2018年ブレイク間違いなし!知ってお
くべきアーティスト8選

まだ振り返るには早いですが、2017年の日本の音楽シーンは上半期だけでもかなり面白いものでした。世界的な音楽の流れと共鳴するような作品も、日本独自の音楽をさらに深化させていった音楽も、たくさん生まれていた気がします。

さて、今回この記事では今年、来年とメジャーシーンでさらにブレイクしていくであろうおすすめのアーティストを8組セレクトしてみました。各アーティストにはそれぞれおすすめの楽曲をYouTubeでひとつ貼り付けているので、ぜひお気に入りの音楽を発見してみてください。




1.神様、僕は気づいてしまった

突然邦楽シーンに現れ、デビューシングル『CQCQ』はYouTubeで既に1200万回再生を記録。サマソニではRAINBOW STAGEの会場に入場規制がかかるなど今一番ノリにのっている正体不明のバンド・神様、僕は気づいてしまった。どこのだれか(Vo/G)の唯一無二のハイトーンボイスがさらに日本をざわつかせることは間違いないでしょう。
神様、僕は気づいてしまった『CQCQ』(Official Video)



2.緑黄色社会

人気音楽番組「関ジャム」でピックアップされるなど日に日に話題性が高まっているのを感じるバンド・緑黄色社会。School Food Punishmentを思い起こさせるような疾走感あふれるサウンド、長屋晴子(Vo)の力強く優しさにあふれる歌声、ポップセンス抜群のメロディーライン、どれをとっても最高です!
緑黄色社会『始まりの歌』(Official Video)


3.ヨルシカ

n-bunaとsuisによるグループ・ヨルシカ。日本の夏の情景を強く感じさせるn-bunaのサウンド、歌詞、世界観。suisの力強くも儚い歌声が奇跡のように溶け合いめぐり合い、素晴らしい音楽として結実しています。今年6月に発売された1stミニアルバム『夏草が邪魔をする』の完成度は素晴らしく、もはや名盤と呼んでも差し支えないでしょう。
ヨルシカ『靴の花火』(Official Video)


4.LUCKY TAPES

今の100倍評価されても良いアーティストだと思います。星野源、ゲスの極み乙女、Suchmosなどブラックミュージックをうまく昇華した音楽性を武器にブレイクしたアーティストが続いていますが、何かひとつのきっかけがあればLUCKY TAPESもさらに跳ねていくはず。『レイディ・ブルース』のアレンジ力の高さをまずは聴いてみてください。
LUCKY TAPES『レイディ・ブルース』(Official Video)
2018年ブレイク間違いなし!知っておくべきアーティスト8選はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。

新着