12月24日@Zepp Osaka Bayside

12月24日@Zepp Osaka Bayside

ユニコーン、ツアーファイナルで
みせた笑顔あふれる“30年目のユニコ
ーン”像とは

2017年、デビュー30周年となるユニコーンは、全アルバムとオリジナルアルバムには収録されていないシングル曲や配信曲、メンバーそれぞれの50祭テーマソングをリマスターしたCDボックスセット『UC30 若返る勤労』をリリース。その発売日の12月6日に、福岡からツアー“UC30 若返る勤労"をスタートさせた。ツアー前のインタビューでは、5人全員が『今が最高!』と語っており、ベスト・コンディションでのアニバーサリー・ツアーは各地で絶賛されつつ、ついに大阪でファイナルを迎えたのだった。

注目のオープニングは「雪が降る町」。ユニコーンを代表する年末ソングの決定版だ。30周年記念ライブのスタートはどの曲なのかとあれこれ考えて肩に力の入っていたファンは、意外な選曲に一瞬、驚いたものの、大喜びで表情豊かな演奏に身をゆだねる。それにしても♪どうか元気で お気をつけて♪と結ぶナンバーを1曲目にもってくるセンスが、さすがユニコーンだ。おそらく一筋縄ではいかないライブになるのだろうと予感して、わくわくが止まらない。

次にビックリしたのは、「Hystery-Mystery」だった。この曲は、再結成後、ライブで一度も演奏されていない。しかもデビューアルバム『BOOM』の1曲目に入っている。ということは、この曲でユニコーンに出会った人も多いはずだ。 30周年の感慨が、ジワジワ背筋を襲ってくる。観客は久々の人気曲に酔いしれたのだった。

中盤はドラムの川西幸一が歌う「ロック幸せ」、ベースのEBIが歌う「夢見た男」、ギターの手島いさむが歌う「オッサンマーチ」を立て続けに。奥田民生がドラムを叩いたり、ABEDONがベースを弾いたりしてサポートする。全員が歌い、5人だけで演奏を完結させる“ユニコーン・スタイル”を堪能する。

絶好調と言うだけあって、ライブは快調に進む。ABEDONがピアノを弾きながら歌う「R&R IS NO DEAD」で風格を感じさせたかと思ったら、「ヒゲとボイン」では奥田をはじめとするメンバーが激しく会場をあおってヤンチャな一面をのぞかせる。バンドブーム真っ只中の87年にデビューして、ブームの盛り上がりの原動力のひとつとして大活躍。「バンドは楽しい」というコンセプトを若い世代に広めたユニコーンの魅力を、集約したセットリストがたまらない。続く「SAMURAI 5」で暴れまくったABEDONは、終わるとさすがに息を切らせている。それもまた楽しいムードを醸し出す。このバンドだからこそ、このメンバーだからこそ、このキャリアだからこそと言いたくなるシーンが次々に展開される。

ユニコーンは1993年に一度、解散し、16年間のブランクの後、2009年に再結成された。つまり30周年といっても、“実働期間"は半分にも満たない。そのことの意味をよく知っている5人は、「雪が降る町」でライブをスタートさせて照れてみせ、完全復活を決定付けたアルバム『シャンブル』からの曲を要所要所に置いて“30年目のユニコーン"を全力でファンの眼前にさらけ出す。このフェアなやり方に、心から拍手を贈りたくなった。

ラストは解散前の最後のシングル「すばらしい日々」と、アルバム『ヒゲとボイン』収録の「車も電話もないけれど」だった。どちらもスケールが大きくて明るい曲で、ユニコーンらしい“愛"が描かれている。ユニークな音楽作りとウイットに富んだライブ・パフォーマンスで、今もJ-ROCKをリードする偉大なバンドの本領を見せてくれた。

アンコールは得意のお遊び(?)タイム。復活後の大ヒット「WAO!」の途中で、ABEDONがリードして“ユニコーンのイントロクイズ"に突入する。自分たちが作った曲なのに、なかなか正解しないから、場内は爆笑の連続だ。ユニコーンのもう一つのテーマである「音楽で遊ぶ」楽しさを、ここで披露する。最後はやはり『シャンブル』からの「サラウンド」で締めた。

帰途につくオーディエンスたちは、みんな笑顔。この日のライブは二度とないと心から思えて、不思議な満足感が押し寄せてくる、実にユニコーンらしい30周年ライブだった。

Text by 平山雄一
Photo by 三浦憲治
【セットリスト】
01. 雪が降る町
02. はいYES!
03. パープルピープル
04. ハヴァナイスデー
05. Hystery-Mystery
06. サービス
07. ロック幸せ
08. 夢見た男
09. オッサンマーチ
10. R&R IS NO DEAD
11. 鳥の特急便
12. 薔薇と憂鬱
13. ヒゲとボイン
14. SAMURAI 5
15. すばらしい日々
16. 車も電話もないけれど
-Encore-
17. WAO! ~ ブルース ~ WAO!
18. サラウンド
アルバム『UC30 若返る勤労』2017年12月6日(水) 発売
    • 【30周年記念完全生産限定盤】
    • KSCL 2981-2996/¥35,000+税
    • ・Remastered by ABEDON
    • ・デビューからこれまでにリリースされたオリジナルアルバム全13タイトル
    • +アルバム未収録曲+各50祭テーマソング 全172曲収録!
    • ・スペシャルTOOL BOX仕様
    • ・UC30布製ウォールポケット
    • ・UC30紙ジャケ仕様(全15枚)
    • ・UCロゴステンシル封入
    • ・メンバー直筆サイン入り UC30特製色紙プレゼント 会場引換券封入
    • <収録曲>
    • ■DISC.1「BOOM」-
    • 01. Hystery-Mystery
    • 02. Game
    • 03. Maybe Blue
    • 04. Concrete Jungle
    • 05. Limbo
    • 06. Sweet Surrender
    • 07. Alone Together
    • 08. Sadness
    • 09. Fallin' Night
    • 10. Pink Prisoner
    •  
    • ■DISC.2「PANIC ATTACK」-
    • 01. I'M A LOSER
    • 02. HEY MAN!
    • 03. SUGAR BOY
    • 04. 抱けないあの娘 -Great Hip in Japan-
    • 05. FINALLY
    • 06. シンデレラ・アカデミー
    • 07. サービス
    • 08. ペケペケ
    • 09. SHE SAID
    • 10. 眠る
    • 11. ツイストで目を覚せ -Twistin'in Suits'85-
    •  
    • ■DISC.3「服部」-
    • 01. ハッタリ
    • 02. ジゴロ
    • 03. 服部
    • 04. おかしな2人
    • 05. ペーター
    • 06. パパは金持ち
    • 07. 君達は天使
    • 08. 逆光
    • 09. 珍しく寝覚めの良い木曜日
    • 10. デーゲーム
    • 11. 人生は上々だ
    • 12. 抱けるあの娘
    • 13. 大迷惑
    • 14. ミルク
    •  
    • ■DISC.4「ケダモノの嵐」-
    • 01. 命果てるまで
    • 02. フーガ
    • 03. ロック幸せ
    • 04. ケダモノの嵐
    • 05. エレジー
    • 06. 自転車泥棒
    • 07. 富士
    • 08. リンジューマーチ
    • 09. スライム プリーズ
    • 10. CSA
    • 11. いかんともしがたい男
    • 12. 夜明け前
    • 13. 働く男
    • 14. スターな男
    •  
    • ■DISC.5「おどる亀ヤプシ」-
    • 01. 初恋
    • 02. ママと寝る人
    • 03. 12才
    • 04. ボサノバ父さん
    • 05. PTA 〜光のネットワーク〜
    • 06. 俺の走り
    •  
    • ■DISC.6「ハヴァナイスデー」-
    • 01. ハヴァナイスデー
    • 02. 魚の脳を持つ男
    • 03. 鼻から牛乳
    • 04. レベル
    • 05. $2000ならOKよ
    • 06. 東京ブギウギ
    •  
    • ■DISC.7「ヒゲとボイン」-
    • 01. ターボ意味無し
    • 02. 黒い炎
    • 03. ニッポンへ行くの巻
    • 04. 開店休業
    • 05. 幸福
    • 06. 看護婦ロック
    • 07. 立秋
    • 08. ザ・マン・アイ・ラヴ
    • 09. フリージャズ
    • 10. 風
    • 11. 家
    • 12. Oh,What a Beautiful Morning
    • 13. 風II
    • 14. 車も電話もないけれど
    • 15. ヒゲとボイン
    •  
    • ■DISC.8「SPRINGMAN」-
    • 01. 与える男
    • 02. 金銀パールベイビー
    • 03. 時には服のない子のように
    • 04. すばらしい日々
    • 05. アナマリア
    • 06. オールウェイズ
    • 07. 素浪人ファーストアウト
    • 08. あやかりたい'65
    • 09. 音楽家と政治家と地球と犬
    • 10. 裸の王様
    • 11. 薔薇と憂鬱
    • 12. 甘い乳房
    • 13. スプリングマンのテーマ
    • 14. 月のワーグナー
    • 15. 8月の
    •  
    • ■DISC.9「シャンブル」-
    • 01. ひまわり
    • 02. スカイハイ
    • 03. WAO!
    • 04. ボルボレロ
    • 05. ザギンデビュー
    • 06. キミトデカケタ
    • 07. オッサンマーチ
    • 08. AUTUMN LEAVES
    • 09. 水の戯れ 〜ランチャのテーマ〜
    • 10. BLACKTIGER
    • 11. 最後の日
    • 12. R&R IS NO DEAD
    • 13. サラウンド
    • 14. パープルピープル
    • 15. HELLO
    •  
    • ■DISC.10「Z」-
    • 01. 頼みたいぜ
    • 02. Z LIFE
    • 03. デジタルスープ
    • 04. 手島いさむ物語
    • 05. AGONY
    • 06. SAMURAI 5
    • 07. 明日
    • 08. ゆめみら
    • 09. ウルトラヘブン スーパーマイルド
    • 10. オレンジジュース
    • 11. いい雨
    • 12. ライジングボール
    • 13. さらばビッチ
    • 14. 裸の太陽
    •  
    • ■DISC.11「ZII」-
    • 01. 手島いさむ大百科
    • 02. レディオ体操
    • 03. ぶたぶた (ZIIver)
    • 04. いちじく
    • 05. メダカの格好
    • 06. 晴天ナリ
    •  
    • ■DISC.12「イーガジャケジョロ」-
    • 01. イーガジャケジョロ
    • 02. 夢見た男
    • 03. Boys & Girls
    • 04. あなたが太陽
    • 05. 早口カレー
    • 06. We are All Right
    • 07. KEEP ON ROCK'N ROLL
    • 08. 俺のタクシー
    • 09. ユトリDEATH
    • 10. トキメキーノ
    • 11. お前BABY
    • 12. それだけのこと
    • 13. 鳥の特急便
    • 14. Feel So Moon
    •  
    • ■DISC.13「ゅ13-14」-
    • 01. すばやくなりたい
    • 02. オーレオーレパラダイス
    • 03. サンバ de トゥナイト
    • 04. 僕等の旅路
    • 05. 道
    • 06. ハイになってハイハイ
    • 07. マッシュルームキッシュ
    • 08. TEPPAN KING
    • 09. マイホーム
    • 10. CRY
    • 11. エコー
    • 12. 第三京浜
    • 13. 風と太陽
    • 14. フラットでいたい
    •  
    • ■DISC.14 アルバム未収録曲集-
    • 01. ブルース
    • 02. サマーな男
    • 03. 雪が降る町
    • 04. お年玉
    • 05. 忍者ロック
    • 06. はいYES!
    • 07. かきまZ!
    • 08. ギンギラギンのスニーカー
    •  
    • ■DISC.15「半世紀No.5」-
    • 01. 半世紀少年
    • 02. 川西五〇数え唄
    • 03. NEW甘えん坊将軍
    • 04. ゴジュから男
    • 05. ロック! クロック! オクロック!
    • 06. 私はオジさんになった
    • 07. TAIRYO
    • 08. VERTIGO
    • 09. RAMBO N°5
    • 10. 50/50
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside
12月24日@Zepp Osaka Bayside

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。