The Songbards、新曲MV公開!レコ発ファイナルを3月27日地元神戸で開催決定!

The Songbards、新曲MV公開!レコ発ファイナルを3月27日地元神戸で開催決定!

The Songbards、新曲MV公開!レコ発
ファイナルを3月27日地元神戸で開催
決定!

神戸で活動しながらも全国的な注目を集めてきているThe Songbardsが、1月31日に初の全国流通1st mini album「Cages in the Room」を自主レーベルNowhere Worksよりリリースした。

The Songbards(ソングバーズ)は、上野皓平(Vo./Gt.)、松原有志(Gt./Vo.)、柴田淳史(Ba./Cho.)、岩田栄秀(Dr./Cho.)の4人で構成されており、2017年3月より神戸を中心に活動を開始。昨年5月地元・神戸の大型フェス「COMIN’ KOBE’ 17」(神戸ワールド記念ホール出演)出演を皮切りに、8月「ROCK IN JAPAN 2017」(WING STAGE出演)、「SUMMER SONIC 2017」(RAINBOW STAGE出演)など、夏の大型フェスのオーディションを勝ち抜き、次々と大きなステージに出演。「MINAMI WHEEL 2017」「下北沢にて'17」などのサーキットも入場規制となり話題を呼んでいる。

まだ結成1年に満たない彼らだが、すでにROCKIN'ON JAPAN(3月号)では「new comer」で取り上げられ、MUSICA(2月号)では今バンドシーンを賑わすCHAItetoMONO NO AWAREなどに並び「2018年に飛躍するアーティスト」として紹介されるなど全国的に注目を集めはじめ、初の全国流通となるミニアルバムは、すでに地元神戸のタワーレコードやHOLIDAY! RECORDSなど売り切れ店まで続出しており、今後のシーンの中核を担っていくであろう人気をみせはじめている注目株だ。

また、リリースにあわせミニアルバムに収録されている新曲「春の香りに包まれて」(The Songbards - 春の香りに包まれてhttps://youtu.be/j1hzX9GGEb8のミュージックビデオもあわせて公開された。すでに公開されている「太陽の憂鬱」(The Songbards - 太陽の憂鬱https://youtu.be/BIPjgVIAmOEとはまた違った、歌声が際立つ洋楽や歌謡の要素も併せ持った楽曲でバンドの多面的な可能性が垣間見える作品となっている。それぞれの映像制作には、「ぴあフィルムフェスティバル」で活躍し注目を集めるふたりの若手映画監督の杉本大地(MV「太陽の憂鬱」)・内山拓也(MV「春の香りに包まれて」)が参加し、King GnuやWONKのミュージックビデオを手掛けるPERIMETRONがプロデュース。バンドの魅力が詰まった作品となっている。

ミニアルバムリリースを引っ提げて、既に決定しているムノーノ=モーゼスとのWレコ発ライブの2月20日心斎橋Pangea、3月4日下北沢Basement bar、RECORDSHOP ZOOとのレコ発企画@名古屋 club ZIONの他に、
ツアーの締めくくりとして地元・神戸で「『Cages in the Room』リリースツアー Final」を3月27日神戸 VARIT.で開催することも発表され、チケットも発売スタート!新世代で同じくバンドシーンを担っていくYAJICO GIRLの出演がすでに発表されており、盛り上がる1日となることは必須。今後続々と発表される出演者を楽しみに新曲を聴いてチケットを入手して待とう。

今後の活躍が期待されるThe Songbardsの活動をお見逃しなく!

■ オフィシャルサイト
http://thesongbards.com/
■ インフォメーション

「Cages in the Room」リリースツアー Final

ポップシーン

ポップシーンは、ポップカルチャーからカウンターカルチャーまで、流行にとらわれない独自の目線で、編集部オススメのピックアップ記事や、インタビュー、ライブレポートなど、音楽を中心としたカルチャー情報をお届けするFANZINEスタイルのウェブメディアです。

1コメント
  • The Songbards、新曲MV公開!レコ発ファイナルを3月27日地元神戸で開催決定! #TheSongbards https://t.co/U0AAHWAjyR