【LAID BACK OCEAN】『Laid Back Oc
ean presents Dream Repairs ~夢の
修理屋たち~』2010年12月7日 at 赤
坂BLITZ

撮影:尾形隆夫/取材:石田博嗣

落ちこぼれと呼ばれながらも自分たちの居場所を探すため、がむしゃらになって音楽をしていたバンドが志し半ばで解散した。あれから2年、YAFUMI(Vo)、KAZUKI(Gu)、YUTARO(Ba)が新しい仲間に○貴(Key)、SEIJI(Dr)を迎えて帰ってきた! 鋲付きの皮ジャンや髪を立てて武装するのではなく、自然体の姿でステージに立っているし、楽曲も静と動が交錯するピアノロックだ。しかし、そこに沈黙していた2年間の心情をリアルに綴った言葉を乗せ、その心からは相変わらず“おもちゃのピストル”をのぞかせながら、彼らの新たな門出を祝うようにUVERworldとTHE Hitch Lowkeが沸点越えするほど温めた客席をさらにアツく盛り上げていた。新しいスタイルを手に入れた彼らが、あの日にぶっ壊れてしまった夢の修理作業を開始したのである。

セットリスト

  1. カップラーメンジェネレーション
  2. MY STORY
  3. その歌の名
  4. beautiful
  5. wataridori
  6. 永久歯
  7. STAR RAIN
  8. 何も起こらない日の希望
  9. こんな僕らが戦うべきもの
  10. カップラーメンジェネレーション
LAID BACK OCEAN プロフィール

レイド・バック・オーシャン:2010年12月活動をスタート。ピアノ、ギターサウンド、プログラミングを駆使し、攻撃的なロックや繊細なアレンジのミッドテンポやバラードを鮮やかなコントラストで鳴らす5 人組ロックバンド。幾度かのメンバーチェンジを経て、SYUTO(Pf)、SHOUYA(Ba)が加わり現体制となる。また、YAFUMI(Vo)は役者、モデル、文化人とのトークイベントへの出演など幅広い分野での活動を行なっており、マルチな才能を発揮。KAZUKI(Gu)をはじめ、他メンバーも他アーティストのレコーディングやライヴのサポートとして参加。LAID BACK OCEAN オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』