取材:土内 昇

渾身のアルバム『アンダーワールド』を武器に、狭い小屋ばかりを攻めた全国ツアーの最終公演。“今さら、なぜ?”と思うような今回のツアーだが、その理由が分かった。最後にネロ(Dr)も言っていたが、メリーがメリーであるがためのツアーだったのだ。ロックの初期衝動を呼び起こすようなパンキッシュなサウンドを矢継ぎ早に放ち、自身と対峙し、バンドのコアな部分を再確認しているかのようなライヴを繰り広げていた。しかも、客席とのコミュニケーションは全身全霊で感情を込めたサウンドだけで十分とばかりに、1曲目から本編ラストまで一気に駆け抜けていったのである。そして、オーラスの「under-world」を迎える頃には、そんなバンドの意思を受け取った観客と完璧なまでに一体感を築き、最高の景色を創り上げたのだった。真っ向から自分自身やファンにぶつかり合う。そこにメリーの存在理由があるのだ。
メリー プロフィール

メリー:2001年10月に結成。昭和歌謡的な叙情旋律や欧米発のロックなどを様々に融合させた個性的な世界観により、インディーズシーンのみならず、著名ミュージシャンからも注目される存在に。2005年にメジャー進出した後も精力的なライヴを行なっており、型にハマらない活動がそのままバンドのコンセプトにもなっている。メリー Official Website
Merryオフィシャルサイト
メリーオフィシャルサイト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』