柴田淳、ニューアルバム「私は幸せ」全収録曲名発表!

柴田淳、ニューアルバム「私は幸せ」全収録曲名発表!

柴田淳、ニューアルバム「私は幸せ」
全収録曲名発表!

シンガーソングライター“柴田淳”が、自身が担当するTOKYO FMのレギュラー番組“antenna*柴田淳のドクハク”(http://www.tfm.co.jp/dokuhaku/、毎週日曜日21時~21時30分放送)の27日(日)放送の番組内で、
9月20日(水)にリリースする約2年8ヶ月ぶり、自身11枚目のニューアルバム「私は幸せ」の全10曲の収録曲タイトルを発表、そしてリードトラック「両片想い」が初オンエアされた。

柴田淳自身が「優しい歌はありません」と語っているこのアルバムに収録されるのは、1曲目『理由』、2曲目『両片想い』、3曲目『轍』、4曲目『手のひらサイズ』、5曲目『嫌いな女』、6曲目容疑者ギタリスト 〜 拝啓、王子様☆第四話 〜』、7曲目『誰にも言わない』、8曲目『いくじなし』、9曲目『バースデー』、10曲目『Present』の全10曲。そして番組内で、初めてではない結末まで知り尽くしている恋のダメパターンを、また繰り返してしまった大人の女のため息が歌になった、アルバムのリードトラック『両片想い』が初オンエアされた。そしてこの曲の30秒試聴音源が「私は幸せ」作品スペシャルページ
http://www.jvcmusic.co.jp/shibatajun/shiawase/)にて公開されているのでこちらもチェックして欲しい。また同番組内で新曲の音源が随時初オンエアされていく予定もあるので、楽しみにしてもらいたい。

そして作品ページでは、「タワーレコード」「TSUTAYA」「HMV」「山野楽器」「Amazon」にて、アルバム「私は幸せ」購入者に先着でプレゼントされるオリジナル特典のポストカードの絵柄も公開された。ここにデザインされている写真はすべて異なり、しかもアルバムブックレットや初回限定盤封入のフォトブックには使用されていない絵柄が使用されているので、柴田淳ファンであれば全種類揃えたくなるアイテムだ。

アルバムタイトル、アーティスト写真、商品仕様、ジャケット写真、収録楽曲タイトル、チェーン店別オリジナル特典ポストカード、そしてリードトラック『両片想い』の初オンエアと、徐々に全貌が明らかになっていくニューアルバム「私は幸せ」だが、この後もファンが喜ぶ発表が控えているので、期待して待っていて欲しい。

柴田淳 コメント

言霊があるように、歌にも魂が宿ってしまうのでしょうか。実体験を歌にすることのほかに、想像で失恋の曲を書いていることもあります。それが、本当に現実になってしまうんですよね。『両片想い』は、こんな体験はしたくないくらい切ないです。一人で生きていけるってそっちに頑張ろうとしないで、素直になる方を頑張りたいですよね。歌いながら思ってました。私のような立場の女性たちに、とにかく聴いてほしいです。そして、柴田淳といえば、ポストカードですよね!今回はジャケットに使用しなかった衣装のバージョンもありますので、ポストカードのバージョンでも沢山悩んでいただければ嬉しいです。

■ ニューアルバム「私は幸せ」作品スペシャルページ
http://www.jvcmusic.co.jp/shibatajun/shiawase/

■ オフィシャルホームページ
https://www.shibajun.jp/

ポップシーン

ポップシーンは、ポップカルチャーからカウンターカルチャーまで、流行にとらわれない独自の目線で、編集部オススメのピックアップ記事や、インタビュー、ライブレポートなど、音楽を中心としたカルチャー情報をお届けするFANZINEスタイルのウェブメディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着