【GRANRODEO】『GRANRODEO LIVE TO
UR 2012 「HAPPY RODEO LIFE」』201
2年2月5日 at Zepp Tokyo

撮影:平野タカシ/取材:ジャガー

 “ファイナル直前だからこそ、今日が一番自由にできるライヴなんじゃないか”と冒頭から匂わせていた通り、ロックスピリット息衝く圧巻のステージを見せつけたZepp Tokyo2日目。馴染みのサポートメンバーらと1曲目「愛のWarrior」から猛威を振るう。キャッチーでありながら、伸びやかかつソリッドな音色を響かせるe-ZUKAのギター。ポテンシャルの高さを存分に発揮するKISHOWの歌声。それを支える屈強なリズム隊とあらば、膨れ上がったフロアは大きく波打ち応戦。そんな熱気を受けて、艶やかな歌声を惜しげもなく聴かせたかと思えば、シャウトで観客を煽るKISHOW。e-ZUKAも早弾き、タッピング、歯ギターと激しいプレイを連発。一転、アコースティック編成の「僕と君の間」では、ふたりのハーモニーが美しく、静まり返った会場に心地良くこだました。
 “肩書きなんてどうでもいい。この場所で一緒になってみんなと楽しめればいい”とKISHOWは言う。音楽に対するストイックさ、常に本気で目の前の人間に想いをぶつけ、ここまでやってきた彼ららしい言葉が胸に突き刺さる。そして、そんな彼らの想いが凝縮された「HAPPY LIFE」では、気持ちを感じ取ったオーディエンスと大合唱。自然と笑顔がこぼれ、ハートウォーミングな空間が生まれていた。
 アンコールでは、ユニット結成前に作った「未完成のGUILTY」を披露。ここへ来てもなおオイコールは大きくなり、ダブルアンコールへと突入! 最後はしっかりと肩を組み、ライヴの余韻を噛み締めつつステージを降りたKISHOWとe-ZUKAだった。

セットリスト

  1. 愛のWarrior
  2. tRANCE
  3. アウトサイダー
  4. Darlin’
  5. DECADENCE
  6. DECADENCE
  7. Silent DESIRE
  8. ※SOLO~Little Wing/JIMI HENDRIX(Cover)
  9. Go For It!
  10. シャニムニ
  11. Soul crazy
  12. シルエット
  13. GRANRODEOのテーマ「ガッツに勝るドラックはなし」~僕と君の間
  14. ANRODEO
  15. SEED BLASTER
  16. チキンヒーロー
  17. modern strange cowboy
  18. HAPPY LIFE
  19. デタラメな残像
  20. 未完成のGUILTY
  21. ケンゼンな本能
  22. NOT for SALE
GRANRODEO プロフィール

グランロデオ:“KISHOW”こと声優でヴォーカリストとしても注目されている谷山紀章と、メロディアスな曲からハードなギターサウンド曲までアニメーション音楽に幅広く楽曲を提供し、ギタリストとして活躍中の“e-ZUKA”こと飯塚昌明のふたり組ユニット。2005年11月のデビュー以来、HR/HM調の楽曲を中心としつつ、ポップスやフォークなど多彩なジャンルを取り入れた楽曲を発表し続けている。GRANRODEO オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント