【LIVE SUMMER SHIBUYA サマフェス!
!’08】LIVE SUMMER SHIBUYA サマフ
ェス!!’08 代々木公園野外ステージ
&イベントスペース 2008年8月6日

取材:高木智史

照りつける太陽の下、代々木公園にて、音楽、スポーツ、アート…何でもありの『LIVE SUMMER SHIBUYA サマフェス!!’08 ARTIST VILLAGE FESTIVAL』が2日間に渡って行なわれた。 まずは世界最多の同時演奏でギネス記録に挑戦ということで、ステージにギタリストが大集合し、それぞれが一斉に音を鳴らす。続くイベントのオープニングセッションでは、ビートルズの「Ticket to Ride」を演奏。名曲に観客はクラップし、盛大にこれから始まるさまざまなイベントのスタートが切られる。“何でもあり”という主旨の基、多種多様な催しが目白押しだ。『WORLD FOOD VILLAGE』では世界各国の屋台が並び、『ART VILLAGE』では手作り雑貨や民族雑貨が売られ、縁日気分を味わえる。『FIGHTING VILLAGE』ではプロレスやボクシングなどが行なわれ、白熱の試合に観客はヒートアップ! ライヴはふたつのステージに分かれ、SONOMI、TARO SOUL、毛皮のマリーズ、BACK-ONなどなど、Booの進行で交互にテンポ良く、展開されていた。1日目のライヴで最も印象的だったのは、やはりトリのD-51だ。代表曲である「NO MORE CRY」では、爽快に突き抜けるサウンドとヴォーカルがオーディエンスのはしゃぎたい心に火を付け、続く最新シングルの「Travelers Of Life」でそれが爆発。夏にきらめくキラーチューンに“Oh yeah!!”という観客の声が代々木の夜空に広がっていった。 2日目は昨日以上にガンガン陽が照りつけ、それはイベントの加速していく盛り上がりを表しているかのようだった。中でもデブパレードのライヴは熱かった。メンバーの体重がそれぞれ100kg以上というヘヴィメタボバンドである彼らのライヴは、まさに超ヘヴィ級だ。膨れ上がった腹から放たれる凄まじい声量のヴォーカル、超肉厚でテクニカルなサウンドは本格派を感じさせる。特にデビューシングルの「Body&Soul」は圧巻だった。ファンクテイストのアレンジで展開され、途中ギターソロが炸裂! ものすごい肉圧…いや、音圧に観客も魅了され、踊り回っていた。終盤では!wagero!が登場。どこか懐かしいメロディーとホーン隊のサウンドが、理由なく、オーディエンスの感情を高ぶらせる。スーツにインディアンの羽帽子というビジュアルや、ダンスとエンターテイメント性の高いパフォーマンスは、このイベントにぴったりのステージだった言えるだろう。 夏空の下で、さまざまな催しが展開された当イベントはお客さんの気分を開放的なものにし、お祭り感覚でそれぞれが思い思いに笑顔を咲かせ、楽しんでいた。そんな光景を観ていると、また来年も、その笑顔を観に、ここへ戻ってきたいと思うのだった。
LIVE SUMMER SHIBUYA サマフェス!!’08 プロフィール

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着