撮影:NORI/取材:ジャガー

“もう少し答えを先伸ばしにすることはできないのだろうか?”。そんな往生際の悪い、彼らの決意に背くような思いを巡らせながら、最後の勇姿をひとつひとつ心に焼き付けた。 176BIZは本日のライヴを持って解散する。最初、この事実を理解するのに苦労した。改めてバンドの方向性、可能性を見出すことができたと語ったアルバム『【Hello】』の取材からさほど経っていないというのもあったし、筆者自身ここから176BIZがどう展開していくのか楽しみで仕方なかったからである。しかし、時間が経つにつれ、彼ららしい決断とも思われた。“未来へ目を向けた時、100%の176BIZを表現する事が出来ない。それはファンに対する最大の裏切りとなる。だからこその解散”。それが彼らの出した結論。だとすれば、しかと受け止めるしかない。 そんな思いを胸に、会場には開演前から多くの人が訪れた。皆、笑顔でメンバーの話をしたり、曲の話をしたりといつもと何ら変わりない時間が流れる。“本当に今日が最後なのか?”と、疑いたくなるほど落ち着き払っていて、それは登場したメンバーにも言えた。 そして、「メイヴィの碧い真珠」のソリッドなサウンドで幕を開けたライヴ。力強く情熱的に絡み合う雪希と刻のギター。存在感のあるベースを轟かせるコウタ、一音一音繊細なリズムを刻む楓栖。アッパーなものからメローなナンバーまで表情豊かに歌う青田 勇。やはり、この5人が奏でる音は魅力的だ。各々の魅力が合わさることでバンドにそのまま反映され、楽曲の世界観がグッと広がる。別れの悲しさやつらさを微塵も感じさせないステージに感銘を受けながら、前へと進むことを恐れてはいけないと教わったように思う。特に、本編ラストを飾った「DiCe」での彼らの笑顔で、その思いが確かなものとなった。 しかし、ダブルアンコール直前。それまで押さえていた思いがあふれ出て、涙する場面も。そんな涙を流せるぐらいに、全身全霊でぶつかってきた176BIZとしての数年は、色鮮やかに会場にいる者全ての心に残ったことだろう。
176BIZ プロフィール

ビズイチナナロク:2005年、前身バンドであるベティを期間限定で結成。その後06年3月に176BIZを結成。精力的にライヴ活動を行ないながら、同年9月に1stアルバム『アトリエ』をリリースする。9月6日にCLUB aisaでのワンマンライヴが決定している。176BIZ オフィシャルサイト
公式サイト(アーティスト)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着