【DIR EN GREY】『TOUR2013 TABULA
RASA』2013年5月16日 at 新木場STUD
IO COAST

撮影:岡本麻衣(ODD JOB)/取材:金澤隆志

 ミニアルバム『THE UNRAVELING』を引っさげて4月から行なわれたツアー『TOUR2013 TABULA RASA』のファイナル。彼らのホームグラウンドとも呼べる新木場STUDIO COASTでの公演は、その場にいた全ての人間にとって忘れ難いものとなった。昨年、声帯に関する深刻な病状のため長期の活動停止を余儀なくされた京(Vo)だったが、本ツアーでは不安を誘う話は特に耳に入ってこなかった。それだけに、公演2日後の“扁桃腺炎のため40度を超える高熱と闘いながら舞台に立ち、公演後意識不明となり病院に緊急搬送された”という報道に言葉を失った。公演中に何度も気を失ったそうだが、そこまでの極限状態であったことに気付かされることはなかった。もし、“いつもと違う”と感じたことがあったとすれば、それは尋常ではない気迫とその熱量だ。
 『THE UNRAVELING』の収録曲を軸に、昨年のシングル「輪郭」やアルバム『DUM SPIRO SPERO』の楽曲を交え、静と動、光と暗黒の間を振り子のように行き来しながらライヴは展開していく。変幻自在な表情を描き出す京の歌声は、照明やセット以上に、ステージ上と場内の空気を決定付ける。その表現力は観る者を暗黒のうねりへと引き摺り込む。モニタに足をかけて力強くリフを刻むDie(Gu)、それとは対称的に黙々とメロディーを奏でる薫(Gu)、ボディと弦を叩きつけてパーカッシヴなグルーブを生み出すToshiya(Ba)、そして緻密なフレージングでバンドの心拍数を決定付けるShinya(Dr)。曲が進むに連れ、異なった染色体を持つ個体の集合体は、会場全体を覆い尽くす巨大な化け物へとかたちを変えていく。
 同じツアーでも観る日が違えばまったく違った印象を持つだろう。ツアータイトルの“TABULA RASA(タブラ・ラーサ)”とはラテン語で“まっさらな、白紙の状態”という意味だという。全ての公演に白紙な状態で臨むという彼らの姿勢の表れなのかもしれない。
 まさに命を削ったパフォーマンスだった。しかし、彼らは6月には英ダウンロード・フェスティバルを含むヨーロッパ公演を控えている。京の早急な復活を祈りたい。

セットリスト

  1. (SE 狂骨の鳴り)
  2. DIFFERENT SENSE
  3. Unknown.Despair.Lost
  4. 輪郭
  5. 「欲巣にDREAMBOX」あるいは成熟の理念と冷たい雨
  6. Bottom of the death valley
  7. THE BLOSSOMING BEELZEBUB
  8. 蜜と唾
  9. CONCEIVED SORROW
  10. かすみ
  11. 霧と繭
  12. Unraveling
  13. OBSCURE
  14. 冷血なりせば
  15. <ENCORE>
  16. DECAYED CROW
  17. 羅刹国
  18. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
  19. THE FINAL
DIR EN GREY プロフィール

ディル・アン・グレイ:カテゴライズ不能かつ不要なロックバンド。1997年の結成当時から全米デビューを果たした現在に至るまでの間、音楽的にも視覚的にも変化を重ねてきた一方で、徹底的に自分たちのロックを追求しようとする姿勢は変わっていない。いくつものトレンドが生まれては消え、消費されるだけの音楽が存在理由を失っていく中、彼らの創造するものがジャンルや国境の壁を超えながら共鳴を集めている理由は、まさにそこにある。 http://direngrey.co.jp/DIR EN GREY オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

0コメント