【kainatsu】『kainatsu LIVE 2013
〜 It’s my LiFEFWORK〜 』2013年7
月7日 at Mt. Rainier Hall Shibuya
Pleasure Pleasure

撮影:moco. (kilioffice)/取材:田中隆信

 七夕の夜、kainatsuが一夜限りのスペシャルライヴを開催。5月に発表した約3年振りとなるニューアルバム『LiFEWORK』のレコ発ということで、シングルとしてもリリースされた「凛ダンス」「愛すべき君のグレーゾーン」をはじめ、新作に収録されている楽曲を軸に全14曲を披露した。この日はサポートに田口慎二(Gu)と須磨和声(Vln)を迎えたトリオ編成。サウンドアレンジもとてもシンプルなものになっていたが、これには“新作の言葉やメロディーをしっかり聴いてもらって、改めてこういう歌だったんだと感じてもらいたかった”という彼女自身の思いがあり、まさに曲のひとつひとつを大切に届ける内容の濃いステージとなった。9月にはバンド編成による東名阪でのライヴも決定しており、今回とは違ったアプローチで“LiFEWORK”の世界観を感じさせてくるツアーになりそうだ。

セットリスト

  1. LiFEWORK
  2. ダンスはNO REASON
  3. しあわせのレシピ
  4. melancholy
  5. facebookとチューインガム
  6. つまさき金魚
  7. 真夏ノ夜ノ夢
  8. 凛ダンス
  9. ツヨガールシンドローム
  10. Dearマッサカ様
  11. 愛すべき君のグレーゾーン
  12. いつかの春のメロディー
  13. <ENCORE>
  14. 天の川
  15. ワールドレコード
kainatsu プロフィール

カイナツ:幼少より自然と音楽に触れる環境に育つ。本格的に楽曲制作を始めたのは大学2年生の時。その翌年から地元である下北沢をはじめとした小田急線沿線でのキーボード弾き語り路上ライヴツアーを開始。2年間のインディーズでの活動を経て、2006年11月にシングル「下北沢南口」でメジャーデビュー。また、他アーティストへの歌詞提供を行なったり、自身が大のラジオ好きであることから、ラジオパーソナリティーとしての活動も大切なライフワークのひとつとなっている。kainatsu オフィシャルHP

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』

新着