撮影:平野愛智/取材:高木智史

3rdアルバム『君に咲くうた』を引っ提げたワンマンツアーの東京公演は、バンド史上最大キャパとなる赤坂BLITZ! それはデビュー5年間で培ってきたTRIPLANEの総力を結集したライヴとなった。というのも昨年アコースティック編成でのライヴを168公演(!!)行なった彼ら。その歌を伝えるということにおいて専念してきた経験の力をまず感じた。オープニングでの「誰に咲く花」や「白い花」などでは連携のとれたサウンドワークに、より歌が前面に押し出され、江畑兵衛(Vo&Gu)の歌力に圧倒される。会場が広いほど、どこまでも広がっていくような歌声はグラフィカルでもあり、その情景が見えた歌の世界感に心地良くも、切なくも、温かくもさまざまな気持ちが沸いてくるのだ。ファンもその情景を浮かべていたのだろう。ステージを見つめ、ただ静かに聴き入る姿が印象的だった。また、“もうテンションが上がってるから、付いてきてよ!”という興奮の言葉が物語る、ロックバンドとしての迫力も見せつけられた。「ALWAYS」のようなキラキラとした美しいメロディーにバンドとしてのダイナミクスに備わることで、それはバンド名でもある“3枚の翼がある飛行機”のように、まさに爽快で心を刺激する。アンコールで披露された5月13日にリリースされる「アイコトバ」も、ロックのアイデンティティーを継承した楽曲であり、そこにはグルーブに腕を掲げてノるオーディエンスの姿があった。そして、そんな集大成であるライヴができたこと、それに駆け付けてくれた大勢のファンに江畑が“ありがたいっす”としみじみ語る一面もあったが、最後には“TRIPLANEは次のステージに行くから付いてきてね!”と高らかに言い放ち、さらなら飛躍を約束したのだった。
TRIPLANE プロフィール

02年札幌で結成された男性4人バンド。新星堂、島村楽器のオーディションで北海道代表に選ばれたほか、NHK『WINTER SONG BATTLE』決勝大会に出場し音楽関係者の目にとまり、04年にhitomiが彼らの楽曲「スピードスター」をカヴァーしたシングル「心の旅人/SPEED☆STAR」をリリース。同年彼らも同じ曲をセルフ・カヴァーしたシングル「スピードスター」でメジャー・デビューを果たした。広大なスケールで心を揺さぶるバラードはもちろんだが、巧みなバンド・サウンドで聴かせるスピード感あふれる楽曲も魅力を放っている。昨今の邦楽シーンの中でも貴重な“美メロ”バンドと言えよう。TRIPLANE Official Website
公式サイト(アーティスト)
公式サイト(レーベル)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

編集部おすすめ ライブレポート

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着