来日して欲しい!! 2018年に観たいア
ーティスト – POP編 -

マジっすか!!! と誰もが思ったでしょう。ジャスティン・ビーバー、2017年の来日公演キャンセル事件。
本来であれば、東京・味の素スタジアムで9月23日、24日と2日間=合計10万人規模の伝説のギグになるはずだったのに、まさかまさかの“予期せぬ事態”でキャンセルに……。
ジャックUとの“Where Are Ü Now”を経て、数多くの客演参加に待望のオリジナル発表。EDM〜ダンスミュージック界からの人気も高まり、誰もがその姿を生で観たかっただろうけれど、過ぎたことは仕方ない。
ぜひ復活して、早いとこ日本に来てほしいです!
PITBULL(ピットブル)
2017年はなんとまぁ不運だったというか、なんというか。ジャスティン・ビーバーだけでなく、5月にはオリジナルアルバム『Climate Change』をひっさげて来るハズの最強お祭り番長ピッドブルも来日キャンセル。
過去には「SUMMER SONIC」や「SPRINGROOVE」に出演し、アツいステージを魅せてくれていただけに、ホント残念で仕方ない(来日するのも約2年ぶりだったし……)。
そんなわけで、今年こそは期待を込めて。今が旬のJ. バルヴィンとカミラ・カベロとのコラボ曲“Hey Ma”、そしてフィフス・ハーモニーとの“Por Favor”が聴きたい!
DJ KHALED(DJキャレド
昨年はシズラにビヨンセ&ジェイ・Z、ジャスティン・ビーバー、チャンス・ザ・ラッパー、アリシア・キーズ&ニッキー・ミナージュなどなど。
豪華な、もはやフェスと言わんばかりの超ド級のアルバム『GRATEFUL』をリリースしたDJキャレド。EDM界隈からは“Don’t Quit”にカルヴィン・ハリスが参加していましたね。
それは当然ことながら大ヒットしたわけですが、もしもキャレドが来日する暁には、その中から誰かひとりでも一緒に……なんて夢が膨らみます。
でも、贅沢は言わない。キャレドだけでも……いや、しいて言うならエグゼクティブ・プロデューサーをつとめたアサドくん(キャレドの息子1歳)とぜひ!
EMINEM(エミネム)
全米でも話題沸騰中! 2017年末に待望の新作『Revival』をリリース。これがとんでもなく豪華で客演にはビヨンセやエド・シーランなどが参加。
今年は「Coachella」をはじめ、「The Governors Ball Music Festival」「Firefly Music Festival」「Bonnaroo Music and Arts Festival」など様々なビッグフェスに出演決定。
いよいよ“時は来た!”と言わんばかりの完全復活で大注目のエミネムです。2012年以降の来日はないだけに、ぜひ日本に来てください!
JUSTIN TIMBERLAKE(ジャスティン・ティンバーレイク)
先日開催された全米最大のショータイム「スーパーボウル」。今年その大役を担ったのは、ジャスティン・ティンバーレイクでした。相変わらずカッコよかったですね〜、シビれましたね〜。
2000年代初頭、インシンク(☆NSYNC)〜ソロのころと比べるとすっかりダンディ、大人の色気漂うジャスティンですが、今年は待望という言葉がぴったりの最新作『Man Of The Woods』をリリース。しかも、共同プロデューサーにはファレルとティンバランド。
すると、日本を含む50カ国のiTunesチャートで1位を獲得と人気は健在。さすがグラミー10冠のスーパースターですが、ちょいちょい音楽活動から離れがちなので、アルバムをリリースしたこのタイミングでぜひ日本に来て欲しい。
ただ、すでに2018年はスケジュールが鬼のようですが……。
アリアナ・グランデは去年来たし、今年はカミラ・カベロも来ちゃったし〜、ケイティ・ペリーは3月、デュア・リパは5月、さらにはグラミー新人賞のアレッシア・カーラも「サマソニ」で来るし、残るはテイラー・スウィフトが観たいでしょう!
2015年に開催されたアルバム『1989』のワールドツアーでは、なんとその初日の開催場所は日本でした。そのときのフィーバーぶりと言ったら!
そんな彼女は、2017年11月に新作『Reputation』をリリース。今年はコンサートツアーも開催するようだけど、今回は日本には来てくれるのかしら? 2019年でもいいから実現してほしいですね!
