【向井太一 インタビュー】
タイトルの“BLUE”は
自分の内側の熱さを表したもの

フューチャーR&B、ヒップホップ、エレクトロニカなどのサウンドで、自身から発するメッセージを歌うシンガーソングライター向井太一が、初のフルアルバム『BLUE』を完成させた。新作に込めた彼の想いをたっぷりと訊く!

1stアルバム『BLUE』はどんな作品を目指したのですか?

1stアルバムですし、まずは名刺代わりになるような作品にしようとしました。去年EPをリリースしたんですが、その時は音楽的感度の高い方々にアプローチしようというのをひとつの目標にしてやっていたんです。今回はそれも継続しつつ、もっと広い範囲の方に知ってもらえるような作品にしようと思ってできたアルバムです。メロディー感をもうちょっと分かりやすくしたり、音も前回はデジタルの配分が多かったけど、今は世界的にも生音の配分が増えていたり、僕自身のバイブス的にも生音っぽいのをやりたいと思っていたのでそういう曲が入ったり、よりジャンルの幅も広がりましたね。

“BLUE”というワードはどんなものを表してるのでしょうか?

表題曲の「Blue」と通じてるんですけど、コンセプトとしては青い炎を表現しています。僕はアーティストして一見静かに見えるタイプだけど、内側に熱いものを持っているってイメージですね。あと、アーティストとして風に吹かれても簡単に消えない、芯のある存在になりたいという目標や意思を提示したかったので、アルバムタイトルにしました。

確かに、向井さんのイメージにすごくはまりますね。では、楽曲に触れながら話を聞かせてください。「楽園」は繊細なメロディーで理想に近付きたい想いが歌われた曲ですね。

歌詞の世界観はそういった感じですね。前回のアンビエントな雰囲気やクラブミュージックの要素もありつつ、いいバランスでできた曲だと思います。

ベーシックな話になるのですが、曲作りはどのように進めていくんですか?

今はいろんなトラックメイカー、プロデューサーと作っているんですけど、基本的には“どんな曲をやろう?”って話をして、トラックを作ってもらって、そこに僕がメロディーと歌詞を乗せるかたちが多いですね。

歌詞はどんなインスピレーションを受けて書くんですか?

さまざまですけど、内面を歌ってるものだと基本的には自分の感情が多くて、恋愛の曲は自分の経験と想像の半々です。

「Great Yard」「Blue」など、前に進んでく想いが強く表れてる楽曲も多いですね。

今回のアルバムのもうひとつのコンセプトとして、ネガティブなものからポジティブに変わる力の強さを発信したいというのがありました。自分の中にあるコンプレックスだったり、悔しさ、嫉妬心とか、人間っぽいドロドロした感情から、上に向かっていこうってプラスに変える力ってすごく強いと思うからなんです。ハッピーな人の強さよりも、バネみたいに反発する力が一番強いんじゃないかなと思うので。

なるほど。リード曲の「空 feat. SALU」ですが、SALUさんをフィーチャーしたきっかけは?

もともと僕がSALUさんのすごいファンで、何度かお会いする機会があってお願いしたんです。これはもともとラップを入れる予定じゃない曲を作ってたんですけど、急にラップが欲しくなったんです。その時にフロウの引き出しの多さとリリックの良さ、ちゃんとポップスとして聴かせられる人というので、SALUさん以外考えられなかったですね。“好きにしてください”と曲を渡して、最高のものが返ってきました。歌詞もちょっと対比してる感じになって、ストーリー性がある曲になりましたね。

アルバム本編を締め括るのは、困難を経て未来に向かう想いが描かれたピアノの音色が響く「ONE」ですが、この曲については?

僕の中ではアルバムのアウトロ的な位置付けにしたかったんです。これは震災のあとにすごい感じるようになったことなんですけど、大切な人が亡くなったり、自分が傷付いたり、当たり前の日常を失った人たちが先に進もうとする力ってすごいなって。その分、人にやさしくできるし、自分自身も強くなる、そういうことを書きたいと思ったんです。最後は自分ひとりの感情で進む、全てのことがこれから歩いていく糧になるっていうメッセージの歌です。

では、アルバムが出来上がっての今の感想は?

フルアルバムを出すのはひとつの目標でしたし、楽曲はもちろん、フォトグラファー、アーティストも含め、自分が好きな人たちをセレクトして作れたんです。まさに今の自分が持ってる感性やメッセージが詰まった、自分自身を表した一枚になってるので、すごく思い入れが強い作品になりました。

あと、向井さんの紹介で“シンガーソングライター”と書かれていますが、世間的には弾き語りとかをイメージする人が多いと思います。そう呼ばれることは、ご自身ではどう捉えてますか?

“シンガーソングライター”というのは僕自身が言ったんですよ。自分の内側から生み出した言葉だし、命を削って歌ってるので、そこは恥じずに言っていこうと思ってます。

音のジャンル的にはR&Bやエレクトロニカになるのかもしれないですが、あえてそこに縛られないでいたいと。

そうですね。僕は自分自身をジャンルで定義してないんですよ。というのも、聴いてる音楽も作る音楽もその時々で違うし、それをジャンルで固定して制限するのはすごくもったいないと思っているからなんです。だから、自分のことは“J-POPを歌ってます”って言ってるんです。実際、トラックの音色やビート感でジャンルは限られるけど、歌に関してメロディーはR&Bじゃないし。

確かにそうですね。

僕はメジャーのポップシーンにも行けるし、クラブとかインディーズとかコアなイベントにも行ける。でも、どこにいても“ちょっと違うぞ”と思わせる人になりたくて。どこにも行けるけど、他の誰とも違う、そういう存在になっていけたらいいなと思ってます。

取材:土屋恵介

アルバム『BLUE』2017年11月29日発売 TOY’S FACTORY
    • TFCC-86626
    • ¥2,500(税込)

『向井太一 “BLUE” TOUR 2018』

1/13(土) 大阪・心斎橋VARON
1/19(金) 東京・渋谷WWW

向井太一 プロフィール

ムカイタイチ:1992年3月13日生まれ、A型。福岡県出身のシンガーソングライター。幼少期よりブラックミュージックを聴きながら育ち、“洋楽と邦楽の間の言葉選び”という概念に強い影響を受ける。2010年に上京。ジャズとファンクをベースとしたバンドのヴォーカリストとして活動後、13年よりソロアーティストに転向。自身のルーツであるブラックミュージックをベースに、エレクトロニカ、アンビエント、オルタナティブなどジャンルを超えた楽曲、さらに“日本人特有の言葉選び、空間を意識した音作り”で常に進化を続けている。向井太一 オフィシャルHP

「空 feat. SALU」MV

「Can't Wait Anymore」MV

「FLY」MV

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

13コメント
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/86GKAJZu8s
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/PK5AApA1vU
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/IiL5IZNZ02
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/zYZCZSHPVZ
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/fNueSefBGk
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/9Kue4cPAPm https://t.co/QI28iWOsPK
  • RT @OKMusicOfficial: 【Interview】向井太一 フリーマガジンokmusic UP's 11/20発行号にも掲載中の11/29リリースのアルバム『BLUE』のインタビューを公開しました! https://t.co/wAUhUJpJ1C #向井太一 ht…
  • RT @OKMusicOfficial: 【Interview】向井太一 フリーマガジンokmusic UP's 11/20発行号にも掲載中の11/29リリースのアルバム『BLUE』のインタビューを公開しました! https://t.co/wAUhUJpJ1C #向井太一 ht…
  • RT @OKMusicOfficial: 【Interview】向井太一 フリーマガジンokmusic UP's 11/20発行号にも掲載中の11/29リリースのアルバム『BLUE』のインタビューを公開しました! https://t.co/wAUhUJpJ1C #向井太一 ht…
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/Sws0B9LhXr
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/XEO5Plnja6
  • 【向井太一 インタビュー】タイトルの“BLUE”は自分の内側の熱さを表したもの https://t.co/d1pNg9UU1Y
  • 【Interview】向井太一 フリーマガジンokmusic UP's 11/20発行号にも掲載中の11/29リリースのアルバム『BLUE』のインタビューを公開しました! https://t.co/wAUhUJpJ1C #向井太一 https://t.co/tntxmFSQ2R