【Acid Black Cherry】『Acid Black
Cherry TOUR 『2012』』2012年
7月18日 at 日本武道館

取材:武市尚子

5月からスタートした全国21カ所22公演で行なわれたツアー『2012』が、7月18日と20日の日本武道館でファイナルを迎えた。このツアーは、3月21日にリリースされた3rdアルバム『2012』を引っ提げたもの。タイトルの数字が意味したものは、今作を作るまでの時間の中でyasuが経験し、そこで感じたことの全てだったと思う。yasu個人としての思い、そしてアルバム制作真っただ中に起こった天災…。彼自身、このアルバムを作るに至って、改めて自分の生き方を振り返ったのではないだろうか。彼はそんな想いを歌に込め、全国にそれを届けたのだ。ストーリー仕立てで幕を開けたライヴは「doomsday clock」から間髪入れずに全力で届けられていった。サポートメンバーである、YUKI(Gu)、HIRO(Gu)、SHUSE(Ba)、淳士(Dr)との息もピッタリである。途中インスト曲「the day」が流れる中、アルバムの中に存在するストーリーがビジョンに写し出され、ライヴはストーリーをなぞるかのように進んでいく。「Fallin’ Angel」「in the mirror」と続けて届けられる闇と絶望を描いたディープなブロックから、「イエス」「so…Good night」などで構成された希望にあふれる未来へとつながれていった本編は、メッセージとしても、ライヴとしても手放しで楽しめるステージであった。アンコールではアコースティックで日替わり曲が届けられるなど、純粋にyasuの声で魅了したブロックも設けられていた。このアルバムを作るきっかけとなった「その日が来るまで」が会場に響き渡った時、このアルバムがこの時点で完成したと実感させられたのだった。

セットリスト

  1. ~until~ 1.doomsday clock
  2. ピストル
  3. CRISIS
  4. 罪と罰~神様のアリバイ~
  5. 指輪物語 ~the day~
  6. Fallin’Angel
  7. in the mirror
  8. イエス
  9. so...Good night
  10. チェリーチェリー
  11. Re:birth
  12. 少女の祈り
  13. 少女の祈り㈽
  14. SPELL MAGIC
  15. 冬の幻
  16. 君がいるから
  17. その日が来るまで ~comes~
  18. シャングリラ
  19. Black Cherry
  20. 20+∞Century Boys
Acid Black Cherry プロフィール

アシッド・ブラック・チェリー:Janne Da Arcのヴォーカリストyasuのソロプロジェクトとして2007年始動。通称“ABC”。07年にシングル「SPELL MAGIC」でデビュー。作品のクオリティーの高さとハイトーンヴォイスが奏でる抜群の歌唱力、ライヴパフォーマンスは群を抜いており、現在の音楽シーンにおいてライヴチケットの入手が困難なアーティストのひとり。最近では音楽誌のみならず、男性ファッション誌の表紙を飾ったり、達すの女性誌でも特集が組まれるなど、幅広いファンを獲得することに成功している。Acid Black Cherry オフィシャルHP
4th アルバム『L-エル-』Special Site
Acid Black Cherry オフィシャルHP
Acid Black Cherry オフィシャルTwitter
Acid Black Cherry オフィシャルFacebook
Acid Black Cherry オフィシャルYouTube
Acid Black Cherry オフィシャルブログ
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着