ZAYN(ゼイン)
2017年来日キャンセル組はもうひとり、元ワン・ダイレクションのゼイン。
2017年1月の公演が延期になり、6月に改めてと思ったら公演中止。これもまた数多くのファンが涙でマクラを濡らしたハズ。
その理由は「現在制作中のアルバム制作進行の遅れ」とのことだけど、となれば2016年のソロ初アルバム『Mind Of Mine』以来の新作も目下制作中なわけで、ぜひアルバムと一緒に来日を。
2017年は話題のパーティネクストドアやシーアとのコラボ曲もステキだっただけに、次回作も期待大です。
CRAIG DAVID(クレイグ・デイヴィッド)
かつて“2ステップの帝王”と呼ばれていたのも懐かしきかな……2016年にアルバム『Following My Intuition』で16年ぶりに全英チャートを制覇し完全復活!
そして、つい先ごろ待望の新作『The Time Is Now』をリリースしたクレイグ・デイヴィッド。彼もしばらく日本に来ていないだけに、そろそろ……?
最新作はR&BやUKガラージなど既存のらしさを残しつつも、トロピカル界の新鋭ジョナス・ブルーやケイトラナダらをプロデューサーに迎え、客演にはチェイス&ステイタスやバスティルなども参加と何でもアリ。この懐の深さはさすがの一言。
2016年にはハードウェルともコラボしていたし、いまやあらゆるジャンルを飛び回る希有な存在ですね。
ちなみに、彼はイビサでプールパーティ「TS5」を開催していて、そこではDJとしても活躍中。なんと去年は「Tomorrowland」にも出演していただけに、ライヴとDJセットで観たいですね。
LOGIC(ロジック)
2018年来日希望アーティスト、最後のひとりはいろいろと迷ったあげく、先日のグラミー賞でのパフォーマンスが超話題となったラッパー、ロジック。
そこで披露したのは、昨年発表した“1-800-273-8255”でした。この意味深な数字の羅列は、アメリカの自殺防止ホットライン。
2017年のアルバム『Everybody』もすごくステキだったし、ホント生で観たい! “1-800-273-8255”で共演したアレッシア・カーラは今年の「サマソニ」出演が決定したし、一緒に来ないかな? さらにはカリードもなってことになったら胸熱すぎる!
来日して欲しい!! 2018年に観たいアーティスト – EDM編 – もチェックを!
本特集で紹介している楽曲はAWAプレイリストにまとめていますので、ぜひ聴いてみてくださいね!
Text by EDM MAXX編集部(Isco)
AWA|来日して欲しい!! 2018年に観たいアーティスト
今回の特集記事で紹介している楽曲は音楽配信サービス「AWA」で配信中。EDM MAXXの公式プレイリストからスマホで聴いてみよう!

EDM MAXX

EDMをライフスタイルとして提案する総合ポータルサイト「EDM MAXX」。音楽、ファッション、カルチャー、ライフスタイルとして、“EDM”を誰でも分かりやすく、おもしろく情報発信します。 #edmmaxx

5コメント
  • RT @edmmaxx: 来日して欲しい!! 2018年に観たいアーティスト – POP編 - https://t.co/7OrjVQBoos #edmmaxx https://t.co/cWGK3VdY74
  • 来日して欲しい!! 2018年に観たいアーティスト – POP編 – https://t.co/JRJfPRYWag https://t.co/szj8OPlHxm
  • 来日して欲しい!! 2018年に観たいアーティスト – POP編 – https://t.co/4B8Uephtd6 https://t.co/fB83YptcZE
  • RT @edmmaxx: 来日して欲しい!! 2018年に観たいアーティスト – POP編 - https://t.co/7OrjVQBoos #edmmaxx https://t.co/cWGK3VdY74
  • 来日して欲しい!! 2018年に観たいアーティスト – POP編 - https://t.co/7OrjVQBoos #edmmaxx https://t.co/cWGK3VdY74