011年の再結成のときに“もっとこうしておけばよかった”と感じているところがあったということでもあります?
Yoshitsugu:というより、再結成のときは12年ぐらいブランクがあっての始動だったじゃないですか。その間に自分の思考もちょっと変わっていて。バンドに対する向き合い方とか、“こういうバンドでありたい”とか。それとEins:Vierを一緒にしようとしがちだったっていうかね。そうなるとおかしなことになってくるんですよね。
──なるほど。
Yoshitsugu:だから正直、どこかで楽しめなかったところがあって。もうEins:Vierをやることはないやろうなって思ってたんですよ、そのときは。それから4年ぐらい経って考え方も変わってきて。“これからずっとEins:Vierをやりたい”というより、さっき言ったように、メモリアル的な意味でやるのはいいんじゃないかなと思って。それで今回の再始動にあたっては、“Eins:Vierはこうだ”というものがあった上で、今の自分がどう関わるかっていうところで向かっていったんですよ。
──自分の理想像を今のEins:Vierに当てはめるのではなく?
Yoshitsugu:そうです。ブランクの中で僕自身の“バンドの理想像”というものができ上がってきて。だから別の新しいバンドを作ってたりするわけで。でも、Eins:Vierってもう出来上がってるものだから、そこに自分の理想を当てはめるのは違う。再結成のときにやってみて、そう思ったんですね。それを踏まえての今回なんです。
──“できあがってる”というのは音楽性はもちろん、人間関係も含めて?
Yoshitsugu:そう、すべてですね。Eins:Vier解散前は、特に意識していたわけではないんですけど、長年の蓄積で作り上げたものってあるんですよ。そこはブランクがあったとしても、変わらないものは変わらない。
■可能性は否定しないけど

■向かう気持ちとしてはこれが最後
──それを理解した今は、再結成のときよりも気持ち的に楽ですか?
Yoshitsugu:だから楽しめてるんです。再結成のときは外部の人がオファーしてくれて、お膳立てされているところで動いたから。でも今回は自分たち発信。そうすると昔、自分たちだけでやってたインディーズ当時の感じを思い出すし。個人的には楽曲に対してずっと引きずってた過去の自分、“青臭いな”って思う部分を解消できた。だから今回、形に出来たことで決着がついたなって思ったんですよね。納得いったというか。これで最後でもいいという感じです。
──再録していく中で、今の3人で新曲を作りたいという気持ちには?
Yoshitsugu:僕はないですね。そういう気持ちにはならないんですよね、他の2人がどう思ってるのかわからないですが。単純に作ろうと思えば作れるんでしょうけど、今の自分たちがEins:Vierでどういうものを作っていいのかがピンとこない。
──ファンとしては聴いてみたいですけどね。ピンとこないというのは、継続してないから、ということも少なからずあるんでしょうか?
Yoshitsugu:うーん、継続してたら流れの中で“次はこういう曲”というのがあるんでしょうけどね。ただ、これからツアーが始まるじゃないですか。わりと本数もあるので、ライヴを重ねていく中で自分の気持ちがどう変化するのかわからない。
──では、まったくないとは言い切れないですね(笑)。
Yoshitsugu:ははは。そういう意味では新曲を作りたいってなったりする可能性は否定しないけど。ただまぁ、向かう気持ちとしては“これが最後のツアー”だと思ってます。
──その3月17日および18日の目黒鹿鳴館から始まる<Eins:Vier Tour 2018“Searching For You”>を控えた今、どんなお気持ちですか?
Yoshitsugu:ワクワクしてます。早くやりたいなぁっていう気持ちですね。現時点(2月上旬)では、まだリハーサルもしてないですけど(笑)。
──セットリストは決まりましたか?
Yoshitsugu:選曲はだいたい。去年の鹿鳴館ライヴでやってない曲もあったりするんですけど、まだ一切手をつけてないです、僕は(笑)。でも不思議なもので、昔やってたことって身体が覚えてるのか、わりとすぐ勘を取り戻せるんですよ。
──サポートドラマーの岡本唯史さんとのアンサンブルはどうですか?
Yoshitsugu:いい感じですよ。岡本君は僕らより全然若いんですけど、人としてもすごくいい。去年11月の鹿鳴館のほかに、12月末のヒロちゃんの誕生日イベントにも5曲ほど参加してもらったんですけど、さらにバンドとしてまとまってきた感じがあったし。なのでツアーを廻って回数を重ねればもっといい感じになるんじゃないかな。
──北は札幌から南は福岡まで、足掛け3ヵ月のツアーですから。
Yoshitsugu:Eins:Vierでは何十年ぶりですかね? 東京と大阪以外は解散以来行ってないですし。いや、覚えてくれてるんでしょうか(笑)?
──覚えてるどころか、ずっと待ってたというファンも少なくないはずですよ(笑)!
Yoshitsugu:OSAKA MUSEと鹿鳴館、O-WEST以外、Eins:Vierとしては初めてやるライブハウスばかりなんですよ。どこも楽しみですね。今回は思いっきり懐かしんでほしいな。昔、ちょっとでも好きだった人も、是非足を運んでほしい。パフォーマンスも大事ですけど、僕的にはバンドの中で音で共鳴し合えたらいいなと思っているんです。
取材・文◎牧野りえ
■再録ベスト盤『Self Cover Best 2018 Searching Red Light』

