2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST

2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST

【BLUE ENCOUNT ライヴレポート】
『BLUE ENCOUNT TOUR2017-2018
~VS~ リクエストワンマン』
2018年1月17日 at
新木場STUDIO COAST

2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
2018年1月17日 at 新木場STUDIO COAST
 ファンのリクエストでセットリストを決定するリクエストワンマンと、対バンアーティストを迎えたツーマンライヴの2デイズ公演で回った東名阪ツアー『BLUE ENCOUNT TOUR2017-2018 ~VS~』。

 最新曲「VS」(ヴァーサス)で始まった新木場STUDIO COAST初日のリクエストワンマン公演は、ファンが聴きたい曲しかやらない夢のセットリストに会場は全編クライマックスといえる盛り上がりを観せた。《さぁさぁ皆の衆(エビバディ)!》の歌詞に、観客が《やっちゃって!》と応えると、モッシュと大合唱で熱いフロアーに気炎が上がる! 「HALO」「D.N.K」とインディーズ時代からの人気曲が続き、序盤から異常な盛り上がりを観せる会場。“今年一発目、今年一番のライヴをやろうと思います!”と田邊駿一(Vo&Gu)が意気込みを語ると、「MEMENTO」「声」「ロストジンクス」とリクエスト上位曲が続き、イントロが鳴るたびに大きな歓声と熱気が上がる。

 “メンバーが好きな曲”を語った初日の名古屋で急遽演奏し、“鼻血が出るほど間違えた”という「パラノイア」は、楽曲への愛情と反省の意味も込めた最高の歌と演奏で魅せ、こんな良い曲だったのか!と再確認。演奏力の高さも見どころで、高村佳秀の痛快なドラムに乗せた、辻村勇太の激しいチョッパーベース、江口雄也の闇を切り裂くエッジーなギターに心震えた「Survivor」も、バンドのカッコ良さを知らしめてくれた。

 「YOU」「夢花火」といったメロウな曲で聴かせると、年末のフェスで果たせなかったというカウントダウンを会場中で合わせ、“新しいお前ら、かかって来いや!”と「KICKASS」から、アップテンポなライヴチューンを畳み込んだ終盤。「DAY×DAY」の全身全霊懸けた歌と演奏が、全編クライマックスと言えるこの日の沸点を突破する最高潮の盛り上がりを生む! 歌詞の《でもまだまだまだ足りないよ》とばかりに、“もっと答えろよ、死ぬ気で音楽やってんだから、答えろよ!”と観客を煽る田邊。そうか、リクエストワンマンはただの人気投票でなく、ファンが渇望する曲を全力で届けて、より深くつながるための手段でもあったのか! 4人が死ぬ気で届けた「だいじょうぶ」「もっと光を」は、いつも以上に心の深いところまで突き刺さった気がした。

撮影:浜野カズシ/取材:フジジュン


セットリスト

  1. 1.VS
  2. 2.HALO
  3. 3.D・N・K
  4. 4.MEMENTO
  5. 5.声
  6. 6.ロストジンクス
  7. 7.パラノイア
  8. 8.Survivor
  9. 9.SUMMER DIVE
  10. 10.The Chicken Song
  11. 11.ルーキー ルーキー
  12. 12.HANDS
  13. 13.YOU
  14. 14.夢花火
  15. 15.KICKASS
  16. 16.NEVER ENDING STORY
  17. 17.LIVER
  18. 18.DAY×DAY
  19. 19.だいじょうぶ
  20. 20.もっと光を
  21. <ENCORE>
  22. 1.灯せ
  23. 2.THANKS
BLUE ENCOUNT プロフィール

ブルーエンカウント:熊本発、都内在住の4人組バンド。2014年9月にEP『TIMELESS ROOKIE』でメジャーデビュー。15年1月にリリースしたファーストシングル「もっと光を」は、新人ながら全国35局でのパワープレイを獲得した。また16年10月には日本武道館ワンマン公演『LIVER’S 武道館』を大成功に収める。さらに17年1月にはセカンドアルバム『THE END』をリリースし、バンド史上最大規模であり幕張メッセ公演を含む全国ツアー『TOUR2017 break”THE END”』を大盛況のうちに終了させた。19年11月にはシングル「ポラリス」をリリースする。 BLUE ENCOUNT オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着