【androp】『one-man live tour “a
ngstrom 0.3 pm”』2011年5月28日 a
t SHIBUYA-AX

撮影:RUI HASHIMOTO/取材:土屋恵介

 メディアへの露出もほとんどなく、メンバーの名前すらはっきりと公表されていない状態でありながら、音楽そのもので多くの支持を集めてきた4人組ロックバンドandrop。彼らが、今年2月リリースのニューアルバム『door』を引っ提げてのワンマンツアー『angstrom 0.3 pm』を行なった。全公演即日ソールドアウトした今回のツアーファイナルのSHIBUYA-AXは超満員。暗いステージから光を放つように、繊細なメロディーとタイトなサウンドが響く「Tonbi」からライヴはスタートする。映像、ライティングと4人の演奏が絶妙なマッチングを見せながら、音源とはまた違う躍動感あふれるサウンドを聴かせていく彼ら。パワフルかつ切れのいい「Amanojaku」、シンセの浮遊感漂う「Q.E.D.」、センチメンタルでスローな新曲「Noah」など、抑揚を付けながら1本のストーリーを描くようにライヴは進む。ポストロック、シューゲイザーなどの影響を見せつつ、ポップセンスとメロディーの際立つandropの世界観に、全てのオーディエンスが引き込まれていたのは間違いないだろう。
 アンコールで「Image Word」を披露した後、ファンから“メンバー紹介してください!”の声があがり、メンバーそれぞれが思わず自己紹介する場面も。ラストは穏やかさとパワフルさを伴なう「March」で締め括った。
 バンドの表現力の豊かさ、和やかなメンバーの雰囲気も伝わったこの日のライヴは、andropがここからさらに大きく羽ばたくことを確信させる可能性に満ちていた。秋には新譜のアルバムを携えたライヴハウスツアーを行なうとのこと。

セットリスト

  1. Tonbi
  2. Colorful
  3. Nam(a)e
  4. Amanojaku
  5. Alpha
  6. Halo
  7. Glider
  8. Q.E.D.
  9. Puppet
  10. Noah(新曲)
  11. Merrow
  12. Clover
  13. Basho
  14. Traveler
  15. Youth
  16. Te To Te
  17. Roots
  18. MirrorDance
  19. Meme
  20. Image Word
  21. March
androp プロフィール

アンドロップ:2009年12月に1st アルバム『anew』でデビュー。ジャンルレスかつ緻密なサウンドアプローチと、その傑出した音楽性でシーンに頭角を現す。これまで発表されたミュージックビデオは、『カンヌ国際広告祭』(仏)、『One Show』(米)、『Webby Awards』(米)他、国内外11のアワードで受賞するなど、その映像世界やアートワークは世界的な評価を得ている。また、映像、音響、照明が三位一体となったスペクタクルなステージパフォーマンスにも大きな注目を集めている。androp オフィシャルHP
androp オフィシャルTwitter
androp オフィシャルFacebook
androp オフィシャルYouTube
androp オフィシャルInstagram
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント