【T.M.Revolution 】『T.M.Revoluti
on 男子限定LIVE10周年・全日本プロ
レス創立40周年記念イベント 「T.M.
R. LIVE REVOLUTION'12 -Strike Bac
k X-」』2012年12月24日 at 横浜文化
体育館

取材:榑林史章

 T.M.R.の男子限定ライヴ10周年と全日本プロレス創立40周年とコラボした、前代未聞のイベントが開催された。客席のど真ん中にリングが設置され、異様な熱気が場内に渦巻く中、イベントはスタート。前半プロレスの試合が始まると、曙をはじめ巨漢選手の迫力、身体がぶつかり合う音のすごさに気分も高まり、会場は大歓声に包まれていた。後半、“会いたかったぜお前ら~!”と西川貴教が登場すると、プロレスの余韻もあって観客は大爆発。“付いてるもん付いてんだろ!”との煽りに、男子限定恒例のコールで会場が大いに沸く。ライヴの中盤には悪役レスラーとの乱闘も。西川はこの日のためにトレーニングを積んだそうで、張り手を食らったり、投げ技を披露したりと大活躍だった。そんな展開を経てのライヴ後半戦は、上半身裸の西川が、リングをステージ代わりにセカンドロープに登って煽ったり、水をまいたりと観客以上に暴れていたのが印象的。また、バックでギターを務めたa.b.s.のSUNAOと柴崎 浩による、分厚くハードなサウンドもライヴを盛り上げていた。“こんなバカバカしい企画に付き合ってくれた関係者のみなさんに感謝します”との西川に、“またやろう”と全日本プロレス代表・武藤敬司。ラストは西川の“T.M.R.”、武藤の“プロレスLOVE”という掛け声に合わせ、会場全体で武藤の決め台詞“イヤー!”をシャウト! 最後にがっちり握手を交わし、再タッグを誓い合った。ライヴ自体は全14曲と少なめだが、10周年の記念碑としては十分すぎる企画。いつも以上に熱く激しいステージングは、きっとこれからのライヴにも還元され、T.M.R.ライヴの底上げにつながるだろう。

セットリスト

  1. ULTIMATE
  2. とっておきのおはなし~新説恋愛進化論
  3. INVOKE
  4. Web of Night
  5. Albireo-アルビレオ-
  6. Burnin' X'mas
  7. 蒼い霹靂
  8. LEVEL 4
  9. 魔弾~Der Freischutz~
  10. LOVE SAVER
  11. The party must go on
  12. <ENCORE>
  13. Master Feel Sad
  14. VITAL BURNER
  15. CHASE/THE THRILL
T.M.Revolution プロフィール

ティーエムレボリューション:1970年滋賀県生まれ。西川貴教によるソロプロジェクト。1996年5月にシングル「独裁 -monopolize-」でメジャーデビュー。キャッチーな楽曲や完成度の高いステージ、圧倒的なライヴパフォーマンスで人気を集め、数々のヒット曲を連発する。近年では、故郷・滋賀県から初代滋賀ふるさと観光大使に任命され、滋賀県初となる大型野外ロックフェス『イナズマロック フェス』を主催するなど活動の幅を広げている。T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution オフィシャルFacebook
T.M.Revolution オフィシャルTwitter
スタッフオフィシャルTwitter
T.M.Revolution オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』

新着