【宮野真守 ライヴレポート】
『MAMORU MIYANO LIVE TOUR
2017 〜LOVING!〜』
2017年10月15日 at 横浜アリーナ

 夢と愛のあふれる世界へと誘うライヴツアー『LOVING!』の終盤。ペンライトで埋め尽くされた横浜アリーナの客席を見つめながら、宮野真守は“ずっとやりたかったテーマだったんです”と感慨深げに呟いた。その想いを果たすべく、彼が支配人となってコミカルに誘うアメコミ風のオープニング映像から開園した“マモランド”は、まさしくスペクタクルな演出が満載。映像とリンクして無数のシャボン玉が舞い踊る中から客席最後方に登場すると、“ようこそ『LOVING!』へ!”と手を振りながらステージに向かい、移動式ステージでアリーナを縦断して初っ端から度肝を抜く。Elements Garden全面協力のもとエレガントに編曲された「シャイン Prince Mix」では、その名の通り王子様然としたパフォーマンスでノーブルに魅せながらも、ジャケットを捲くり上げて素肌をさらすセクシーな場面も。舞台上でドライブして心地良い“夏”感を演出する「Uhh」、ビートの利いたダンスチューンに赤いペンライトが一斉に振られて赤い照明と一体化する「Now and Forever」と、8月に発表されたアルバム『THE LOVE』収録の新曲で、色とりどりな情景を次々に展開してくれる。

 しかし“愛”をテーマに、ライヴを想定して作られたアルバムの本領発揮はここから。ドゥーワップで手拍子を呼びながら腰を揺らし、ニャンニャンポーズで微笑んでセクシーとキュートの両極を同居させる「僕のマニュアル」を挟んで、恒例のバラードコーナーへ。吐息交じりで子守歌のようにしっとり聴かせた「愛溢れる」に、ピアノ中心のアレンジで切なさMAXの「HOW CLOSE YOU ARE」。さらにダンサブルな定番曲をアダルトに一変させて、ピンクに輝くペンライトの海を渡った「Kiss×Kiss」と、オーディエンスへの愛情をエモーショナルに爆発させて場内を魅了する。だが、単に“カッコ良い”だけで終わらないのが宮野真守。バラードタイムの最中にはバンドメンバーと愛を告白し合ったり(笑)、続くスペシャルムービーでは凝りに凝ったミュージカル仕立てでコメディへの愛を真剣に歌い上げて、客席を抱腹絶倒の渦に! リアルな大作ミュージカル経験を、こんなところでも全力で活かす真摯な姿勢には脱帽だ。

 次々に衣装を替えて楽曲のムードをより引き立てながら、近未来風のモノトーン衣装で登場したラストブロックでは「恋されガール」でダンスレクチャーを行ない、会場の全員で踊るシーンも。かと思えばデジタリックなハードチューン「TRANSFORM」ではジャケットを脱ぎ捨て、衣装の胸元を掴み、勢いよくはだけさせて黄色い悲鳴を浴びまくる。アリーナ中央に設置されたセンターステージに移動してからは、さらに怒涛のクライマックスへ。ご当地ワードをコーラスに組み込んだ「SHOUT!」では、なんと横浜アリーナの公式キャラクター“ヨコアリくん”が登場してペンライトを振ったり、一転「The Birth」ではギター&ベースのメンバーと絡んで、ロックかつドラマティックなパフォーマンスで観る者を酔わせまくった。そして“みんなの笑顔に会うと、頑張ろうと思えます。その想いを込めて書いた曲です。僕に力をください! そして、僕からはみんなの明日のためにパワーを送りたいと思います!”とラスト曲「POWER OF LOVE」に至ると、場内は瞬く間にペンライトの白い光でいっぱいに! その純白の景色と、ゴスペル調の楽曲にオーディエンスの大合唱が加わった厳かな響きには、互いを信じ合う“愛”の波動が確かに感じられた。

“たくさんの人に笑顔を向けてもらえる、声をかけてもらえる。本当に感謝してます”。そんな想いを込めたアルバム『THE LOVE』を具現化せんと、その後アンコールを“LOVING!”の大合唱で締めくくるまで、実に3時間にわたって笑顔を絶やさなかった宮野真守。役者、声優、歌手、そしてその全てを包括したエンターテイナーとして、妥協なき道を進む彼の挑戦は続く。

撮影:上飯坂 一/取材:清水素子


セットリスト

  1. 1.EVER LOVE
  2. 2.シャイン Prince Mix
  3. 3.スーパーノヴァ
  4. 4.Uhh
  5. 5.テンペスト
  6. 6.Now and Forever
  7. 7.僕のマニュアル
  8. 8.愛溢れる
  9. 9.HOW CLOSE YOU ARE
  10. 10.Kiss×Kiss
  11. 11.Space Travellers
  12. 12.恋されガール
  13. 13.TRANSFORM
  14. 14.SHOUT!
  15. 15.The Birth
  16. 16.POWER OF LOVE
  17. <ENCORE>
  18. 1.Crazy Wonder Night
  19. 2.J☆S
宮野真守 プロフィール

ミヤノマモル:『DEATH NOTE』『機動戦士ガンダム00』『ポケットモンスター ベストウイッシュ』『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』『ちはやふる』などのアニメ作品に加えて、『ファンタスティックビーストと魔法使いの旅』などの吹き替えにも出演する人気声優。2008年よりアーティスト活動をスタート。声優、俳優の現場で培った豊かな表現力と類い稀な歌声、そしてダンスを駆使した高いライヴパフォーマンス力を武器に、独自のエンターテインメントを追求し続けている。宮野真守 オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」