12月2日@代官山UNIT

12月2日@代官山UNIT

uchuu,、EP『KEEP ON』リリース
ツアーのセミファイナル公演を完遂!

uchuu,が、2017年9月に発表したEP『KEEP ON』のリリースツアー『uchuu, 1st e.p. release tour “KEEP ON” ONEMAN LIVE』も佳境を迎えた12月2日。代官山UNITで東京公演が行なわれた。ステージ奥にはスクリーンが張られ、会場が暗転するとスクリーンに映し出された数字がカウントダウンを始める。観客の期待が高まっていくなか、数字が“00:00”を刻むとバンドが登場。オープニング・ナンバーは2016年にリリースされたアルバム『+1』から「Yellow」だ。サビでメンバー全員がコーラスを歌い、これから始まるライヴに向けてスクラムを組んでいるようにも思えた。ステージ上は、左からHiroshi(Seq&Per)、K(Vo&Gu&Pf&Pr)、Sujin(Ba&Synth)と並び、3人の後ろにAiri(Dr)。2曲目「over myself」で、Kはギターからキーボードに、Sujinはシンセベースにスイッチ。エレクトロニックなダンス・ビートで会場をヒートアップさせ、そのパワフルなグルーヴは続く「TimeLINE」でさらに加速した。

会場がすっかり温まったところでKは再びギターを持ち、ギターのフレーズが印象的な「secretspace」やメロディアスな「am2:35」など、ロック・バンドとしての側面を打つ出すようなナンバーが続く。「secretspace」からスクリーンには映像が映し出されて、VJ chaosgrooveが手掛けた映像とバンド・サウンドがシンクロしながらライヴを盛り上げたが、とりわけ「Keep on living in my music,」「Yes or No」「HELLO」の三連打は強烈だった。ノイジーなギターとダンサブルなビートが入り乱れて、混沌としたエネルギーがフロアを直撃! 観客は飛び跳ねて踊った。そして、ライヴを締めくくったのは高揚感に満ちた新曲「FLY」で、バンドと観客は一緒にコーラスを合唱。その後も拍手は鳴り止まず、観客の声援を受けて、バンドは2回のアンコールに応えた。

この日、『KEEP ON』収録曲をちりばめながら、過去の曲から新曲まで幅広く演奏したuchuu,。エモーショナルなヴォーカルでバンドを引っ張るK。終始、穏やかな笑みを浮かべながらベースを弾くSujin。寡黙ながら全身でグルーヴを感じてパーカッションを叩きまくるHiroshi。小さな身体でダイナミックなドラムを聴かせるAiri。メンバーそれぞれの個性が曲を通じてぶつかり、化学反応を起こしているのがダイレクトに伝わってきて、uchuu,のライヴバンドとしての魅力を見せつけたステージだった。

text by 村尾泰郎
photo by 山本拓未

『uchuu, 1st e.p. release tour“KEEP ON”ONEMAN LIVE』

12月10日(日) 大阪・心斎橋Music Club JANUS

EP『KEEP ON』発売中
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • PECF-9027/¥2,000+税
    • 【通常盤】(CD)
    • PECF-3179/¥1,389+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.Keep on living in my music,
    • 2.over myself
    • 3.未来都市
    • 4.am 2:35
    • 5.TimeLINE
    • ■DVD
    • 1.secretspace
    • 2.HELLO
    • 3.夜間飛行
    • 4.SI(G)N SEKAI
    • 5.未来都市
EP『WHITE』2017年12月6日発売
    • PECF-3194/¥1,389+税
    • <収録曲>
    • 1.FLY
    • 2.Magic
    • 3.東京エソラ
    • 4.My Name is Answer
    • 5.Freedom
12月2日@代官山UNIT
12月2日@代官山UNIT
12月2日@代官山UNIT
12月2日@代官山UNIT
12月2日@代官山UNIT
12月2日@代官山UNIT

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。