坂東玉三郎、元宝塚トップスター達、
そして海宝直人が越路吹雪を歌う特別
コンサート!『愛の讃歌』製作発表会

坂東玉三郎と元宝塚トップスターらが越路吹雪を歌う特別コンサート『愛の讃歌』が、4月12日の東京・NHKホールなど、全国で開催される。2月28日、東京・銀座にあるブルガリ プライベートラウンジで行われた製作発表会見の様子を写真とともにお伝えする。
凰稀かなめ、水夏希、姿月あさと、坂東玉三郎、真琴つばさ、大空ゆうひ、霧矢大夢(左から)
歌舞伎女方として5人目となる重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定され、フランス芸術文化最高章「コマンドゥール」を受賞した玉三郎は、昨年3月に行われた越路吹雪三十七回忌特別追悼公演で『妻へ』を歌ったほか、同年11月にはシャンソン・アルバム『邂逅~越路吹雪を歌う』をリリースするなどして、近年、シャンソニエとしての活動を積極的に行っている。今回の特別コンサートでは、真琴つばさ・姿月あさと・大空ゆうひ・水夏希・霧矢大夢・凰稀かなめといった元宝塚トップスターや、ミュージカルのみならずヴォーカリストとしての注目を集めている海宝直人が豪華ゲスト出演する。
坂東玉三郎
坂東玉三郎、真琴つばさ、大空ゆうひ、霧矢大夢(左から)
この日、玉三郎が『愛の讃歌』を披露し、続いて出演者全員で『すみれの花咲く頃』を歌い上げた。そのほか、コンサートでは『サンライズ・サンセット』『サン・トワ・マミー』『ラストダンスは私に』『恋ごころ』などが歌われるという。
歌唱披露を終え、「緊張しました」と何度も話す玉三郎。彼にとって越路吹雪は憧れの存在だった。
「若い時から一人で日生劇場を2か月、3か月あけられるという方で尊敬してきました。作詞家の岩谷時子さんも受付にいらして、私のチケットをちぎってくださったところから親しくさせていただきました。岩谷さんとのお付き合いもあり、越路さんのことを深く知るようになりました」
出演舞台もほとんど観ているといい、越路吹雪のLPも何度も聞いたという。
坂東玉三郎
​「舞台人になることはどんなことか勉強したかった。何をして本番を迎えるのか、何時に楽屋入りするのか……真似してきました。体のケアをしたり、旅行に行って次のコンサートの取材をしたり、どういう風にどういう期間で作るのか。時間かけてゆっくりやっていることを学びました」
今回のコンサートの構想については、「越路さんを再現することはできない。越路さんという一つのレジェンドを置いて、みんなで楽しく素敵な歌を歌いましょう、ということになると思うんです。越路さんは男役で出ていらっしゃったけれど、同時に女優になるということを考えていらっしゃったと思うんです。それについても考えられれば」
真琴つばさ
元宝塚歌劇団月組男役トップスターの真琴つばさは「玉三郎さんが昨年のコンサートで『すみれの花咲く頃』を歌われて、大変胸が熱くなり、感動しました。その方とご一緒できる喜びをひしひしと感じながら、超一流の玉三郎さんと、ブルガリの超一流のジュエリーを身につけているので、身の引き締まる思いです。いい舞台に努めさせていただきます」と挨拶。
「生前の越路さんにお会いしたことないのが唯一残念ですが、その越路さんをご存知の玉三郎さんにたくさんのエピソードをお聞きしたいし、越路さんがいらっしゃってくださったからこの企画にご一緒できると思うので、尊敬の思いを表せるような舞台にできるよう努めたいなと思います」と意気込んだ。
姿月あさと
宝塚歌劇団宙組初代トップスターの姿月あさとは「昨年はOGの公演に玉三郎さんが出られて、今回は私たちがゲスト出演をします。大変貴重な時間がこれから待っていると思うと楽しみで仕方がありません。たくさんの方に来ていただけるように頑張ります」と挨拶。
越路吹雪について「越路さんは歌手として大変有名な方でしたので、宝塚の出身であるということをご存知でない方もいるかもしれませんが、テレビドラマ化されるなど、越路さんが注目されている時期でもありますので、とてもタイミングがいいなと思っています」と話す。
凰稀かなめ、水夏希、姿月あさと(左から)
元宝塚歌劇団宙組男役トップスターの大空ゆうひは「大好きな越路吹雪さんの曲を玉三郎さんがこんなに愛していらっしゃる。その魂を感じて、気を引き締めて歌わないと、と思っております。精一杯心を込めて歌います」。
越路吹雪については「生前の越路さんを生で拝見できなかったのがとても残念ですが、今録音しているものを聞いても、映像を拝見したりしても、生ではないのにビリビリと何かが伝わってくるような気がします。本当に生きるエネルギーを歌に注がれていたのではないかなと思います。今でも新鮮に聴かせていただいています」と話す。
元宝塚歌劇団雪組男役トップスターの水夏希は「以前から(玉三郎さんの)歌舞伎を見せていただいたときに、同じ時代に生きられることが本当に光栄だなと思っていたのに、同じステージで同じ作品に出演させていただけるなんて夢のようで、緊張しかありません。越路吹雪さんも宝塚の先輩ということで、素晴らしい公演にしたいと思います」。
海宝直人、凰稀かなめ、水夏希、姿月あさと、坂東玉三郎、真琴つばさ、大空ゆうひ、霧矢大夢(左から)
元宝塚歌劇団月組トップスターの霧矢大夢は「昨年発売された玉三郎さんのアルバムを聴かせていただいて、本当に感動しました。玉三郎さん、越路吹雪さん、そして私たちの歌い手の思いをこのコンサートでお伝えできたらいいなと思っております」と語る。
元宝塚歌劇団宙組トップスターの凰稀かなめは「玉三郎さんとご一緒させていただく機会を与えてくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。大先輩である越路さんの歌を上級生の方々、そして海宝さんとともに歌い、お客様に楽しんでもらえるような舞台にしたいなと思っています」。
海宝直人
7歳の時に劇団四季『美女と野獣』チップ役で舞台デビューし、その後『ライオンキング』初代ヤングシンバ役に抜擢されるなど、ミュージカル界の若手俳優として注目されている海宝直人は「とにかくこの場に立っていられることが光栄で、玉三郎さんとスターの皆さまとご一緒に歌わせていただけるのはとても楽しみです。そして今まであまり歌ったことのないジャンルの曲を歌わせていただけるので、精一杯努めさせていただきたいです」と話した。
取材・文・撮影=五月女菜穂

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着