【Mrs. GREEN APPLE】
『ゼンジン未到とロワジール〜東京編

2017年7月15日 at 日比谷野外大音楽

 梅雨明け間近の東京、むせ返る熱気、蝉の声。立見席までぎっしり満員の日比谷野外大音楽堂に、Mrs. GREEN APPLEが夏を連れてきた。大森元貴(Vo&Gu)がバンドロゴを染め抜いた大旗を掲げる威風堂々の入場シーンから、1曲目「StaRt」で波に乗ると、「リスキーゲーム」では早くもタオル回しで大はしゃぎ。藤澤涼架(Key)のピアノによる、絶妙なループ感が気持ち良い「アンゼンパイ」から、若井滉斗(Gu)が猛烈ラウドギターをかき鳴らす「ナニヲナニヲ」へ。暑さに負けず、メンバー全員気合満点だ。

 「HeLLo」では、髙野清宗(Ba)がご機嫌なファンクベースを、「Oz」ではクールなシンセべースを弾く。大森がハンドマイクに持ち替えてステージを駆け抜ければ、藤澤も負けじと、キーボードを離れて踊りまくる。自由自在のフォーメーション。ミセスのライヴは、目で観る喜びが本当に大きい。立て続けに、ディスコビートの「VIP」、山中綾華(Dr)のパンキッシュな豪快ドラムが聴ける「CONFLICT」、日本のお祭りビートを取り込んだ「No.7」など、アッパーなダンスロックの連発は、ミセスの得意分野だ。一転して、アコースティックセットで歌われた「ノニサクウタ」は、暮れなずむ野音の空と、時折吹く涼風によく似合う、心温まるスローバラード。ミセスの曲調の多彩さは、ライヴの空気の中でこそ、その魅力を最大限に堪能できる。

 この日はバンド結成4年、デビュー2年を祝う記念の野音。大森が感謝の言葉を述べ、“一緒に答えを探しに行きましょう”と呼びかける。続けて演奏した新曲「On My MiND」は、ともに夢を追い、答えを探す者同士をつなぐ、力強いメッセージソング。シンプルなエイトビートで突っ走る、痛快な一曲だ。

 ここからライヴ後半、とことんポップでハッピー、キャッチーでダンサブルな楽曲を並べて一気に加速する。夏のアンセム「サママ・フェスティバル!」では、大森と藤澤が噴水器を背負って客席に飛び込み、客席を駆け回った。「Just a Friend」は、アメリカのヒットチャートにあってもおかしくない、ミセス流ティーンポップの傑作チューン。コーラスを大合唱する、一体感も最高だ。「うブ」「WHOO WHOO WHOO」(未CD化曲)ではスタジアムEDM並みの強力な重低音が轟き、野音をダンスフロアーに変えた。陽はすっかり落ち、ステージの照明が一段と美しく輝き始める。“みんなの歌です”と紹介した「In the Morning」から、「愛情と矛先」へ。あちこちで一緒に歌う声が聴こえてくる。ミセスの歌はみんなの歌、ある思いを共有する時代の共通言語になりつつある。

 いろんな時の気持ちが蘇ってきた。楽しかった。忘れられない1日になった。すべての歴史が今日に詰まってる――メンバーひとりずつのMCのあと、本編ラストを締め括る1曲は、「庶幾の唄」。山中のドラムがうきうきするビートを刻み、藤澤のフルートがハッピーなフィーリングを運んでくる。どんなに曲調が変遷しようと、ミセスはミセス。ポップで前向きで、聴く者をハッピーにしてくれるフィーリングは過去も現在も変わらない。

 アンコールでは、ピカピカの新曲が聴けた。ドラマ『僕たちがやりました』オープニング曲「WanteD! WanteD!」は、重低音をブーストしたEDMのサウンドを大胆に取り入れ、くるくる変わる景色が楽しいミセス流のポップEDMチューン。いきなりライヴの定番になりそうな、ポテンシャル抜群の1曲だ。

 楽しい時間は、もうすぐ終わる。感動を隠し切れない大森が語り出す。小学生の時に音楽を始めてから、全てを音楽に賭けてきたこと。その裏側で、さまざまな葛藤や不安があったこと。そして今、観ている景色に感謝していること。“みんながいてくれたから、僕は本当に幸せです。メジャー3年目もどうぞよろしく”。ラストチューン「我逢人」を演奏するメンバーの顔に迷いはない。そこにはただ、漲る自信と未来への希望があるだけだ。

 ライヴタイトルの“ゼンジン未到”とは、バンドがアマチュア時代の2014年~2015年に行なっていたイベントのタイトルだった。過去を受け継ぎ、その先の未来へ。Mrs. GREEN APPLEはいよいよ、本当のトップバンドへの道を見据えて走り始めた。

撮影:ウチダ アキヤ/取材:宮本英夫


セットリスト

  1. 1.StaRt
  2. 2.リスキーゲーム
  3. 3.アンゼンパイ
  4. 4.ナニヲナニヲ
  5. 5.HeLLo
  6. 6.Oz
  7. 7.Speaking
  8. 8.VIP
  9. 9.WaLL FloWeR
  10. 10.CONFLICT
  11. 11.No.7
  12. 12.ノニサクウタ
  13. 13.On My MiND
  14. 14.サママ・フェスティバル!
  15. 15.Just a Friend
  16. 16.うブ
  17. 17.WHOO WHOO WHOO
  18. 18.In the Morning
  19. 19.愛情と矛先
  20. 20.庶幾の唄
  21. <ENCORE>
  22. 1.WanteD! WanteD!
  23. 2.我逢人
Mrs. GREEN APPLE プロフィール

ミセス・グリーンアップル:2013年4月結成の5人組バンド。作詞、作曲、編曲の全てをヴォーカル&ギターの大森元貴が手掛けており、15年7月にミニアルバム『Variety』でメジャーデビュー。18年4月に発表した3rdアルバム『ENSEMBLE』はオリコン初登場3位を記録。アルバムを提げてのワンマンツアーはファイナルの幕張メッセ国際展示場2デイズまで全公演即日完売。シングルと同時発売で最終公演の模様を収めたDVD&Blu-ray『ENSEMBLE TOUR 〜ソワレ・ドゥ・ラ・ブリュ〜』をリリースする。Mrs. GREEN APPLE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着