asuka ando、新作『あまいひとくち』
のNONCHELEEE描き下ろしジャケット・
デザインが公開 

スウィート・ボイスで恋愛の機微を歌う #メロウすぎるにもほどがある シンガー、asuka ando。その2018年1月6日(土)リリースのニュー・アルバム『あまいひとくち』のカバー・アートと、新たなアーティスト写真が公開された。

アートワークは星野源のツアー・グッズや渡辺直美プロデュースのアパレルへのイラスト提供、みどり荘や代官山蔦屋書店、新宿BEAMS JAPANなどで個展を開催している福岡在住のイラストレーター、NONCHELEEEによる描き下ろしとなっている。


【高橋一(思い出野郎Aチーム) コメント】

甘いひとくちのあとに残ったほろ苦く切ないワンドロップ。
ダブワイズされた儚い想いが人々をやさしく包み込み、やがて街の喧騒に消えてゆく。
全てのミュージック・ラヴァーズの夜にそっと寄り添う、エレガントでロマンチックな極上の傑作メロー・レゲエ・アルバム。

【G.RINA コメント】

たいせつなひとに宛てて、ゆっくりことばを選んでしたためた手紙のように
プライベートでロマンティック。レゲエはオフホワイトの封筒。
きっといくつになっても、このアルバムを聴くたびに
胸の中のおんなのこがハっとしたり、うっとりしたり、身につまされたりしちゃうね。
おとこのこだって、そうでしょ♫

【高木壮太(CAT BOYS、井の頭レンジャーズ) コメント】

まさにNASAレベル!
世界一クオリティの高いレゲエサウンドに
まろやかに溶けきった甘い甘いアスキーの
歌声はおれの中の乙女心を沸騰させます
いやあそれにしてもこのアルバム
あっというまに聴き終わって
鮮やかな余韻を残しますね
リスナーの時間感覚を狂わせてしまう
不思議な構成と心地よいポップ感覚
古典の誕生に立ち会った想いです

【河村祐介 コメント】

レゲエという音楽を媒介にした、この国で生まれた2018年の芳醇なポップ・ミュージックのマスターピースのひとつ。これを見つけた未来のミュージック・ラヴァーズ / ディガーズたちのほくそ笑む姿がいまから見える。(ライナーノーツより抜粋)


【リリース情報】

asuka ando 『あまいひとくち』

Release Date:2017.10.04 (Wed.)
Label:P-Vine
Cat.No.:PCD-25247
Price:¥2,500 + Tax
Tracklist:
1. 今夜がトロピカル
2. あまいひとくち
3. あなただって、そうでしょ
4. ふゆのおわり
5. ミス・アプリコット
6. CHOOSE ME
7. だいすき
8. アツイヨルノウタ
9. かなしいほんと
10. そして

・プロデュース:松本“ARI”龍一(Reggaelation IndependAnce)& asuka ando、Hatayoung(FRISCO
・参加ミュージシャン/エンジニア:松本“ARI”龍一(Gt.)、大石幸司(Dr. / LITTLE TEMPO)、ヤギー(Dr. / TUFF SESSION)、KOUCHIE(Ba. / DUB STATION BAND)、MAH(Ba. / GREEN MASSIVE)、Hatayoung(Key.)、鈴木潤(Key.)、土生“TICO”剛(Steel Pan / LITTLE TEMPO)、外池満広(Key. Rec. Mix / ex. DRY & HEAVY)、北村哲(Key. / ex. DUB STATION BAND)、森俊也(ECHO UNITED、Matt Sounds)、内田伸弥、e-mura(Bim One Productions)

■asuka ando オフィシャル・サイト: www.mellowmoood.com(http://www.mellowmoood.com/)

Spincoaster

『心が震える音楽との出逢いを』独自に厳選した国内外の新鋭MUSICを紹介。音楽ニュース、ここでしか読めないミュージシャンの音楽的ルーツやインタビュー、イベントのレポートも掲載。

0コメント