【あなたは大丈夫?】Da-iCEのファン
    が気を付けるべきライブでのマナーを
    まとめてみた!

    Da-iCEのファンが気をつけるべき、ライ
    ブでのマナーとは?

    Da-iCE】LIVE TOUR 2017 -NEXT PHASE-✨本日、ベイシア文化ホール 大ホール(前橋) 開演18時。当日券は16時半までWEB予約受付中!→https://t.co/flBDDj2bAa 17時~会場販売予定! pic.twitter.com/QEqD4ftGt2
    — ディスクガレージ (@diskgarage_web) October 7, 2017

    2011年の結成から着実に人気を獲得し、2017年には日本武道館での公演も成し遂げるなど、現在最も勢いのある男性グループと言っても過言ではないDa-iCE。
    彼らのライブも当初のライブハウス規模からホールクラスへとキャパシティが上がっており、それに伴いファンの数もこれから更に増えていくことでしょう。年末には神戸・ワールド記念ホールと幕張メッセ・イベントホールでのライブも決定しており、関東のみならず関西でもアリーナ規模の人気になっています。
    人気が上がるにつれ、当然ながらファンも増えます。そんな中、マナーについて熟知しているファンもいれば、そうではないファンも、両方増えてくるでしょう。
    そんな状況でそんなDa-iCEのファンが気を付けるべきライブのマナーについてご紹介します。

    Da-iCEのライブでのファンマナーその(1
    )アイテム

    『Da-iCE LIVE TOUR 2017 -NEXT PHASE-』ペンライトに関する大切なお知らせ
    いつもDa-iCEのライブにご来場頂きありがとうございます。本公演では皆様のペンライトも大切な演出の一部となっております。ライブを一層楽しんで頂く為にもご協力お願致します。 pic.twitter.com/LJ9BBWCanB

    — Da-iCE STAFF【公式】 (@Da_iCE_STAFF) October 1, 2017
    Da-iCEのライブでの定番のアイテムといえば、ペンライト。他のアイドルだと定番ですが、うちわはあまり使われないそうです。その代わり、ボードやタオルが多いとか。

    活動初期からしばらくの間はライブハウスをメインに活動しており、キャパシティがホール・アリーナクラスになってからもライブハウスを大切にしているということから、「Da-iCEはアイドルではない」という考えのファンも多いことから、タオルのみ使用するファンもいるとか。

    ペンライトは公式のものを

    Da-iCEのライブでは公式でペンライトが販売されており、赤外線通信によって光をコントロールする仕様となっているため、演出に統一感を持たせることにも重視しているため、ライブの際はこちらのペンライトを使う事が推奨されています。

    また、電池が弱まり光量が減ると明暗が分かれてしまい統一感が出づらくなってしまうため、電池は2公演(8時間)に1回のペースで交換することが推奨されています。

    複数公演に参加される方は、しっかりと電池の残量と光量を把握してから参加したいですね。

    持ち込み制限

    公式でいくつか設定・持ち込みが制限されている物があります。
    まず、『ボード』、『風船』、『イベントのオフィシャルペンライト以外のペンライト・光物』の持ち込みは禁止となっています。
    前述の通り使う方は少ないですが『うちわ』や、『タオル』を持って応援するときは、自分の周りのファンの迷惑にならないように注意が必要です。
    また、自分の胸よりも高い位置での応援や、うちわを前後左右に大きく振っての応援、タオルを横に広げての応援は、自分の周りのファンの迷惑になるだけでなく、隣のや前の席、後ろの席などの人にぶつかってケガをしてしまうかもしれませんので禁止です。
    また、大きなボード・通常サイズ以上のうちわや、そのほかの垂れ幕、風船、非公認グッズ(無断で販売されているもの)を会場内に持ち込むことも禁止となっています。
    当然のことですが、オフィシャルグッズ以外で非公式にDa-iCEメンバーの画像を使用した応援グッズは、販売されている、いないものに限らず、会場内へ持ち込んだり、応援に使用することはできないので注意してください。仮にそのグッズを使用した場合、係員や警備員に没収される可能性もあります。
    持ち込んでいいもの、持ち込んではいけないものをしっかりとチェックし、許可されたグッズ以外の物は持ち込まないのも、ファンとしてのマナーの一つでしょう。

    Da-iCEのライブでのファンマナーその(2
    )服装

    『Da-iCE LIVE TOUR 2017 -NEXT PHASE- 』
    本日、群馬県・ベイシア文化ホール 大ホールでは14:30からグッズ先行販売致します♪会場限定グッズ「TOUR DATE TAG」ベイシア文化ホールの色は・・・パリスピンクです。是非遊びにきてください☺︎ pic.twitter.com/B5WYsntMso

    — Da-iCE STAFF【公式】 (@Da_iCE_STAFF) October 7, 2017
    基本的には服装に制限やルールはありませんが、いくつか気を付けるべきマナーはあります。

    ヒールや厚底は節度を守って

    コンサート会場は暗いこともあり(特に開演後)、会場にかかわらず階段や段差などが多いので意外と足元が危険なもの。
    スタンディングでのライブはもちろん、ホールやアリーナ級の会場でもそれは変わりません。ライブ観戦中は知らず知らずのうちに自分の座席から離れていってしまうこともあり得ます。そんなときにヒールを履いていて、もし周りにいる人の足を踏んでしまうのはとても危険です。
    過去にはスタンディングのライブハウスでの公演でヒールを履いていた他のファンから足を踏まれ、複雑骨折してしまった例もあるそうです。
    そのため、ヒールは避けるのがマナーでしょう。
    また、ライブハウスやアリーナライブでのアリーナ席などで厚底の靴を履いていると、後ろのお客さんの視界を極端に妨げてしまうことにもなりかねないので、これも避けたいところです。
    せっかくのライブですのでお洒落をしたい気持ちも分かりますが、そのためにケガをしてしまったり、周りに迷惑をかけてしまうことはDa-iCEメンバーや運営側にも迷惑をかけることになります。
    安全にコンサートを楽しむためにも、過度に底が高い靴やヒールなどの危険な靴はマナーとして避けた方が良いでしょう。
    以上の服装を心がけ、心からライブを楽しみましょう!

    Da-iCEのライブでのファンマナーその(3
    )ライブ中のマナー

    めんさんの ブログの訳
    Da-iCEが 始まる前の方達の時に
    まだ Da-iCEじゃないけど
    〇〇〜とか Da-iCE〜とか
    コメントしてて それでみたいな、、

    6面マナー悪いって
    コメントも されてた件
    次回から こうゆうの無くなるといいな、、

    — 🍓ⓜⓘⓢⓐ🍓 (@m_suzzz) January 11, 2016
    何カ月も前からチケットを取ったり、遠征の場合は交通手段やホテルなどを確保し、やっと当日Da-iCEのライブを見られるとあれば、気持ちが盛り上がるあまりに、ついつい我を忘れた行動をとってしまいがち。

    大好きなDa-iCEを目の前にしたら、自分を抑えられなくなってしまう!!という気持ちもファンなら理解できますが、みんながその想いのままに好き放題してしまったら大変なことになってしまいますよね。

    ファンもDa-iCEと一緒にライブを作り上げていく一員だという自覚を持ち、マナーを守ってみんなが楽しめる雰囲気づくりを心がけましょう。

    携帯電話・スマホの電源はOFFに

    Da-iCEだけではなく、どのグループのライブでも会場内では携帯電話・スマートフォンなどの通信機器の電源は切りましょう。

    マナーモードやサイレントモードにすればいいのでは?という声も耳にしますが、通信機器が原因で音響機材などに影響が出たり、メンバーが付けているイヤーモニター(イヤモニ)に雑音が入ったりと、コンサートの進行に悪影響を及ぼす恐れもありますので、必ず電源は切りましょう。

    録音や撮影は禁止です!!

    邦楽のライブにおいての常識ですが、Da-iCEのコンサートでも録音・録画などの行為は禁止されており、見つかった場合は強制退場となることもあります。

    公演前や公演後に会場内の様子を撮影するのも同様に禁止されていますので、それも守りましょう。

    Da-iCEに限らず、基本的にはライブでの録音機器や撮影機器の会場内への持ち込みは禁止です。

    入口でそういった機器のチェックがある場合もありますが、持っている場合は入り口で係りの人に預けるようにしましょう。

    アーティストの権利を守るための大切な決まりなので、みんなでしっかり守っていきましょう。

    座席の移動は禁止

    ライブ中にメンバーが近くに来ても、メンバーに駆け寄ったり席を移動したりするのはやめましょう。

    人が密集しているライブ会場では本当に危険な行為です。

    それによってライブが中断することも考えられますし、もしもケガ人が出てしまった場合、ライブ自体が中止になってしまうことも考えられます。

    また、サイン色紙・サインボールや銀テープなどの落下物が落ちてきた際に席を移動して取りに行くのも危険ですので禁止です。

    ファンを喜ばせるためにライブの演出でファンがケガをした場合、Da-iCEだけでなくスタッフにも迷惑が掛かります。しっかりマナーを守りたいですね。

    声を出すときはタイミングが大事?

    コンサート中に自分の大好きな曲が始まると、テンションが上がって大きな声でセクゾと一緒に歌ってしまう・・・なんてことはありませんか?

    しかし、これも他の人の迷惑になることがあります。

    Da-iCEの歌声を聞きたいのに、隣のお客さんの声が大きくて聞こえなかったなんてことになったら、せっかくのコンサートも台無しになってしまいます。

    どうしても一緒に歌いたい!!という時は小さな声で口ずさむ程度にしておきましょう。特にバラードなどの静かな曲では注意が必要です。

    また、MC中や曲と曲の合間にメンバーの名前を大きな声で叫ぶのもマナー違反になりますので注意しましょう。

    コール&レスポンスなどセクゾにあおられた時や、アンコールする時は大きな声を出しても大丈夫です。

    規制退場はマナーというよりルールです。

    アリーナなどの大会場では、ブロックごとに退場する規制退場というものがあります。

    というのも、アリーナでのライブのように大きなライブ会場にたくさんの人が集まっている中で、全員が一斉に退場するのは危険な行為です。

    規制退場は、ファンが安全に会場を出られるようにと行ってくれているものです。

    全員がケガなく安全にコンサート会場を出られるように、規制退場の指示には必ず従いましょう。

    追っかけや出待ちは絶対にやめましょう。

    コンサート会場付近や駅・空港などでの出待ちや追っかけは絶対にやめましょう。

    Da-iCEメンバーや関係者はもちろん、周辺の住民や一般の利用客の方々など、関係のない方にも非常に迷惑な行為です。

    ファンが軽い気持ちで行ったマナー違反で、Da-iCEのイメージが悪くなることもあります。

    Da-iCEのためにもマナーやルールをしっかり守って、誇れるファンになることを心がけましょう。

    Da-iCEの関連記事

    【人気沸騰中!】Da-iCE(ダイス)とは?5人のメンバープロフィールまとめ

    2017年もDa-iCEがアツい!Da-iCEのライブツアー「Da-iCE LIVE TOUR 2017 -NEXT PHASE-」概要まとめ!

    Da-iCEのファンクラブに入会したい!「a-i」の入会方法からうれしい特典内容をご紹介♡
    出典:ソザイング

    Da-iCEのライブでのファンマナーまとめ

    【Da-iCE #和田颯 のラジオ始めました。】実は、本日の群馬公演の楽屋で工藤大輝さん&岩岡徹さんとコーナー収録しました!10/15(日)19:00~オンエアです◎そしてインタビューに答えて頂いた皆さん有り難うございました!#ハヤラジ リスナーたくさん♡ライブも最高でした! pic.twitter.com/4uFkflJhHL

    — 86.3 FM GUNMA広報 (@fmgunma) October 7, 2017
    いかがでしたでしょうか?

    今、人気急上昇中のDa-iCEファンが気を付けるべきマナーや注意点をご紹介しました。

    様々なルールがありますが、これらをきちんと守ることで心から楽しめるライブになるでしょう。

    誰にも迷惑をかけないようにして最高の思い出を作りましょう!

    アーティスト

    LiveFreak

    ライブフリークはJ-POP、J-ROCKの最新ライブ情報を毎日配信中

    0コメント