ザ・フォールのマーク・E・スミス、
死因が明らかに

先月24日に60歳で亡くなったザ・フォールのシンガー、マーク・E・スミスの妹たちが、月曜日(2月12日)ザ・フォールのオフィシャル・サイト(Thefall.xyz)に声明を発表し、スミスが肺と腎臓に癌を患い、長い間闘病していたことを明かした。
「私たちは兄マークに対し、優しい言葉、追悼、思い出を語ってくださる親族、友人、ファンの皆さんへ感謝しております。マークをずっと治療してくださったN.H.S(国民保健サービス)とスタッフ、兄を愛し、面倒をみて、大切にしてくれたマークのパートナーPamにも。
マークは、肺と腎臓の末期がんと診断されてから、長く辛い闘いに挑んできました。彼はあらゆる治療を受け、それはときに残酷で、マークに酷い副作用をもたらすこともありました。マークはとても強い人で、ファンをがっかりさせるのを嫌がり、忠告に反し、やり続けようとしていました。
マークは自分のルールに従い、素晴らしい人生を歩み、それを愛し満喫しました。私たち妹はその一部であることを光栄に思っていました。
マークはいま、痛みがなく安らかな状態です。でも、私たち三姉妹は心が張り裂けそうで、兄のことをとても恋しく思っています。
Barbara、Suzanne、Caroline」
スミスは癌と闘いながら、2017年夏にアルバム『New Facts Emerge』を発表。亡くなる2ヶ月ほど前まで、車いすを使いながらもツアーを続けていた。
Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。