「REBORN」MV

「REBORN」MV

山下達郎、新曲「REBORN」MVに女優の
門脇麦が出演

9月13日(水)にリリースされる山下達郎の記念すべき通算50枚目となるシングル「REBORN」。映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』主題歌としても話題の同曲のMVが遂に公開となった。

「REBORN」は全世界累計800万部を突破し、「東野圭吾作品史上、最も泣ける感動作」と高い支持を受けている原作の映画化作品『ナミヤ雑貨店の奇蹟』のために山下達郎が書き下ろした楽曲で、原作で登場する「再生」という曲を映画で「REBORN」として具現化するという非常に難しい作業を経て誕生した感動の名バラード。

映画の物語は、郵便受けを介して過去と現在が繋がるナミヤ雑貨店が舞台。過去から悩み相談の手紙が届く不思議な場所だ。悩み相談をしてきた一人、プロのミュージシャンを目指していたが、なかなか芽が出ない魚屋の息子・松岡克郎(林遺都)は、ナミヤ雑貨店とのやり取りを通して、家業を継がず自分の才能を信じ続けて生きることを決断する。彼が葛藤の中作りあげたのが名曲「REBORN」だ。彼が慰問で養護施設に訪れ「REBORN」を披露したとき、そこにいた音楽の天才少女セリ(門脇麦)。セリは「REBORN」に感銘を受けるも、その夜施設が火事になり、克郎は逃げ遅れたセリの弟を助ける為に火の中へ飛び込み、志半ばにして亡くなってしまう。その後日本を代表するミュージシャンに成長したセリは生きる限り、克郎への恩返しの為に「REBORN」を歌い続ける…。「REBORN」は主題歌としてだけなく、過去から現在へ歌い継がれている楽曲として、映画の主軸となっている。

この物語を具現化した「REBORN」のMVは映画の世界観を踏襲し、『ナミヤ雑貨店の奇蹟』を監督した廣木隆一が撮影を行なった。映画にも出演している新進気鋭の女優、門脇麦を起用。亡くなった父親との思い出を噛みしめながら、父親への感謝を胸に前向きに生きようとする一人の女性を熱演、映画・そして楽曲のテーマである、時代を超えて受け継がれる<想い>を表現した感動の作品となっている。このMVの撮影は8月上旬に富士山にて行なわれたが、当日は奇しくも門脇麦の誕生日。スタッフからアウトドア用のハットをプレゼントされ、山登りの好きな門脇麦は大変喜んでいたとのこと。

また劇中でセリ(門脇麦)が歌う「REBORN」もこのたび山下達郎のCDに収録が決定。山下達郎のオリジナルとはアレンジが異なり、アコースティックギターを基調としたサウンドにセリ(門脇麦)の透明感のある歌声が乗り、シンプルながらも楽曲の良さを心地よく感じられる素晴らしい楽曲となっている。尚、山下達郎の作品を他者が歌う音源が収録されるのは初の試みとなる。劇中でも使用されたシーンを中心に再編集されたセリ(門脇麦)のMVも制作されているので、こちらも是非注目してほしい。

■映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』公式サイト
http://namiya-movie.jp/

山下達郎/「REBORN」MV

セリ(門脇麦)/「REBORN」MV
https://youtu.be/GMUiipgOPVY

シングル「REBORN」2017年9月13日(水) 発売
    • WPCL-12715/¥1,200+税
    • <収録曲>
    • 1. REBORN ※映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」主題歌
    • 2. REBORN -Vocals by セリ(門脇麦)-
    • 他全7曲収録予定
「REBORN」MV
「REBORN」MV
シングル「REBORN」

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着