新山詩織 × Chara、MVは岩井俊二監
督によるワンカット撮影「まるで物語
のワンシーン」

新山詩織が9月6日、ニューシングル「さよなら私の恋心」をリリースする。同作のミュージックビデオShort ver.がオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開された。
楽曲「さよなら私の恋心」はサウンドプロデュースおよび楽曲提供でCharaが参加したナンバーだ。ミュージックビデオの監督を務めたのは映画『スワロウテイル』で知られる岩井俊二監督。
映画『スワロウテイル』が公開された1996年は新山詩織の生まれ年だという。その数年後、父親に薦められて観た同作に感動し、同時に初めて聴いたYEN TOWN BANDの「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」にも魅了された。新山は後に音楽フェスで初めてCharaのライブに参加し、「Swallowtail Butterfly~あいのうた~」を生で聴いたそうで、そのときのことを「会場を一瞬にして包み込む歌声と楽曲の力、パフォーマンスに感動した」と語っている。
岩井俊二監督の起用は、それら出会いが重なってオファーしたもの。デモ音源を聴いた監督がこれを快諾して今回のタッグが実現することとなった。撮影は2017年6月、新山自身初のワンカットで行われた。その内容は、歌詞で歌われている主人公の心象風景を10数人の女性キャストとともに表現、新山詩織の新たな一面を岩井俊二監督が引き出した映像に仕上がっているとのことだ。以下、新山詩織と岩井俊二監督から到着したコメントをお届けしたい。
   ◆   ◆   ◆
「楽曲を聴いていろいろ想像力を掻き立てられ、気がつけば頭の中に浮かんだイメージ通りに仕上がった気がします。
「さよなら私の恋心」をいろいろな女性に演じさせるという、やや過剰かもしれない演出がポーカーフェイスな詩織さんとは絶妙な化学反応になる気がしました」──岩井俊二監督
   ◆   ◆   ◆
「ずっと憧れていた岩井さんの描く世界に自分がいることが、今でも夢のようです。いつもとは違う、特別な緊張感がありましたが、撮影中「女の子達に寄り添うように」という岩井さんの一言がゆっくり前へと私の手を引いてくれ、気づけば身を委ねるように歩いていました。まるで物語のワンシーンのような、素敵な映像になりました。ぜひ曲と共に、堪能して頂けたら嬉しいです」──新山詩織
■ニューシングル「さよなら私の恋心」


9月6日(水)発売

Sound Produced by Chara

【初回限定盤 (CD+DVD)】JBCZ-6064 1,500円(税抜)

特典DVD収録:「さよなら私の恋心」Music Video+Making

【LIVE盤 (CD+DVD)】JBCZ-6065 1,700円(税抜)

特典DVD収録:<新山詩織 全国ツアー2016-2017「ファインダーの向こう」>から5曲収録

【通常盤 (CD)】JBCZ-6066 1,000円(税抜)

1.さよなら私の恋心

 作詞:新山詩織 / Chara 作曲:Chara 編曲:Chara

2.らくがきちょう ※NTT西日本「就活生応援MOVIE」テーマ曲

 作詞:新山詩織 作曲:山口俊樹 編曲:Sweet Crue

3.さよなら私の恋心 –instrumental-

 作曲 & 編曲:Chara
■<新山詩織 PREMIUM 弾き語りライブ「しおりだけ〜ひとり唄〜」>


2017年9月2日(土) 東京 EX THEATER ROPPONGI

OPEN 16:30/START 17:00

(問)DISK GARAGE(平日12:00〜19:00) 050-5533-0888

▼チケット

全席指定 4,000円(税込)

※入場時ドリンク代別途必要

※6歳以上有料。5歳以下入場不可

一般発売:2017年8月5日(土)

■関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」