【A Barking Dog Never Bites
ライヴレポート】
『LIBOWTY release party
ONEMAN SHOW』
2017年11月4日 at 池袋Black Hole

 とことん焚き付け、とことん踊らせる。ラウド/ミクスチャー界の狂犬A Barking Dog Never Bitesの最新ミニアルバム『LIBOWTY』レコ発初日はワンマン。彼らは派手な電子音などを排除し、あくまで人力で勝負する肉体派サウンドが特徴。その意味で90年代のスピリットを継承した男臭さを持ったまま、脳天と肉体を揺さぶる多彩な攻撃力に長けている。この日はそれを過不足なく見せつけるかたちとなった。

 Ryo(Vo)、Wataru(Vo)、Sow(Gu)、Talow(Ba)、Kizuki(Dr)のメンバー5人が揃うと、最新作から「ReBowty」「クラックティーンエイジャー」の2連打で幕開け。スクリーム担当のRyo、クリーン担当のWataruのツインヴォーカルを武器に、ヘヴィでダイナミックなサウンドを叩き付けていく。序盤からサークルモッシュが勃発し、早くもフロアーは沸騰状態だ。中盤も矢のように楽曲を畳み掛け、ハンドクラップ、ツーステップ、ヘドバンなど観客に多様な遊び方を提示。

 後半は「My Name is.」も放ち、躍動感とパーティー感を直結させた華やかなグルーブ感も冴えていた。本編はメンバーも“あっと言う間”とこぼすほどの駆け抜けっぷり。アンコールに応え、“全部ここに置いていくから、踊り狂え!”と煽ると、「Diamond」「Black out」を披露。フロアーをもみくちゃにするカオティックな光景を作り上げ、全16曲を見事に走破。ラウドにキャッチーにダンサブルに振り切った破壊力のある音像は、今後のツアーでさらに磨き抜かれることだろう。

撮影:渡辺 翔/取材:荒金良介


セットリスト

  1. 1.ReBowty
  2. 2.クラックティーンエイジャー
  3. 3.BeBelieve
  4. 4.Voice
  5. 5.Last Train
  6. 6.Endrphin
  7. 7.Hello Mr.Geek
  8. 8.Blue Bird
  9. 9.My Name is.
  10. 10.Doubt
  11. 11.Forget in a Moment
  12. 12.Bring It On
  13. 13.Swamp Bury the Man
  14. 14.New Age
  15. <ENCORE>
  16. 1.Diamond
  17. 2.Black out
A Barking Dog Never Bites プロフィール

ア・バーキングドッグネバーバイツ:2010年結成。打ち込みや同期を一切使わず、5人の個性が凝縮された、どこまでも生々しく不純物の一切ないライヴサウンドにこだわる。脳裏を刺激する予測不能なアンサンブルの中で縦横無尽に飛び交うスクリーモとメロディー、そして身体の稼働域を越えた圧巻のパフォーマンスは、全国各地のライヴハウスを凶暴なダンスフロアーに変えてしまう。A Barking Dog Never Bites オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。