【オワリカラ】『オワリカラ Q&A ツ
アーファイナル ワンマンライブ「夜
戦ちゃん渋谷へ行く」』2012年9月1日
at 渋谷VISION

撮影:五十嵐 絢也/取材:ジャガー

5月に発表された3rdアルバム『Q&A』を基軸に、オワリカラというバンドの多面性を見せつけたライヴ。熱量高くプレイされた1曲目「GO」からスリリングなバンドサウンドを鳴らし、懐かしい楽曲を折り混ぜつつ、時に楽曲のムードを大切にしっとりと聴かせてみたり、サックスの遠藤さとみを招いて華やかなパーティーチューンでフロアを踊らせたりと色鮮やかに変化していく。“次の1曲、4人死ぬ気でやります”と宣言しての「ガイガンガール・ガイガンボーイ」には、場内がいっそう色めき立った。心の浮き沈みがはっきりしている時に刺さるだけではなく、どっち着かずで“揺れている”時にこそ側にいるような音楽をしたい…そんな思いを胸に紡がれた本編ラストの「Q&A」。シンプルかつまっすぐな曲は、聴き手の心に優しく溶け込んでいった。

セットリスト

  1. GO
  2. おいでシスター
  3. シルバーの世界
  4. ちぎってはなげる
  5. サバビアパンクロックパーティー
  6. さよなら女王陛下
  7. 金田一耕助の帰還
  8. 勇敢なるビイヒアナウ
  9. ゼットン
  10. 8と約1/2
  11. 怪人さん
  12. ベイビーグッドラック
  13. 夜戦ちゃん
  14. ドアたち
  15. ガイガンガール・ガイガンボーイ
  16. Q&A
  17. light my tokyo
  18. swing
  19. 壁男(あらわる)
  20. 砂場
オワリカラ プロフィール

オワリカラ:2008年結成。タカハシヒョウリの歌世界とメンバー4人のアンサンブルは激しく耽美、変幻自在。“終わり”と“始まり”のふたつの言葉が示す通り、ポップとアヴァンギャルド、未来と過去の架け橋となる最重要ロックバンド。その変幻自在なアンサンブルによる質の高い音楽が特徴。キーワードは“サイケデリックでカルトでポップ”。オフィシャルHP
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント