「どうせ価値無き命なら(demo)」キャプチャー

「どうせ価値無き命なら(demo)」キャプチャー

ハルカトミユキ、完成前のデモ音源
「どうせ価値無き命なら(demo)」
を突然発表

ハルカトミユキが、YouTubeで完成前のデモ音源「どうせ価値無き命なら(demo)」を突然発表した。

彼女たちが何故、このタイミングで新曲を発表する理由があるのか? それもタイトルは「どうせ価値無き命なら(demo)」。歌詞はタイトルから察せられる通り、非常にシリアスな内容となっている。

この曲の発表に伴いハルカ(Gt/Vo)は「1月からのツアーのために新曲を作っていたのですが、この曲を今必要としている人がいるような気がして、出来立てのまま弾き語りで歌いました」という声明を発表。非常に簡素なコメントだが、どう考えてもこの時期にdemo音源を発表するということに緊急性を感じざるを得ない。

歌詞の世界観を単純に紐解けば、明らかに悩んで自殺しかけている若者に向けて「生きてやろうよ」(=死んじゃダメだ)と問いかけているこの曲。「狂えない」「勝てないお前が悪い」「もっと危なくなれよ」といったメッセージは、今まで数々の言葉のナイフで音楽ファンを中心に大きな支持と評価を受けてきた彼女たちの曲と比べても明らかにベクトルが違う。

サビでは「明日には枯れる花も可能性と名付けよう / どうせ価値無き命なら何に怯えるんだろう / 当たり前のように風は冷たいさ / 生きてやろうよ」と、自分を好きになれない悩める者に向けてただ単に優しくするのではなく、厳しい現実の中でも力強く「生きてやろうよ」と歌っており、メッセージがストレートに伝わってくる内容になっている。

この発表が緊急性を伴っていると思われるもう一つの原因は、この楽曲についてはリリースの予定が一切無いところ。先日のツアー告知の際に「年明けのツアーでは新曲をやります」という発表はあったが、この曲がそれに向けたものなのかも現時点では不明。そうだとしたらせっかくライブに足を運んでくれる人よりも先に一般公開されるのはおかしいし、demo音源を発表するのは不自然だ。恐らく、この曲を一刻でも早く発表して聴いて欲しい人がいるとしか思えないのである。このようにアーティストが主導して突如新曲を発表する時には必ず大きな動機が存在する。その様な観点からもこの曲は見逃せない。

ハルカトミユキは、今年から続くツアーの後半戦が、年明けの1月13日(土)大阪からスタートする。

「どうせ価値無き命なら(demo)」
※期間限定公開

全国ツアー『溜息の断面図 TOUR 2017-2018 種を蒔く〜花〜』

1月13日(土)大阪・新バナナホール
1月14日(日)名古屋・APOLLO BASE
1月27日(土)横浜・BAYSIS
2月02日(金)東京・LIQUIDROOM

「どうせ価値無き命なら(demo)」キャプチャー
ハルカトミユキ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。