2018年3月14日(水)発売

【流通盤(CD)】LZLN-007 / ¥3,000(tax out)

※CD10曲入り / 8Pブックレット

※オリジナルポストカード (店舗購入特典)

01.Dear Song

02.In your dream

03.メロディー

04.Notice

05.Not saved yet

06.Words for Mary

07.花の声

08.Nursery tale

09.碧い涙

10.I feel that she will come
【ライブ会場・通販限定豪華盤(CD+DVD)】LZLN-008 / ¥12,000(tax out)

※CD10曲入り / LIVEダイジェストDVD / 32Pブックレット

※2DISCデジパック・スリーブケース

※オリジナルサコッシュ・復刻版ロゴステッカー・オリジナルA6クリアファイル

※Tour2018”Searching For You”ラミネートパス・メンバーサイン入りチェキ1枚入り

▼CD

01.Dear Song

02.In your dream

03.メロディー

04.Notice

05.Not saved yet

06.Words for Mary

07.花の声

08.Nursery tale

09.碧い涙

10.In a void space

▼DVD

<Eins:Vier One Man Live 2017 "Searching For Me">@目黒鹿鳴館LIVEダイジェスト

01.Not saved yet

02.碧い涙

03.Hallucination for this only night

04.Kiss is sleeping pills

05.花の声

06.メロディー

07.Passion

08.Nursery tale

09.Words for Mary

10.Notice

11.after

12.Bravo

13.L.e.s.s.o.n.

14.In a void space

15.Dear song

16.I feel that she will come

■全国ツアー<Eins:Vier Tour 2018“Searching For You”>


3月17日(土) 目黒鹿鳴館

3月18日(日) 目黒鹿鳴館

3月24日(土) 札幌COLONY

3月25日(日) 札幌COLONY

4月01日(日) 仙台enn2md

4月07日(土) 名古屋Club UPSET

4月08日(日) 名古屋Club UPSET

4月14日(土) OSAKA MUSE

4月15日(日) OSAKA MUSE

4月21日(土) 福岡DRUM SON

4月22日(日) 福岡DRUM SON

5月12日(土) TSUTAYA O-WEST

▼チケット

e+ http://eplus.jp/ath/word/51894/

チケットぴあ http://ticket-search.pia.jp

ローチケHMV http://www.hmv.co.jp/artist_Eins-Vier_000000000039263/

Gargoyle & Eins:Vier presents 2MAN LIVE<ZERO CRASH>


4月29日(日) 下北沢 GARDEN

出演:Gargoyle & Eins:Vier

opening guest:Valentine D.C.

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

新着