人気TVアニメ『ゴルゴ13』のOPテーマ
曲を歌うNaifuがメジャー・デビュー

大阪のライヴ・ハウスを中心に勢力的に活動を続けてきた4人組ロック・バンドNaifu。曲によってメンバー全員がヴォーカルをとるという異色な形態で話題を集めている彼らが、7月23日(水)にシングル「Take The Wave」で遂にメジャー・デビューを果たす。
この曲は既に4月から放送されている東京系アニメ『ゴルゴ13』のオープニング・テーマとしてオンエア中。初のアニメ化が実現した注目の主題歌はりリース前から話題となっている。
「Take The Wave」は、荒神直規がリード・ヴォーカルのストレートなロック・チューン。重厚なロック・サウンドに加えメンバー全員のコーラスやユニゾンも勢いを生み出し、デビュー曲としてNaifuを象徴するにふさわしい楽曲になっている。また、2曲目に収録されている「そばにいるから」は、村上風麻がリード・ヴォーカルの疾走感あふれるパンクロック・チューンと、タイプの違う2曲を収録。どちらも爆発的なパワーと疾走感あふれるサウンドで、インディーズ時代で得た数々の経験を一旦フラットにし、メジャー・シーンへ新たに踏み出していく、メンバーの強い決意が込められている。

現在<MySpece>にて、「Take The Wave」をフル・サイズで試聴することができる。こちらは発売日の23日(水)までの期間限定となっている。今後ミュージック・クリップやレコーディング風景のオフショット映像も順次公開していくとのことなので、早速チェックしてみよう!

■Naifu プロフィール■
2005年、ELFの元ボーカル荒神直規(Vo./Gt.)が、山口篤(Dr./Vo.)、村上風麻(Ba./Vo.)の2人と大阪のスタジオで出会う。その後、日本のメロコアシーンで絶大な人気とセールスを誇った伝説のバンドMR.ORANGEやSCHONとして活動する森下志音(Gt./Vo.)が、プロデューサーの紹介で3人と出会い、Naifuを結成。
2008年3月、テレビ東京系「JAPAN COUNTDOWN」、「PVTV」のエンディング・テーマとして「広がる青に飛び出せ」のPVがオンエア。同年4月23日には、「広がる青に飛び出せ」を収録したミニ・アルバム『ALL OVER NOW EP』でインディーズ・デビュー。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント