【DIR EN GREY】『TOUR2012 IN SITU
』2012年12月25日 at 東京国際フォー
ラム ホールA

撮影:野田雅之/取材:土内 昇

 激しくマイクを胸に打ち付け、“そこ、いけんのか!”と観客を煽る京(Vo)。“俺らとひとつになれんのか!”と挑発的な言葉の後に放たれたラストナンバーは「激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇」。連打されるドラム、重厚な2本のギターリフ、うねるベース、その中でハイトーンとグロウルを使い分けるヴォーカル…5人の感情の全てを詰め込んだようなサウンドは会場を揺るがし、途轍もない熱の塊を作り上げて大団円を迎えた。
 京が声帯結節・音声障碍から復活し、10月よりスタートしたツアーのファイナル公演。最新アルバム『DUM SPIRO SPERO』を軸としたメニューはダークネス&ヘビネスな世界を作り上げ、広いステージを最大限に利用した映像効果も手伝って、迫りくる音像の威力は凄まじく、その破壊的なサウンドが観客を狂わせていくさまは圧巻だった。しかし、それは破滅に向かっているようでいて、どこか崇高さがあって荘厳で、自分の心の奥底にある何かが呼び醒まされるような衝撃を覚えた。不安感や焦燥感だったり、自分の死生観などを突き付けられた感覚だ。そんな楽曲群の中で特に印象深かったのがニューシングルの「輪郭」。ファルセットでなぞられる流麗なメロディーだったり、ドラマチックに展開していくアンサンブルが溶け込むように意識を浸食し、恍惚感に似た解放感を感じていた。また、その感触は新鮮なものだった。“今年、心配かけました。また来年!”と京が言葉を残し、メンバーが去ったステージ。客席の興奮が冷めやらぬ中、春にミニアルバム『THE UNRAVELING』のリリースとツアー『TOUR2013 TABULA RASA』の開催がアナウンスされた。「輪郭」で味わった感触の、その先が見られるだろう。より進化したDIR EN GREYの姿があることは必至だ。

セットリスト

  1. SE.狂骨の鳴り
  2. DIABOLOS
  3. 流転の塔
  4. LOTUS
  5. Deity
  6. AMON
  7. 滴る朦朧
  8. 蜜と唾
  9. THE BLOSSOMING BEELZEBUB
  10. 凌辱の雨
  11. 輪郭
  12. 「欲巣にDREAMBOX」あるいは成熟の理念と冷たい雨
  13. OBSCURE
  14. 獣慾
  15. DIFFERENT SENSE
  16. 冷血なりせば
  17. <ENCORE>
  18. VANITAS
  19. ain't afraid to die
  20. 羅刹国
  21. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
DIR EN GREY プロフィール

ディル・アン・グレイ:カテゴライズ不能かつ不要なロックバンド。1997年の結成当時から全米デビューを果たした現在に至るまでの間、音楽的にも視覚的にも変化を重ねてきた一方で、徹底的に自分たちのロックを追求しようとする姿勢は変わっていない。いくつものトレンドが生まれては消え、消費されるだけの音楽が存在理由を失っていく中、彼らの創造するものがジャンルや国境の壁を超えながら共鳴を集めている理由は、まさにそこにある。DIR EN GREY オフィシャルHP
DIR EN GREY オフィシャルTwitter
DIR EN GREY オフィシャルFacebook
DIR EN GREY オフィシャルYouTube
Wikipedia

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント