【YUKI】『YUKI tour “MEGAPHONIC”
2011』2011年12月8日 at 国立代々木
競技場 第一体育館

撮影:三吉ツカサ/取材:松浦靖恵

10月15日の幕張メッセからスタートした全国アリーナツアー『YUKI tour“MEGAPHONIC”』(9カ所17公演)は、ソロ活動以降のYUKI史上、最大のツアー。大きな会場で、最高の音、最高の音楽を響かせたいという思いを持って制作した最新アルバム『megaphonic』を携えて、彼女はワンマンライヴとしては約10年振りに国立代々木第一体育館のステージに立った。メインステージから客席に向かって長く伸びた花道、舞台後方に設置された大きなLED画面、キラキラ輝くミラーボール、色とりどりの照明、華やかな衣装など、大きな会場だからこそ映える演出は曲ごとにライヴを鮮やかに彩る。しかし、何よりも強い印象を残したのは、YUKIというヴォーカリストが音楽の中で真剣に遊んでいる姿だった。『megaphonic』収録曲を軸にした選曲には、ライヴで人気の高い「JOY」「ランデヴー」「WAGON」が盛り込まれ、なんと! 「WildLadies」では、エレキギターをかき鳴らしながら歌う姿も観せた。またアンコールでは、ソロになってから発表した曲のタイトルを盛り込んだ新曲「世界はただ、輝いて」を披露し、全22曲を届けた約2時間半のライヴの最後に、彼女はマイクを通さずに“集まってくれたみなさん、どうもありがとうございました!”と叫び、投げKISSした。そして、彼女から2012年にソロデビュー10周年記念として、5月6日に東京ドーム公演を行なうと嬉しい発表もあった。そう、YUKIの新しい旅はもう始まっているのだ。

セットリスト

  1. JOY
  2. 勇敢なヴァニラアイスクリーム
  3. ビスケット
  4. キスをしようよ
  5. Wild Ladies
  6. ひみつ
  7. 2人のストーリー
  8. 笑いとばせ 9.ハローグッバイ
  9. Hello !
  10. ワンダーライン
  11. クライマー・クライマー
  12. ランデヴー
  13. 揺れるスカート
  14. マイ・プライヴェート・アイダホ 16.ティンカーベル
  15. WAGON
  16. 鳴いてる怪獣
  17. 相思相愛
  18. Dear.ママ
  19. 世界はただ、輝いて
  20. 集まろう
  21. for tomorrow
YUKI プロフィール

JUDY AND MARY解散後も、倉持陽一(YO-KING)との結婚、Charaやちわきまゆみとのガールズ・バンドMean Machineの活動などなど、話題を振り撒いてきたYUKI。そんな彼女が、シーガル・スクリーミング・キス・ハー・キス・ハーの日暮愛葉による全面プロデュース・シングル「the end of shite」で02年にソロ・デビュー。
枯れた音質の中に淫靡な艶かしさを育むガレージ・サウンドとYUKIの新境地、低音ヴォイスが絶妙に絡み合う。また、愛葉によるエロティックな女の直情を吐露した歌詞がYUKIの口から発せられる瞬間、熟した果実をほおばるごとき欲情をそそられ昇天必至。そして、同年3月、待望の1stアルバム『Prismic』を発表。愛葉だけでなく、ミト(クラムボン)、ズボンズ、スピッツ、ラッセル・シミンズ(ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン)など豪華ゲスト陣を迎え、YUKIの煌びやかなアーティスト性が一気に開花した好盤となった。
03年3月には早くも2ndアルバム『Commune』をリリース。プロデューサーの會田茂一(FOE)らしい、ざっくりとしたギター・サウンドを軸に、変化に富んだサウンドが展開され、YUKIも気持ちよさそうに歌っている。05年には3rdアルバム『joy』をリリース、より音楽を楽しむことを追求したこの作品は、チャート首位を獲得するなど大ヒットを記録している。オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント