【OKAMOTO'S×Dragon Ash】『Scream
ing License No.1』2011年7月28日 a
t 赤坂BLITZ

撮影:山本倫子/取材:ジャガー

 初めての自主企画イベント『Screaming License No.1』の客人は、音楽シーンで確固たる地位を築き上げているDragon Ashだ。当然、“呼ばれたからと言って、若いヤツを立てるガラでもないんで”の宣戦布告通り、攻撃の手を一切緩めることなく、己のスタイルを見せつける。逆に言えば、それだけ主宰である彼らの存在を認め、敬意を払っているのだろう。
 いよいよOKAMOTO’Sが登場。先ほどまで華麗にダンサーたちが舞っていた中央のお立ち台で、オカモトレイジ(Dr)も華麗(!?)にヘアスタイルを決める。気合いも十分入ったところで、1曲目「ブギー中毒」が投下! 始まった瞬間から観る者の心を鷲掴みにする圧倒的なバンドサウンド。最も影響を受けたというべき、岡本太郎の生誕100周年を受けて制作されたという新曲「欲望を叫べ!!!!」では感情を剥き出しにビースト化。狂暴性を増しても、演奏にブレのない安定感はさすがと言える。
 この日はアンコールも想像以上にすごい。DAより、BOTS(Turntable)、櫻井 誠(Dr)、KenKen(サポートBa)を招き入れ、Red Hot Chili Peppersの「Give It Away」をプレイしたのだ。中盤からATSUSHI(Dancer)も飛び入り参加でオーディエンスは騒然。さらに、Kj(Vo&Gu)とHIROKI(Gu)を呼び込んで、今度はThe Whoの「The Kids Are Alright」をプレイ! DRI-V(Dancer)も加わり、今日しか味わえないとっておきのアンコールで締め括った。

セットリスト

  1. [Dragon Ash]
  2. Rampage
  3. Revolater
  4. Bring It
  5. FAITH
  6. For divers area
  7. La Bamba
  8. AMBITIOUS
  9. 百合の咲く場所で
  10. Fantasista
  11. 運命共同体
  12. [OKAMOTO’S]
  13. ブギー中毒
  14. 笑って笑って
  15. Baby Don’t Stop
  16. Beek
  17. I♥HIP HOP~Walk This Way
  18. アイのテーマ
  19. Hello I Love You
  20. Telephone Telephone
  21. 欲望を叫べ!!!!
  22. マダラ
  23. Run Run Run
  24. Give It Away
  25. The Kids are Alright
OKAMOTO'S プロフィール

オカモトズ:中学校からの同級生で結成。2010年、日本人男子としては最年少の若さでアメリカ・テキサス州で開催された音楽フェス『SxSW2010』に出演。アメリカ七都市を廻るツアーや豪州ツアー、香港、台湾、ベトナムを回ったアジアツアーなど、海外でのライヴも積極的に行っている。19年の10周年イヤーには6月に初の日本武道館ワンマンライヴを開催し、20年4月には初のベストアルバム『10’S BEST』、8月にフジテレビ深夜アニメ枠”ノイタミナ”「富豪刑事 Balance:UNLIMITED」エンディング・テーマ「Welcome My Friend」を含むEPをリリース。オフィシャルHP

Dragon Ash プロフィール

ドラゴン・アッシュ:1997年、Kj、IKUZONE、桜井誠の3人でデビュー。その後、BOTS、HIROKI、ATSUSHI、DRI-Vが加入し7人編成になるも、12年にオリジナルメンバーのIKUZONEが急逝。13年、現在のメンバー6人で再び前進することを決意する。今アルバムよりKenKenがレコーディングに全面参加。デビュー時よりあらゆるジャンルを驚異的なスピードで横断し、Dragon Ashとしか表現しようのない音を鳴らし続けている。Dragon Ash オフィシャルHP

OKAMOTO'S×Dragon Ash プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着