【androp】
『androp presents “A+”』
2017年9月23日 at 渋谷CLUB QUATTRO

 結成から8年かけて構想し、ようやく実現できたというandrop初の対バンツアー『androp presents “A+”』。最終日の渋谷CLUB QUATTRO公演は東名阪全カ所に参加したFLOWER FLOWERとの2マンとなり、まずは彼らが巧緻かつアンニュイなアンサンブルで満員のフロアーを魅了する。中でもyui(Vo&Gu)の澄んだ、それでいて芯のあるエモーションを備えたヴォーカルが時にリリカルに、時にパワフルに響きわたる様は、3年半振りにライヴ活動を再開させたばかりとは思えぬほど。途中andropの「One」をカバーした際には、内澤崇仁(Vo&Gu)が乱入するというレアすぎるシーンでも人々を沸かせた。

 そのandropは「Strobo」を皮切りに、アッパーかつポジティブな楽曲を畳み掛けて、序盤からフロアーをヒートアップ。一方で穏やかに切ない「Ghost」、美しいアルペジオが印象的な「BGM」では、演奏する当のメンバーまでもが音に没入して、極上のグルーブを堪能させてくれた。軽快なビートとうねるベースに心は躍り、まさしく“あなたに届くように心から歌います”と贈られた「Sunrise Sunset」のサビ《愛に踊るだけ》の通りである。

 内澤曰く“今年はチャレンジする年にしたい”とのことで、アンコールではInstagramを通じて彼が制作したというバラード「Tokei」を弾き語り。12月に東京・大阪で初のビルボードライヴを行なうことを発表すると、最後はyuiを呼び込み、なんと「CHE.R.RY」を原キーでセッションするというサプライズが! 内澤のキュートなハイトーンとyuiの甘い歌声の共演に大興奮のフロアーでは、まさかの選曲に涙も見られ、音楽が叶える奇跡を実感させてくれた。

撮影:橋本塁(SOUND SHOOTER)/取材:清水素子

androp プロフィール

アンドロップ:2009年12月に1st アルバム『anew』でデビュー。ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチとその傑出した音楽性でシーンに頭角を現す。数々の映画やドラマ主題歌、CMソングを手掛けるなど、楽曲の注目度は高い。内澤は楽曲提供も多く、「カタオモイ」(Aimer)や「アイオクリ」(The STROBOSCORP)、「ストーリーボード」(上白石萌音)など高い評価を得ている。androp オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」