【ナイトメア】ナイトメア Zepp Tok
yo 2008年3月28日

取材:ジャガー

今飛ぶ鳥を落とす勢いでヴィジュアルシーンを席巻する彼らのZeppツアーも、今日を残すのみ。昨年の日本武道館でのライヴは、しっかりと血となり、肉となり、より魂のこもった熱いステージングへと反映されていた。歌声を引き立たせる重厚なRUKAのドラムと、激しくなぶるNi?yaのベースとの絶妙なバランス。そこへやわらかなタッチで舞うような咲人のギター、荒々しく感情的な柩のギターが加わる。力強いリズム隊と対照的な2本のギターが生み出すサウンドは静と動の狭間を行き来し、聴くほどに気持ちを高ぶらせていく。そして、唸り、叫び、思いの丈を歌にぶちまけるYOMI。そればかりではなく、ギターの代わりになるような大きめのちりとりを持って弾いてみたりと、エンターテインメントとしての演出も怠らない。バカになる時もカッコ良く決める時も、同じだけ精一杯になるからこそ、こんなに多くのオーディエンスを惹き付けてやまないのだろう。 ライヴも終盤に差し掛かったところで、“ボロボロになって帰りたい”と言った柩。全身全霊をかけ、最高のプレイを魅せたいという5人の気持ちが強く伝わってきた。その言葉通り、ステージ上を所狭しと動き回るメンバー、それに応戦し激しいヘッドバンキングを繰り返す観客。アンコールでは、10回ほど「the FOOL」をリピート演奏! 回をます度に激しさを増す、その熱演で、最後まで観客を魅了し続けた。ライヴ後は、お世辞にもきれいな姿とは言えないが、メンバー、観客ともに、晴れ晴れとした良い表情を浮かべていたのは言うまでもない。
NIGHTMARE プロフィール

ナイトメア:2022年に結成22周年を迎えたヴィジュアル系バンド。03年8月にシングル「-Believe-」でメジャーデビューを果たし、06年10月に発売されたシングル「the WORLD/アルミナ」がアニメ『DEATH NOTE』のテーマソングに起用され、オリコン週間チャート初登場5位を記録。07年には初の日本武道館公演を実施した。16年バンド活動を一時休止したが、 20年の活動再開にともない、2月11日に横浜アリーナにて『NIGHTMARE 20th Anniversary SPECIAL LIVE ”GIANIZM 〜再悪〜”』を開催、完全復活を遂げる。同年10月に発表した20th Anniversary 第一弾シングル「ink」は、オリコン週間チャート初登場8位を記録。12月に20周年ツアーファイナル公演を中野サンプラザで行なう。21年3月には復活第2弾シングル「cry for the moon」のリリースツアー開催。11月にはテレビ東京系アニメ『デュエル・マスターズ キング!』OPシングル「Sinners」をリリースし、北海道から九州まで全国を駆け抜けたツアーのファイナル公演をLINE CUBE SHIBUYAにて開催した。NIGHTMARE オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」
  • SUPER★DRAGON / 「Cooking★RAKU」

新着