【L’Arc~en~Ciel】『L’Arc-en-Cie
l 20th L’Anniversary WORLD TOU
R 2012 THE FINAL』2012年5月27日 a
t 国立競技場

撮影:今元秀明、緒車寿一、田中和子/取材:大庭利恵

香港からスタートしたワールドツアーを経て、日産スタジアム、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンで行なわれた凱旋ツアーの最終公演として国立競技場で開催された『L'Arc-en-Ciel 20th L'Anniversary WORLD TOUR 2012 THE FINAL』の最終日。
 ワールドツアーで回った14都市の国旗がたなびく会場に、フロートに乗ったメンバーがマーチングバンドとともに場内を優雅に一周した後、ステージに上がった。メンバーが定位置に着くとhyde(Vo)の“Are you fuckin’ ready?”という熱い叫び声からライヴはスタート。“国立、やれんのか!”と挑発的に客席を煽り、「REVELATION」の炎を使った派手な演出で5万人を魅了したかと思うと、初期の名曲である「In the Air」「夏の憂鬱 [time to say good-bye]」では切ない歌声で会場を包み込んだ。メンバーそれぞれのソロのパフォーマンスも含め、20周年の名にふさわしいエンターテイメント性あふれたステージを堪能させてくれた後、「Link」を歌い終えたhydeが、“自分たちにとっても人生に刻まれた一年でした。ラルクらしく、ラルクにしかできないことだったと思う”と、この一年を振り返り誇らしげに微笑んだ。
 ラストナンバーとなる「虹」では、7色の風船5万個と7色の花火1000発を上空に放ち、国立競技場という場に“L'Arc-en-Ciel”という存在を刻み付けると同時に、次なるワールドツアーの発表というかたちで、彼らの歴史は、まだまだ未来へとつながっているのだと感じさせてくれた。

セットリスト

  1. READY STEADY GO
  2. GOOD LUCK MY WAY
  3. REVELATION
  4. HONEY
  5. flower
  6. In the Air
  7. 夏の憂鬱 [time to say good-bye]
  8. MY HEART DRAWS A DREAM
  9. Driver's High
  10. the Fourth Avenue Cafe
  11. SEVENTH HEAVEN
  12. C'est La Vie
  13. いばらの涙
  14. Shout at the Devil
  15. あなた
  16. winter fall
  17. NEO UNIVERSE
  18. CHASE
  19. X X X
  20. Link
L’Arc〜en〜Ciel プロフィール

ジャパニーズ・ミュージック・シーンを代表する、名実ともにNo.1ロック・バンドだ。現メンバーはhyde(vo)、ken(g)、tetsuya(b)、yukihiro(dr)の4人。91年、現リーダーのtetsuyaを中心に結成。大阪を拠点に、ライヴ活動、オムニバス・アルバムへの参加を通して人気を定着させていく。93年には、1stアルバム『DUNE』を発表。インディーズながら好セールスを記録した。翌94年、<Ki/oon Records>よりビデオ・シングル『眠りによせて』にてメジャー・デビュー。

その後のメンバー交代劇をもろともせず、破竹の勢いでスターダムを駆け上がったのは、周知の通りであろう。ハード・ロック、ポジティヴ・パンク/UKギター・ロックを基調としたサウンドと、hydeによる美しくも儚い幻想的な詞世界が完全に融合し、高次元のポップ・ミュージックを形成。さらに、日本屈指のハイ・レヴェルな演奏は、楽曲の素晴らしさをビルド・アップさせるに至った。とくに、tetsuya特有のスライドを多用した流れるようなベース・ラインはサウンドの要である。時流に迎合することなく、いい意味で音楽的エゴに満ちたアーティスティックな楽曲を創出し、それらがチャートを席巻しているという事実は壮観である。L’Arc〜en〜Ciel オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。